サルマン国王が安倍首相と首脳会談!日本は脱石油政策協力でサウジビザ緩和される?




サウジアラビアのサルマン国王と約1000人~1500人ほどの
サウジアラビア大訪問団が来日しています。

サルマン国王は3月12日から3月15日まで日本に滞在します。

サルマン国王は日本滞在中に安倍首相との首脳会談や
天皇陛下と会見をしたりするようです。

サウジアラビアのサルマン国王、ハヤブサを機内にのせて来日?なぜ?
http://daddys-life.com/news/338/
サウジアラビア国王来日!滞在日程は?宿泊ホテルはどこ?
http://daddys-life.com/news/340/

サルマン国王、安倍首相と首脳会談

サルマン国王は来日した翌日の3月13日の午後、
安倍首相と会談をしています。

サルマン国王からのサウジアラビアの脱石油政策への
協力要請に対して、安倍首相は協力する意向を示しました。

その会談後、日本とサウジアラビア両政府は
サウジアラビアの改革を日本が支援する経済協力プラン
「日・サウジ・ビジョン2030」を公表しました。

「日・サウジ・ビジョン2030」とは?

「日・サウジ・ビジョン2030」とは日本が産業多角化や
インフラ、エネルギー、医療などの多分野でサウジアラビアの改革を
経済協力プランです。

日本とサウジアラビア両政府は東京とリヤドに拠点を設け、
石油依存経済からの脱却を支援し、互恵関係を深め、
共同プロジェクトの実行に向けた体制を整えるとのことです。

具体的には下記のような共同プロジェクトを行うようです。

経済特区設置し税制優遇や規制緩和の事業環境整備
製造業のサプライチェーン(供給網)構築
インターネット通販による個人輸入の基盤づくり
「第4次産業革命」分野の共同投資を視野に市場調査

サウジアラビアビザの発給緩和?

サウジアラビアビザの取得は、数ある国の中でハードルが高く、
取得が大変といわれるビザの一つです。

実際に日本ではサウジアラビアの観光ビザは発給されておりません。

また、ビジネスビザを取得するにも現地受け入れ企業を通して
サウジアラビア外務省から作成された招聘状が必要となります。

今回のサルマン国王と安倍首相との首脳会談で
サウジアラビアは日本人に対するサウジアラビアビザ発給の
円滑化に取り組むとのことです。

そのため日本のサウジアラビアへの脱石油政策へ
経済協力が進めば、日本人のサウジアラビアビザ取得が緩和され、
ビザの取得が容易になると思います。

サウジアラビアビザ発給緩和までもう少し時間がかかりそうですが、
もう少し待ちましょう!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください