Googleアルゴリズムを改善!どのように変更した?その対策方法は?

皆さん、ブログやSNSをしていますか?

大半の方がブログなり、フェイスブックやミクシィ、
ツィッターなどのSNSの何かしらをしているのではないでしょうか?

特にブログをされている方は本日気になるニュース
Googleが発表しました。

Googleが発表したニュースとはなんでしょうか?


画像

Googleが日本語アルゴリズムを改善の意図は?

本日(2月3日)にGoogleがを日本語検索アルゴリズムを改善
したと発表しました!

アルゴリズムを変更を発表することは珍しいですが、
今回発表に至った経緯は昨年11月にDeNAが運営していた
メディアがネット情報に流れている情報を集め、
低品質の情報をネットに再掲載していたことが騒動になったたです。

今回のアルゴリズムの改善はそのような「低品質サイト」への対策です。

今回の改善でどのようなサイトが対象になる?

Googleは「ユーザーに有用で信用できる情報を提供するのでなく、
自ページを検索の上位にあげることを目的とした低品質サイトの検索順位を
下げるように改善した」と説明しています。

上記の説明をよると以下のようなサイトは検索順位が
下がると思われます。

ネット上の情報をあつめ、再構成された記事を掲載しているサイト
不特定多数が書いた記事を集めたサイト

具体的にはまとめサイトやツイッターなどのつぶやきを集めたサイトや
情報が薄いサイトや文字を中心としたサイトが対象になり、
このようなサイトは2月3日以降、検索順位が一気に下がると思われます

アルゴリズムはアップデートは頻繁に行われている!

今回のようにアルゴリズムを大きく改善するのは
珍しいですが、実をいうと小規模な改善は頻繁に行わています。

そのため、検索順位が上下していることはしばしばあります。

検索順位を下げないためには

検索順位を下げないためにはそれでは検索順位を
下げないためにはどうしたらよいのでしょうか。

ブログやHP運営で当たり前ですが、良質の記事を書き、
読者に有用な情報を提供すること。

Googleガイドラインに沿ったサイトであること。
Googleのガイドラインとは「良いサイトや悪いサイトの定義」を
しるしたものです。
Googleのガイドラインはいつでも閲覧することが可能です。

ウェブマスター向けガイドライン

定期的に情報が更新されている。
要は良質で有用な情報を提供している記事を
コンスタントに更新・アップしていることが重要になります。

このようにオリジナルのコンテンツで読者にとって
有益な情報を提供するようなサイトをコンスタントに提供することが
今後より重要になります!

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です