柴崎岳選手のテネリフェへの移籍へ!テネリフェとはどんなチーム?移籍金はいくら?




昨年の12月のクラブワールドカップの決勝で
スペインのレアルマドリード相手に2得点と活躍し、
世界中を驚かせた元鹿島アントラーズのMFの
柴崎岳選手のスペイン移籍が決まりました。


出展:スポニチアネックス

一時はスペインのリーガエスパニョーラ1部のクラブチームの
ラスパルマスへ移籍が確実とされておりました。
そのため柴崎岳選手は先週末からスペイン入りしておりました。

2017年1月31日(火)の朝時点(日本時間)では
ラスパルマスとの契約が破断になりました。

しかし、急遽一転、スペインのリーガエスパニョーラへの
移籍が決定しました。

そのクラブチームとはスペインのリーガエスパニョーラの2部の
テネリフェに移籍がきました。

テネリフェとはどんなチーム

柴崎選手が移籍するうテネリフェとはどんなチームなのでしょうか

鹿島アントラーズと比較してみてます。

テネリフェ 鹿島アントラーズ
スタジアム収容人数 23660人 40830人
世界ランク 355位 100位
所属選手の評価額 9億8千万円 19億4千万円

こうして比較してみると鹿島アントラーズよりも格下のチームですね。

テネリフェは1990年代の10年間にリーガエスパニョーラ1部におりましたが、
2000年以降は1年だけ1部におりましたが、一時は3部にもおりました。

テネリフェは今シーズン6位でプレーオフで1部への昇格を狙っていります。

柴崎岳選手は一部へキャリアアップできるのか

柴崎岳選手が1部へキャリアアップできるかどうかですが、
リーガエスパニョーラ2部は各チームの力が均衡しております。
そう考えると技術などは磨かれると思います。

過去にテネリフェからヨーロッパ1部所属クラブへ昇格した選手は
いるのか見てみると直近では2選手がおりました。

①アジョセ・ペレス選手
スペイン人FWで2014年夏にニューカッスル(イングランドプレミアリーグ)へ
移籍金2億4000万円で移籍しました。
その時の活躍は16ゴールと活躍していました。

②ナノ選手
スペイン人FWで2016年夏にSDエイバル(スペイン1部)へ
移籍金3億8000万円で移籍しました。
この時の14ゴールと活躍しました。

二人ともフォワードですね。
MFの柴崎選手と考えると少し厳しいかもしれません!

ただ、柴崎選手は大の負けず嫌いでクレバーな選手なので
維持でも活躍し、ヨーロッパ1部リーグへキャリアアップすることでしょう。

柴崎選手とテネリフェとの契約は今年の6月までなので
この6か月間で結果を出し、さらなるキャリアアップの期待がかかります。

柴崎選手の契約条件

契約の詳細は発表されておりません。

契約期間は6か月です。

詳細がわかれば更新します。

ちなみに柴崎選手の今回の移籍金は発生していません。
というのも鹿島アントラーズとの契約は1月末で終了しているからです。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください