Beverly(ビバリー)の歌声がうるさい?歌唱力があっても不評なのはなぜ?

どうも、こんにちは。
足長パパです。

先日行われた幕張で行われた世界の歌姫アリアナ・グランデの来日公演のサポートアクト
(前座)を務めたフィリピン女性歌手Beverly(ビバリー)をご存知でしょうか。

すでに知っている人は知っているかもしれませんね。

Beverly(ビバリー)は2017年4月期に放送された小栗旬さん主演ドラマ
『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の主題歌『I need your love』を歌った歌手です。

Beverly(ビバリー)は歌唱力はあるが、2オクターブを超える声がうるさく、
聞きずらいと不評だというのです。

今回はBeverly(ビバリー)の歌い方や歌唱力があるのに不評な理由などについて
紹介していきます。

スポンサーリンク

Beverly(ビバリー)のプロフィール


出典:avex.jp

名前:Beverly Caimen(ビバリー・カイメン)
身長:153㎝
生年月日:1994年6月20日
出身(国籍):フィリピン
学歴:バタンガス州立大学 心理学部
所属:avex trax

フィリピン出身のビバリーは1994年6月20日生れで現在23歳(2017年8月)です。

8月10日に千葉県にある幕張メッセで行われた世界の歌姫アリアナ・グランデのサポート・
アクト(前座)を務めています。

1万6000人のアリアナ・グランデファンの前で自身の持ち歌「I need your love」を熱唱し、
観客を魅了したそうです。

このことでもビバリーの実力が分かりますね!

Beverly(ビバリー)のこれまでの経歴

ビバリーはフィリピンのカランバシティーで生れ、幼少期はアリアナ・グランデや
ビヨンセ、
ホイットニー・ヒューストンなど聴いて育っていました。

幼いころから歌手になるのが夢でボイストレーニングにも通ってシンガーになるために
努力をしていました!

その甲斐があってか、アメリカやフィリピン、カタールなどの音楽祭で賞を受賞した後、
フィリピンの有名作曲家のベニー・サルトルに歌のトレーニングを受け、フィリピンで
歌手デビューを果たします。

【ビバリーの賞の受賞歴】

・2013年7月:
アメリカの「World Championships of Performing Arts」にてボーカリスト・
パフォーマンス最優秀賞を受賞。

・2014年2月:フィリピンの「National Commission for Culture and the Arts」にて
“Harvest of Honors”賞を受賞。

・2014年9月:「A Song of Praise Music Festival Year 3」にて最優秀演出賞を受賞。

ビバリーは2016年4月に日本に移住し、日本での音楽活動をスタートさせます!

彼女の実力を見出したのは株式会社ユニバーソウル・代表取締役社長・
音楽プロデューサー
の与田春生さんです!

与田春生さんとはMISIAさんやAIさん、加藤ミリヤさんたちを世に出されたスゴ腕の
音楽プロデューサーです。

そして、ビバリーさんのライブを見に来ていた小栗旬さんがビバリーの歌唱力に感動し、
その感動をドラマ(CRISIS 公安機動捜査隊特捜班)のプロデューサーにに紹介した
ところ、主題歌を歌うことが決定したそうです。

小栗旬さんもあのハイトーンボイスの歌唱力に感動したのでしょう!

小栗旬さんも感動、耳に残ったハイトーンボイスの才能はすでに業界で知れ渡っていた
ようで、2017年の元旦にはピコ太郎(小坂大魔王)さんがフジテレビの
「爆笑ヒットパレード」の番組内で2017年にブレイクするアーティストとしても紹介
されていました!

そして、2017年4月の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の主題歌に「I need your love」が
抜擢、さらには、2017年8月6日「行列のできる法律相談所」の番組内で東野幸治さんの
50歳の誕生日を祝うために『I need your love』を生披露、更に、宮迫博之と
『ラブ・イズ・
オーヴァー』をデュエットで披露しています。

2017年10月5日には渋谷WWWにて初のワンマンライブ

『~Beverly 1st JOURNEY「AWESOME」~』

も行われます!

Beverly(ビバリー)の歌唱力は?

小栗旬さんやピコ太郎(小坂大魔王)さんがべた褒めするビバリーの歌唱力は
どうなのでしょう?

ビバリーの歌声を聴かれてない方もいると思うのでこちらをご覧ください。

ビバリーの『I need your love』

この「I need your love」は2017年8月20日現在、4,757,897回再生されていますが、
このとき時点で12,969の高評価、910の低評価を受けています。

たぶん、960の低評価をされた方があのハイトーンボイスが耳触りで、うるさいと思われて
いるようですね!

その他の曲も聴いてみましょう。

ビバリーの『Tell Me Baby』

こちらの画像はビバリーさんがあまり映っていなく、ダンサーの方たちが映像が多すぎて
違うところで批判がありますが・・・(笑)

こちらでもハイトーンボイスは健在です!

ハイトーンボイスも健在ですが、やはり業界ですでに知れ渡っている通り、歌唱力は
すごいですね!

もっと有名になればもっとファンは増えそうですね!

Beverly(ビバリー)の歌声はうるさい?

すでに上記の動画をご覧になられた方はビバリーさんのハイトーンボイスはお分かりだと
思いますが、べた褒めする方がいる一方、うるさいや耳に障るなど批判する人もおります。

さらには、

「聴いていて疲れる」
「なんかどうしても好きになれない」
「なんでこんなに歌自慢な感じなの?」

などいろいろが批判はあります。

結構、ひどい言い草ですはあるが、うまいと絶賛する方がいる一方、批判する方、好きに
なれない方もいるのも実津です。

ただ、好きになれない方には欠点にしか思えませんが、ビバリーの魅力は歌唱力と
あの2オクターブをも超えるハイトーンボイスでしょう!

長所は短所、短所は長所と人によってその捉え方は違います!

ただ、ビバリーは彼女の持てる力を出して、全力で自分の歌を表現しています。
それは認めててあげるべきだと私は思いますね!

今回の紹介した曲ではハイトーンボイスが耳に障ると思われたかもいると思いますが、
バラードやポップな曲になれば、ビバリーの歌唱もガラッと変わるかもしれません。

世界の歌姫、アリアナ・グランデも絶賛したことですし、今後は日本のみならず、
世界での活躍が期待できるシンガーだともいますね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は世界の歌姫、アリアナ・グランデでもみとめたBeverly(ビバリー)について
ビバリーの歌唱力やうるさいと不評な理由などについて紹介してきました。

私個人的には歌唱力も十分、人並み外れたハイトーンボイスのすごさに魅力を感じますね。
さらに、いろいろな曲を歌い、多才ぶりを発揮してほしいですね!

これからは日本のみならず、世界の国境をこえて、活躍することをでしょう!

ビバリーさんに頑張ってほしいですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です