緑谷出久と爆豪勝己どっちが強い?個性や能力から強さの比較考察も

『僕のヒーローアカデミア』で、幼いころからの知り合いで、ライバル的な存在として描かれることが多い緑谷出久と爆豪勝己。

オールマイトと出会う前は無個性であったものの、最強の個性を受け継いだ緑谷出久と無個性の緑谷を馬鹿にしていたものの、急成長する緑谷に焦りを覚え自信の成長にもつなげている爆豪勝己ですが、もしこの2人が戦うことになったらどちらが勝つのでしょうか。

2人の個性や能力を紹介するとともに、2人の能力を比較し、どちらが強いのか考察していきます。

スポンサーリンク

緑谷出久と爆豪勝己どっちが強い?まずは2人の個性をおさらい!

緑谷出久のプロフィール

本名:緑谷 出久(みどりや いずく)
ヒーロー名:デク
個性:ワン・フォー・オール
誕生日:7月15日
身長:166cm
血液型:O型
好きなもの:かつ丼

ヒロアカシリーズの中で“個性“とは、その人が持つ特有の特殊能力のこと。

緑谷出久は、ヒロアカの世界では珍しい無個性の人間だったのですが、当時ナンバーワンヒーローであったオールマイトと出会い、ヒーローの素質があると見込まれ、最強の個性“ワン・フォー・オール“を譲り受けます。

爆豪勝己のプロフィール

本名:爆豪勝己
ヒーロー名:未定(本人の希望は「爆殺王」)
個性:爆破(手から爆発を起こせる)
誕生日:4月20日
身長:172cm
血液型:A型
好きなもの:辛い食べ物、登山
性格:暴言自信家

爆豪は、直感的に動くことが多く、暴言も多いことから、クラスでは問題児的な存在ですが、意外にも入学当時から成績は、トップの優等生です。

 

2人は、今はプロヒーローを目指して雄英高校に通うクラスメイトですが、幼稚園の時からの幼馴染で、お互いのことを“デク“、“かっちゃん”と呼び合うような仲です。元々“デク”というヒーロー名の由来も、爆豪がつけたあだ名からきたものなんです。

爆豪は幼い時からその派手な個性で周りにちやほやされる存在でしたが、デクは無個性で爆豪をはじめとする周りから蔑まれるような存在でした。

しかし、いきなり最強の個性を発動し、優秀な生徒が集まる雄英高校でも上位の成績をとるようになった緑谷に対し、嫉妬のような苛立ちを覚えています。

反対に、デクは、未だに爆豪に対し若干の恐怖心を抱いているものの、幼い頃からの憧れのような感情もある様子も度々描かれています。

緑谷出久と爆豪勝己の個性や能力から強さを比較考察

ここからは、2人の個性や能力を比較していきます。

2人は過去に、戦ったことが何度かあります。

この戦いの中には、授業の一環であったり、お互いのすれ違いから怒った喧嘩のようなものもありますが、その結果は、緑谷が勝つこともあれば、爆豪が勝つこともあり、五分五分といったところです。

この勝負結果からも分かるように、2人の強さは非常に僅差ではあるのですが、筆者はあえて2人の強さを比較するとすると、爆豪の方が強いのではないかと考察しています。

その理由について、詳しく見ていきましょう。

戦闘センスの高さ

緑谷も分析力が優れていることで知られていますが、爆豪の戦闘のセンスもそれに劣らずとても優れています

緑谷は、お互いの能力や状況を分析した上で戦うため若干のタイムロスが生まれますが、爆豪はほとんど直感的にこれを行なっているため、その分戦う際のスピードは爆豪の方が上になってきます。

勝つことへの執着力

とにかく頑固で勝つことへの執着心が強い爆豪

幼馴染でずっと下にいる存在だと思っていた緑谷への執着心は特に強いです。

執着心はたまに傷なところもありますが、爆豪は緑谷に一度負けたことがある分、緑谷の戦い方を日頃から頭の中にインプットしています。

これだけ緑谷の行動パターンがインプットされている爆豪なら、その戦闘センスも合わさって直感的に緑谷の弱点をつけるのではと考察しました。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

緑谷と爆豪の個性や強さの比較いかがでしたでしょうか。

最強の個性と分析力を持つ緑谷ですが、幼い頃から緑谷のことを知っていて、高校生になってからは心のどこかで緑谷をライバル視してきた爆豪だからこそ、もしもまた2人が戦うことになったら勝利できるのではないかと考えています。

ライバルとして、ストーリーの中でも特に対立していながらも、お互いのことを意識しあっている2人なので、今後の2人の成長とストーリーの展開も楽しみですね!

合わせて読みたい

ヒロアカをお得に観る

動画配信サービス【dTV(ディーティービー)】※商品リンクあり

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください