オールマイトも過去は無個性だった?弱体化した理由やデクに個性を譲ったわけも

日本版アベンジャーズとの呼声も高い大人気アニメシリーズ『僕のヒーローアカデミア』。

そんな「ヒロアカシリーズ」で、プロのヒーローたちでさえ憧れる実力も人気も兼ね備えたヒーローがオールマイトです。

「平和の象徴」と称えられるオールマイトの過去を振り返り、弱体化した理由や緑谷(デク)に個性を譲った理由もご紹介していきます。

スポンサーリンク

オールマイトも過去は無個性だった!

オールマイトのプロフィール

出典:僕のヒーローアカデミア THE MOVIE −2人の英雄−

出典:僕のヒーローアカデミア THE MOVIE −2人の英雄−

本名:八木俊典
ヒーロー名:オールマイト
個性:ワン・フォー・オール(代々引き継がれてきた力を蓄えて譲渡できる)
誕生日:6月10日
身長:220cm
血液型:A型
好きなもの:屋久杉

このシリーズの主人公である緑谷出久に個性を譲ったヒーローです。

過去の戦いで負った傷が原因で限られた時間でしかヒーロー活動ができなくなってしまう体になってしまったため、現在はプロヒーローを引退しています。

引退前は、平和の象徴とされ、その存在自体が犯罪抑止につながっていたとされるくらい、圧倒的な強さと人望を持つNo.1ヒーローでした。

 

 

現在は、緑谷も通う雄英高校の先生として、未来のプロヒーローたちの教育に力を入れています。

ワン・フォー・オールを受け継ぐ前のオールマイト

個性“ワン・フォー・オール“とは…

・ワン・フォー・オールそのものは、スピードが早くなる、力が強くなるなど、狂人的な身体能力の向上という単純なもの
・力をストックし、別の人間に譲渡する
・オールマイト以前にも先代がおり、その先代たちによって代々培われてきた
・培われてきた力はそのまま次の世代へ受け継がれていくため、代を重ねる度にその力の大きさは大きくなる

上記からも分かるように、ワン・フォー・オールの最大の特徴は、「代々受け継がれていく」というもの。

オールマイトから個性を受け継ぐ前は、緑谷も無個性でしたが、オールマイトも元々は無個性の人間でした。

ただ、緑谷とは少し違い、無個性であった時から強靭な身体を持っていたようで、ワン・フォー・オールを受け継いですぐにその個性を使いこなせていたそうです。

オールマイトが弱体化した理由

出典:僕のヒーローアカデミア アニメ公式サイト

オールマイトが弱体化してしまった理由は、オールマイトが緑谷出久とであう前のオール・フォー・ワンとの戦いにあります。

オール・フォー・ワンとの戦いの末、呼吸器官半壊、胃の全摘出となる重傷を負ったことをきっかけに、「マッスルフォーム」と「トゥルーフォーム」を使い分け、制限時間つきでヒーロー活動を行う形態をとることになりました。

ただ、この戦いで、オール・フォー・ワン自身も視力を失うなどの重傷を負っています。

オール・フォー・ワンは、オールマイトの個性であるワン・フォー・オールの先代にあたる人物でもありますが、オール・フォー・ワンについては、ほとんど何も分かっておらず、謎に包まれている人物です。

現在は囚われている身にはなっていますが、ヴィラン側のブレーンとなっているような人物です。

緑谷(デク)に個性を譲ったわけ

緑谷とオールマイトが出会ったのは、緑谷が雄英高校に入学する以前のこと。

突如現れたヴィランに緑谷は襲われてしまいます。それを助けたのが、オールマイトでした。

ずっとオールマイトに憧れを抱いていた緑谷は、オールマイトを追いかけ個性がなくてもヒーローになれるかと問いかけます。

ヒーローの大変さ、重圧、命懸けの職業であるということを自身の活動から身をもって痛感していたオールマイトは、初めは個性がない人間がヒーローになれるということを簡単にはいえないということを伝えます。

しかし、その後、幼馴染の爆豪がヴィランに襲われている状況を見た緑谷は、何もできないにもかかわらず、爆豪を助けるためにその場所に飛び込んでいきます。

ちょうどこの時、自分の体に限界を感じ、後継者を探していたオールマイトは、この光景を見て、ヒーローとしての大切な素質を緑谷の中に見出し、緑谷にワン・フォー・オールを引き継ぐことを決めます。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

再びのオール・フォー・ワンの戦いにより、現在はプロヒーローを引退してしまったオールマイトですが、緑谷以外にもその意思を注ぐヒーローや、生徒たちは多くいます。

オールマイトの存在自体が、ヴィランの抑制につながっていた時代に比べ、ヴィランの活動は活発になっていますが、この意思を注ぐヒーローたちの活躍と成長が今後も楽しみです。

 

合わせて読みたい

ヒロアカをお得に観る

動画配信サービス【dTV(ディーティービー)】※商品リンクあり

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください