CATEGORY 麒麟がくる

麒麟がくる(大河ドラマ2020)37話の感想ネタバレ考察!権力の香りの蘭奢待や細川藤孝についても

ついに武田信玄の進軍により、徳川・織田連合軍は三方ヶ原で大敗します。 光秀は義昭のもとを飛び出し、織田信長に仕える道を選びました。 関連記事 麒麟がくる(大河ドラマ2020)36話の感想ネタバレ考察!十兵衛将軍・幕府と訣…

麒麟がくる(大河ドラマ2020)33話の感想ネタバレ考察!信長と義昭の関係悪化への序章?

「姉川の戦い」で浅井・朝倉連合軍を破った信長軍。 しかし再び攻め来る三好勢に加え、一向宗の総本山・大坂本願寺の数万の門徒も三好側につく不測の事態により、信長は苦しい戦いを強いられます。 自分が出陣したのにも関わらず、京に…