名探偵コナンの毛利蘭がうざくて苦手?うるさいし性格が嫌いとの評価も

名探偵コナンヒロインといえば、毛利蘭

工藤新一の幼馴染であり、空手の達人です。

可愛い見た目と違い、空手の実力は本物で圧倒的な強さをもって数々の犯人と戦ってきました。

コナンに守られるだけでは終わらないヒロインです。

そんな、強さと可愛さを備えたヒロインですが一部のファンからはうるさいし性格が嫌いとの声もあります。

うざくて苦手といわれるのはどうしてなのか、その理由について考察してみました。

スポンサーリンク

名探偵コナンの毛利蘭がうざくて苦手

毛利蘭は、男性から声を掛けられる描写があるので容姿が美人です。

さらに、空手部の主将で優勝経験もあることから武闘派な一面を持ちます。

ここまで聞くと、うざくて苦手といわれる要素がないように感じますがきちんと理由があります。

新一のお母さんのような行動をする。

主人公に対して、母親のようにおせっかいをするヒロインはどの作品にも登場します。

毛利蘭も例にもれず、いろいろと口うるさく言うのです。

新一と久しぶりの電話でも、ご飯はちゃんと食べているのかやいつ戻ってくるのかと質問しているシーンが見られます。

どこにいるか不明な新一を心配して確認しているのでしょうが、やり取りが毎回になると母親のように感じるのです。

ですが、これは仕方ないと言えるます。

なぜなら、両親は離婚をしている状態で父親の世話は彼女がしているから。

家事全般をこなしているだけでなく、父親の身の回りの世話も母親のようにしているので新一にも似たような対応になるのでしょう。

新一に助けを求める。

自ら危険な場所に行っているにも関わらず「助けて新一」と必ず言う

最初から、危険な場所と分かっているのにいざ自らに危機が迫ると「助けて新一」というのがうざくて苦手と感じるようです。

深く考えたら分かることなのに、突き進んでいくのが毛利蘭らしいですがそこが受け付けれないというファンは多いといえます。

毛利蘭がピンチになるたび、工藤新一も助けるために全力なので大変です。

自分で危険に迫っておきながら、人を巻き込んでいくスタイルなのが苦手と言われる原因でしょう。

毛利蘭はうるさい

毛利蘭といえば、大声で絶叫するシーンが多いキャラクターです。

代表的なシーンといえば、殺人事件で遺体が見つかったとき。

コナンの定番ではありますが、遺体を発見したら大体誰かが叫び声をあげます。

毛利蘭とコナンは主要人物のため、出かける先々で事件に遭遇します。

特に、殺人事件の遭遇率が高いため遺体を目にするケースも多いです。

また、コナンの保護者として隣にいることが多いことから叫ぶ担当も多めになります。

殺人事件に出くわすごとに、「きゃぁぁぁぁぁ!」と叫ばれたらうるさい捉える人もでてくるでしょう。

連載が長く続くにつれて、読者も「もう見慣れたのでは?」と感じてしまいます。

それなのに、毎回殺人事件に遭遇すると大きな叫び声をあげるので違和感を感じてうるさいと読者は思うのです。

毛利蘭の性格が嫌い

空手の主将を務めていたことから、男らしいサバサバして性格かと思えば意外にもそうではありません。

しっかり女性らしい性格をしています。

その当たりが蘭の性格が嫌いと言われる理由のようです。

すぐに泣く。

超人的な強さを誇る彼女ですが、涙もろい一面があります。

悲しいことがあったりすると、すぐ泣く姿が見受けられます。

涙する姿を周囲は心配しますが、何でもないよと強がることが多いです。

一見、心優しい人物のように感じられますがこの行動は相手の気を引こうとする時に使われる手法。

そのため、泣いているのも他人の気を引きたいだけなのではと思われるのです

ぶりっ子。

本来の毛利蘭は、空手をしていることからメンタルは一般人より強いです。

そんな彼女も、たまに弱々しい姿を見せることがあります。

女子高校生の身でありながら、さまざまな危険を体験すれば弱ることもあるでしょう。

しかし、基本的に明るく武闘派な印象が強いため悲劇のヒロインぶっているような印象を読者に与えてしまうのです。

すぐに泣いて、ピンチになると一気に弱々しくなる姿が演技っぽくてぶりっ子に感じてしまいます。

全てのファンがぶりっ子と感じているわけではありませんが、特に女性からはウケが悪いようです

空気が読めない。

毛利蘭が苦手というファンの中には、空気が読めないところが嫌いという意見があります。

作中でも、そのようなシーンは確かに存在します。

例えば、パーティーに参加したとき有名人がいたからとサインを求めたことです。

パーティーで相手も楽しんでいるのに、サインを求める姿が空気が読めないと捉えられたようです。

現実世界で考えても、相手が楽しそうにしている間に割って入ってサインを求められたら良い気持ちにはなりません。

毛利蘭は大人ではまだありませんが、父親の仕事柄このような場は慣れているはず。

それなのに、このような行動をするので読者や視聴者に印象が悪かったりするのでしょう

adsense

スポンサーリンク

まとめ

毛利蘭はコナンのヒロインポジションですが、一部のファンからうざくて苦手と言われています。

母親のように世話をする姿や危険になると新一を頼るといった行為がうざく感じるようです。

また、絶叫する姿がうるさかったりぶりっ子に感じる性格がさらに受け入れにくくなっています。

一部のファンからは、人気がありませんがちゃんと魅力のあるキャラクターです。

今後の動き次第で、好感度が上がるかもしれません。

 

 劇場版名探偵コナンシリーズをお得に観るにはコチラ

Huluは2週間以内に解約をすれば無料です。

最新の配信状況はHuluの公式サイトをご確認ください。

Huluの会員登録方法!スマホやパソコンの手順を分かりやすく解説!

Huluの会員解約方法!スマホとパソコン退会手順を分かりやすく解説!

【関連記事】
名探偵コナンの瞳の中の暗殺者が微妙でつまらない?面白いくて名作な理由を考察についても

名探偵コナンのベイカー街の亡霊が名作で面白い!最高と言われる理由の考察についても

名探偵コナンの江戸川コナンの正体が工藤新一と知っている人は誰?バレた理由についても

名探偵コナンのコナンの道具一覧まとめ!使い方や実現できるのかについても

工藤新一が小さくなった理由やコナンになった日は?江戸川コナンと名乗っている理由も

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください