猗窩座の恋雪との過去が泣けるほど悲しい?鬼になった理由や女性を食べないわけについても

鬼滅の刃に登場する、上弦の参の鬼・猗窩座(あかざ)は、2020年に公開された劇場版にも登場し、強く印象に残っている方も多いと思います。

実は、猗窩座には恋雪(こゆき)という女性との悲しい過去があります。

悲しい過去とは、いったいどのような内容なのでしょうか。

今回は、猗窩座の恋雪との泣けるほど悲しい過去、鬼になった理由女性を食べないわけについても調べました!

スポンサーリンク

猗窩座の恋雪との過去が泣けるほど悲しい?


出典:「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社

猗窩座は人間時代に、大切にしていた恋雪を毒殺されるという悲しい過去を持っています。

以下で詳しく解説します。

猗窩座は百年以上前の江戸時代に、貧しい家の息子として生まれました。

名前は狛治(はくじ)です。

狛治には病気の父親がいて、薬を買うために幼い頃から盗みを働いていました。

ある時、狛治はとうとう奉行所に捕まってしまいます。

狛治が家に帰ると、父親が首を吊って死んでいたのです。

父親の遺言には「真っ当に生きろ」「まだやり直せる」「人様から奪ってまで生き永らえたくない」「迷惑をかけて申し訳なかった」と書いてありました。

父親のために盗みを働いていたつもりが、結果的に自分が父親を死なせてしまう原因を作っていたと、自暴自棄になった狛治は喧嘩に明け暮れます。

そんな日々を送っていたある日、狛治は慶蔵(けいぞう)という男に出会います。


出典:「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社

慶蔵は、素手で戦う素流武術の師範で、狛治が罪人で身寄りのないことを知った上で道場に誘うなど、心優しい人物でした。

狛治は慶蔵から自分の娘が病気で、母親は看病疲れで自殺してしまったことを伝えられます。

その娘というのが恋雪です。


出典:「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社

病弱な恋雪の姿を見て、狛治は自身の父親を思い出します。

狛治は恋雪の看病と父親から稽古という生活を送りながら、徐々に穏やかな感情を取り戻していくのでした。

三年後、恋雪の身体は狛治の看病によって良くなります。

慶蔵からは、恋雪と一緒になって道場を継いでほしいと頼まれるほどの信頼を寄せられるようになりました。

そして、恋雪と一緒に花火を見に行った際には、何と恋雪本人から「私は狛治さんがいいんです 私と夫婦になってくれますか?」と言いてもらえたのです。

それを快く受け入れた狛治は、これからも幸せな日々を送るはずでした。

しかしそんな矢先、恋雪と慶蔵は毒殺されてしまうのです。

犯人は、素流道場の近くにある剣術道場の門下生たちでした。

慶蔵の道場は元々、山賊に襲われていた老人を慶蔵が助けたことで、老人から譲り受けたものでした。

しかし、自分たちの道場が見ず知らずの慶蔵に渡ったことに腹を立てた門下生たちは、素流道場に嫌がらせをしていたのです。

毒殺事件は、井戸に毒が入れられたことにより起きました。

ちょうど、狛治が父親の墓参りのために外出している時のことでした。

狛治はやっとつかんだ幸せを、突如として失うことになったのです。

鬼になった理由

最愛の恋雪と恩人である慶蔵が亡くなった後、狛治は二人を殺した者がいる剣術道場に向かいます。

そして、門下生67人を素手で殺害したのです。

抑えきれない怒りと悲しみから、その殺し方は頭部破壊、内臓破壊など残虐なものでした。

狛治は返り血に染まりながら、剣術道場を後にします。

そんな狛治の前に現れたのが、鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)でした。

無惨に殴りかかる狛治でしたが、無惨には敵わず、一撃で顔を貫かれてしまいます。

無惨は狛治に自身の血を大量に送り込みました。

こうして狛治は、猗窩座という鬼になったのです。

女性を食べない理由

猗窩座が人間の女性を食べない理由はやはり、大切にしていた恋雪の存在が大きいと考察します。

鬼になったことで、人間の頃の記憶は失ってしまうっているそうなのですが、猗窩座の中には「人間の女性=(恋雪のように)弱い、守るべきもの」という考えが染みついているのではないでしょうか。

猗窩座にとって恋雪の存在がどれだけ大きいものであったかは、猗窩座の技からも分かります。

猗窩座の血鬼術は「破壊殺」で、主に素手から放つ衝撃波で相手を攻撃するのですが、その肝となる技が「術式展開 破壊殺・羅針」です。


出典:「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社

この技を繰り出す際に、猗窩座の足元に現れる雪の結晶のような模様が、恋雪が付けていた髪飾りが影響しているとされています。

また、猗窩座の技名は「砕式 万葉閃柳」「脚式 飛遊星千輪」など、全て花火の名前から取っているようです。

猗窩座には、人間の頃に恋雪と一緒に花火を見て、そこで一緒になることを決めたという思い出があります

壮絶な人生を送ってきた猗窩座ですが、この頃は間違いなく幸せでした。

記憶を失ってもなお、その頃の大事な思い出は完全に消えてはおらず、無意識に技名に取り入れたのかもしれません。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

大切にしていた恋雪や慶蔵を毒殺され、その報復として犯人の門下生たちを皆殺しにしたあげく、無惨の手によって鬼に変えられてしまった猗窩座に対して、鬼とはいえ同情する方も多いのではないでしょうか。

また、女性を食べない理由が恋雪と関係している可能性は高く、毒殺という事件さえなければ、猗窩座は真っ当な人生を送っていたことが予想できます。

鬼滅の刃で鬼は主人公たちの敵ですが、このような過去を知ることで、また違った目線で物語を楽しむことができるのではないでしょうか。

鬼滅の刃をお得に観る!

dTVは初回登録後31日間以内に解約をすれば無料です。

最新の配信状況はdTVの公式サイトをご確認ください。

dTVの会員登録方法!スマホやパソコンの手順を分かりやすく解説!

dTVの会員解約方法!スマホとパソコン退会手順を分かりやすく解説!

【関連記事】
猗窩座は童磨が大嫌い?態度が酷い理由や不仲になった経緯についても

炭治郎の額の傷(痣)は火傷?なぜできたのかや黒色に変わった理由の考察も

炭治郎の日輪刀が黒い理由は?最後はどこまで出世したのかやその後についても

魘夢(下弦の壱)は累(下弦の伍)より弱い?血鬼術の能力や強さ・名前についても

鬼滅の刃の音柱・宇髄天元は弱い?能力や呼吸・柱を引退した理由についても

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください