廣木隆一監督の経歴は?映画ママレード・ボーイの評価は?




どうも、こんにちは。
足長パパです。

 

ゴールデンウイーク映画の目玉映画の一つである「ママレード・ボーイ」が4月27日に公開されます!

漫画として世に出てから20年以上の歳月を経てからの映画化です!

当時ママレード・ボーイの読者にとっては今からとても楽しみですよね。

今回は映画ママレード・ボーイの監督を務めた廣木隆一さんと映画ママレード・ボーイの評価について調査してみました!

スポンサーリンク

廣木隆一監督のプロフィールや経歴は?


出典:http://eiga.com/person/59613/

名前:廣木隆一(ひろきりゅういち)

生年月日:1954年1月1日

出生地:福島県郡山市

職業:映画監督、脚本家、俳優

ジャンル:ピンク映画、恋愛映画

 

廣木隆一監督が映画監督を目指すようになったのは、廣木隆一監督まだ若かったころに アメリカ・ニューシネマ(1960年代後半から70年代にかけて反体制的な人間(特に若者)の心情を描いたアメリカ映画)に影響を受けことがきっかけです。 

そして、東京都千代田区にある準学校法人アテネフランセ(現在は語学学校)で映画技術美学を学び、映像業界で活動するようになります。

1982年にピンク映画 『性虐!女を暴く』で監督デビュー。

その作品で 独特の都市の空間描写が話題になり、シティ派 との異名がつけられました!

その後しばらくはピンク映画などのを制作してました。

 

1994年にハリウッド俳優のロバート・レッドフォードが主催する新人育成のための世界的登竜門サンダンス映画祭で奨学金を獲得して、映画を学ぶために渡米。

 

2004年には寺島しのぶさん主演のヴァイブレータという映画でヨコハマ国際映画祭で監督賞を含む5部門で賞を受賞。

さらには40か国以上の映画祭でも多くの賞を受賞しています。

 

2010年以降は少女漫画の恋愛映画を手掛けることが多くなり、その作品で視聴者を胸キュンさせることから恋愛映像作品の名手とも呼ばれ、三木孝浩監督、新城毅彦監督と共に 『胸キュン映画三巨匠』 とも呼ばれています!

映画ママレード・ボーイの評価は

ママレード・ボーイを知らない方のために簡単にあらすじを紹介します!

主人公の小石川光希(こいしかわみつき)はある日突然両親から離婚すると告白されます!

以前、ハワイ旅行で出会った松浦夫婦と意気投合し、母親がその夫と、父親がその妻とお互いのパートナーを交換して再婚をすると言い出す。

さらには、松浦夫婦の息子、松浦遊(まつうらゆう)も含めて一緒に暮らそうと言い出す始末。

 

光希は遊と一緒に生活するうちに惹かれていく。

光希と遊は付き合いようになる。

 

ただ、遊は自分が松浦父の子供だと疑っており、本当の父を探そうとするようになる。

その過程でそれぞれの両親がハワイ旅行で出会ったのではなく、学生時代の同級生だったことを知り、さらに、遊と光希が本当は血のつながった兄妹ではないかと疑うようになり、大学進学を理由に別れを告げる。

それでも遊を忘れなれない光希は遊に会うために京都に向かうが、遊に彼女がいると嘘をつかれてしまう。

 

遊は遊で光希が忘れられなく、夏休みに帰省した際に自分たちが兄妹であることを打ち明け、最後の思い出として北九州に旅行に行き、その旅行中にたとえ二人が禁断の関係であっても結婚することを誓う!

そして帰宅した二人に両親から真実が告げられる・・・。

 

原作は20年以上も前の作品ですが、「ママレード・ボーイ」は今でも伝説級の少女漫画と根強い人気を持つ不作の名作です。

原作は高評価なので、映画も高評価をえる可能性は高いと思いますが、ただ、ストーリーが現代の内容に合わないかなと思うのが私の正直な
現時点での感想です!

その点を廣木隆一監督がアレンジしてくるのか気になるところです!

ママレード・ボーイの評価は公開後に紹介したいと思います。

廣木隆一監督の作品や評価は?

廣木隆一監督の経歴の中でも紹介したように最近では恋愛映画の巨匠として有名ですがそれ以外の作品も監督して製作しています。

廣木隆一監督が手掛けてた作品と廣木隆一監督に対する評価を紹介していきたいと思います。

・性虐!女を暴く(1982年)【デビュー作】

この作品で独特の空間描写が話題になり、シティ派との異名がつけられます。

 

・800 TWO LAP RUNNERS(1994年)

この作品で高崎映画祭若手監督グランプリや日本映画批評家大賞最優秀監督賞を受賞

 

・東京ゴミ女(2000年)

日本映画批評家大賞監督賞を受賞

 

・ヴァイブレータ(2003年)

女優寺島しのぶさんが主演に起用し、ヨコハマ映画で監督賞を含む5部門で受賞。

高碕映画祭監督賞、そのほか40ヵ国以上で数多くの賞を受賞

 

・余命1ヶ月の花嫁(2009年)

榮倉奈々さんが余命1か月の花嫁を演じ、高い評価を得た作品です。

こちらの作品で榮倉奈々さんが日本アカデミー賞新人賞にノミネートされました。

 

・RIVER2011(2012年)

駆け出してまもない女優の蓮佛美沙子さんを主演に起用した作品です。

特に何かの賞を受賞したわけでなないですが意外と好評な作品です。

 

・さよなら歌舞伎町(2015年)

2015年当時話題作に引く手あまたの染谷将太さんと女優に転身した前田敦子さんが共演の作品です。

そのほかにも田口トモロヲさんや松重豊さん、南果歩さんらの豪華俳優陣を起用した話題作です。

 

・オオカミ少女と黒王子(2016年)

人気コミックオオカミ少女と黒王子を二階堂ふみさん、山崎賢人さんのW主演で実写化。

話題になり、恋愛映画として好評を博した作品です。

 

・PとJK(2017年)

亀梨和也さんと土屋太鳳さんが共演し、年の差婚を描いた恋愛ストーリー作品です。

話題の割にはあり得なさすぎるとのコケた作品でした。

 

・ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年)

原作自体は素晴らしい作品ですが、演技や演出がちょっとという意見もあった作品です。

 

廣木隆一監督の評価についてですが、実際の評価は様々です!

評価として上がっているのは 「女優さんが体をはって話題性をだしているだけ」 という厳しい意見もありますし、恋愛映画に関しては 日本の3本にはいる巨匠 との声もあります!

恋愛映画に関しては胸キュンポイントを様々な場面に配し、女性たちを胸キュンさせています!

そのため今度のママレード・ボーイでも多くの女性を胸キュンさせることでしょう!

スポンサーリンク

まとめ

廣木隆一監督について紹介しました。

廣木隆一監督が監督になったころはピンク映画や過激な作品を映画いていましたが、ここ最近は恋愛映画を多く手掛けているので、ママレード・ボーイも胸キュンが期待できる作品となっていることでしょう!

これは期待せずに入られませんね。

 

4月27日から順次劇場で放映されますので、胸キュンしたい方ぜひ劇場に足を運んでみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください