斎藤工のファントミラージュでの役柄は?出演理由やネットの反応についても

2枚目俳優と知られ、活躍されている斎藤工さん。

そんな斎藤工さんが女児向けガールズヒロイン番組『ファントミラージュ』に出演されます。

第一線で活躍されている俳優さんが女児向けのドラマに出演されるなんて信じられないですよね!

そこで今回は斎藤工さんがファントミラージュ演じる役柄や出演理由などについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

斎藤工のファントミラージュでの役柄

 

三池崇史が総監督を務める女児向けドラマは今回で第3弾。

前作『マジマジョピュアーズ』でも豪華俳優陣が話題になりましたが、今回もとても豪華です。

なかでも、斎藤工さんは主人公・桜衣ココミの父親・慎一役を演じます!

どんな役柄かというと、職業はパティシエで、スイーツカフェを経営する優しいスイーツ男子です。

料理ができる男の人に女の子は憧れるんでしょうね。

 

その優しいお父さんが、早速、第1話で悪役「イケナイヤー」に変えられてしまいます。

優しいお父さんとイケナイヤーという対比が、人間の心理を巧みに表現した奥が深いストーリーになるようです。

大人が見てもおもしろそうな予感がしますね。

優しい父親役としても、悪役としても、第1話は特に出番が多いでしょう!

ファントミラージュのメンバーのプロフィールは?キャストやゲスト出演者まとめも

ファントミラージュ出演理由

女児向けの特撮ドラマに、人気俳優の斎藤工さんが出演するなんてとても意外でした。

ではなぜ斎藤工さんは出演することにしたのでしょうか?

それは、監督へ厚い信頼 を寄せているからです。

『ファントミラージュ』の監督は三池崇史さん。

これまで斎藤さんは三池作品にはすでに何本も出演しています。

 

2011年のドラマ『QP』では主役を務めました。

実は、この主役に決まったのには、ちょっとしたいきさつがありました。

当初、すでに別の役者さんが主役に内定していたのですが、トラブルがあったためその役者さんは辞退。

そこで急遽、斎藤工さんに白羽の矢が立ったのです。

三池作品に出るのが『QP』で4作目でしたが、すっかり三池信者ですと言うほど、監督のことを信頼しきっているのがうかがえます。

こうした2人の関係がきっかけで、今回の『ファントミラージュ』に出演することが決まったのだと思われます!

ネットの反応

斎藤工さんが『ファントミラージュ』に出演することについて、ネットでの反応はどうでしょうか?

ツイッターではもうかなり話題になっています!

 

 

 

 

女児向けドラマに、まさかあの斎藤工が!?という驚きの反応が多いですね。

子供より親御さんのほうが反応していますね!

どんなドラマになるのか、今から期待せずにはいられません!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

ここまでの内容をまとめると・・・

1. ファントミラージュでの役柄は、主人公の父親で職業はパティシエ。

2. 出演理由は、三池崇史監督と昔から親交があるから

3. ネットでは驚きの反応が多い

となります。

イケメンで優しいお父さんがスイーツを作る姿なんて、とても魅力的ですね。

自分にもこんなお父さんがいたら…なんて思った人も少なくないはず。

斎藤工さんがどんな演技を見せるのか、とても楽しみですね!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください