dマガジンの会員登録方法!スマホやパソコンの手順を分かりやすく解説!

本記事ではdマガジンに登録する方法や利用するメリットや注意点について紹介しています。

月額400円(税抜)で、450誌以上の雑誌の読み放題ができるサービス、「dマガジン」。

雑誌をよく読む人なら一度は気になったことがあるのではないでしょうか。

しかも、31日間の無料お試し期間があるため使い心地をしっかり確認できます。

「ドコモユーザーじゃないけど、登録できるの?」

「どうやって登録したらいいの?」

dアカウントさえあれば、簡単に登録することが可能です!

それでは早速みていきましょう。

dマガジンの会員登録方法を分かりやすく解説!

dマガジンはドコモが提供する雑誌読み放題サービスです。

しかし、ドコモユーザーではなくても、dアカウントがあれば誰でも利用できます

dアカウントを持っていない場合、dアカウントを作成してからdマガジンの登録が始まる流れです。

dアカウントの作成は無料で、誰にでも作ることができます

dアカウントを作れば、様々なドコモのサービスへの登録が楽になるので、オススメです。

今回はdアカウントを作成した後の登録方法について説明します!

因みに私はドコモユーザーではないため、支払い方法はクレジットカードでの紹介となります

スマホでの会員登録手順

dアカウントを持っている場合の登録方法です

dマガジン公式ページを開く

dマガジン公式ページにアクセスする

無料会員登録手続きを開始する

「今すぐ31日間無料お試し」をタップ

dアカウントにログインする

「ログイン」をタップ
「dアカウント発行」でdアカウント作成から始めることも可能

dアカウントのIDを入力

dアカウントのIDを入力し、「次へ」をタップ

dアカウントのパスワードとセキュリティコードを入力

dアカウントのパスワードとセキュリティコードを入力し、「ログイン」をタップ

クレジットカード情報を入力

クレジットカード情報を入力し、「確認画面へ」をタップ

申込みを完了する

「申込みを完了する」をタップ

手続きの完了

登録完了

 

パソコンでの会員登録手順

dアカウントを持っている場合の登録方法です

dマガジン公式ページを開く

dマガジン公式ページにアクセスする

無料会員登録手続きを開始する

「今すぐ31日間無料お試し」をクリック

3.ログインする

「ログイン」をクリック

dアカウントのIDを入力

dアカウントのIDを入力し、「次へ」をクリック

dアカウントのパスワードとセキュリティコードを入力

dアカウントのパスワードとセキュリティコードを入力し、「ログイン」をクリック

クレジットカード情報を入力

クレジットカード情報を入力し、「確認画面へ」をクリック

申込みを完了する

手続きの完了

登録完了

 

dマガジンを利用するメリットや注意点

dマガジンは数少ない雑誌・ムック読み放題のサービスで、dマガジンだけのメリットがあります。

メリット

主なメリットは、次の6点です。

・450誌以上の雑誌数
・クリッピングで好きな1ページを保存可能
・目次やページ一覧を使うことで、読み飛ばしも簡単
・一冊丸ごとダウンロード可能
・アプリには簡単な検索機能付き
・同時に6台までは利用可能

 

450誌以上の雑誌数

雑誌450誌以上を読み放題できるサービスは多くありません。

マニアックな雑誌は多くありませんが、有名な雑誌が揃っているため、ラインナップとしては十分です。

雑誌のジャンルと雑誌数は以下の通りでした。

ジャンル 雑誌数(誌) 一例
女性ファッション 37 STORY、eclat、Seventeen、Oggi、CLASSY.、MORE、with、GISELe、25ans、GINGERなど
女性ライフスタイル 23 サンキュ!、家庭画報、婦人画報、婦人公論、LDK、Mart、Hanako、anan、美的、VOCEなど
料理・暮らし・健康 16 オレンジページ、レタスクラブ、クロワッサン、いぬのきもち、ひよこクラブ、ハルメクなど
お出かけ・グルメ 15 散歩の達人、東京カレンダー、横浜ウォーカー、大人の週末、エル・グルメ、月刊山と渓谷など
エンタメ・趣味 32 月刊ホビージャパン、つり情報、週刊ファミ通、アニメージュ、ムー、ダ・ヴィンチ、歴史人など
スポーツ・車 31 週刊パーゴルフ、週刊ベースボール、Mr,Bike、Number、スマッシュ、ル・ボラン、など
ビジネス・IT・国際 13 週刊アスキー、Mac Fan、週刊ダイヤモンド、WIRED、日経マネー、PRESIDENTなど
男性ファッション 13 GO OUT、OCEANS、LEON、UOMO、Safari、smart、2nd、Fine、MEN‘S NON-NOなど
男性ライフスタイル 24 BRUTUS、Lightning、MonoMaster、DIME、Pen、一個人、モノ・マガジン、Tarzanなど
総合週刊誌 15 週刊文春、週刊新潮、女性自身、FLASH、AERA、週プレ、サンデー毎日、週刊朝日など
From docomo 8 @dマガジン、dカーシェアなど
旅行ガイド(国内)(ムック) 51 るるぶ、ことりっぷ
旅行ガイド(海外)(ムック) 24 るるぶ(海外)、ことりっぷ(海外版)
お出かけ(ムック) 19 動物園&水族館ベストランキング100、旅の手帖、ことりっぷマガジン、道の駅ナビなど
教養・ビジネス(ムック) 27 マネー大全2020、明智光秀完全ガイド、パソコン完全ガイド、賢者の勉強法など
暮らし(ムック) 21 無印良品 片付け上手さんの収納術、保険完全ガイド、お薬の便利帖、お洗濯 the Bestなど
ヘアカタログ(ムック) 18 ゆるふわショート&ボブ、リアルオーダー ヘアブックなど
健康・ダイエット(ムック) 17 食べるだけ健康法、認知症予防がまるごとわかる本、がんばらないダイエット!”痩せ活”など
料理・レシピ(ムック) 20 悪魔のおつまみレシピ、漢の料理完全ガイド、あの人の定番料理、卵のBESTレシピなど
未分類(ムック) 58 温泉批評、花時間2020、文房具屋さん大賞2020、Lcola 積極的移住のすすめなど
合計 482

以上の表のように、2020年5月1日時点では、455誌以上の雑誌やムックが登録されています。

バックナンバーの数は雑誌によって変わるため、何号前までは見られるとは言い切れません。

バックナンバーも含めると全部で1700冊以上と言われているため、平均で4号分は見られるでしょう。

クリッピングで好きな1ページを保存可能

クリッピングとは、スクリーンショットのように特定の1ページを保存することです。

アプリ内で利用できる機能で、100件まで保存が可能で、オフラインでも見ることができます。

スクリーンショットとほとんど同じですが、写真に保存できない場合に便利でしょう。

目次やページ一覧を使うことで、読み飛ばしも簡単

dマガジンで記事を読む際、目次やページの一覧を見ることもでき、好きなページに飛べます。

ページ一覧も、内容が理解できる程度に拡大できるため、効率的に記事を探せるのです。

読み飛ばしが楽な点では、実際の雑誌を読むよりも優れていると言えるでしょう。

一冊丸ごとダウンロード可能

記事を読む際、基本的には同時並行でダウンロードが進むため、一気にページを進められません。

しかし、アプリでは1冊全部のダウンロードが可能なため、最初から最後までスムーズに読めます。

もちろん、端末にダウンロードされるため、オフラインで読むことも可能です。

1冊のダウンロードに必要な容量は様々ですが、利用端末の残りの容量分は保存できます。

アプリには簡単な検索機能付き

アプリでは雑誌名やキーワードの検索も可能です。

記事内の言葉の検索まではできませんが、見出しやテーマを絞ることはできます。

興味のある事柄を検索するには十分な機能でしょう。

同時に6台までは利用可能

dマガジンは、1つのアカウントを同時にスマホで5台、パソコンで1台まで共有することができます。

他の端末で利用しても、閲覧・ダウンロード・クリッピングの履歴は見ることができません。

他の人に共有する場合でも安心して利用することができるでしょう。

 

注意点

上記のように、メリットが多いdマガジンですが、注意点もあります。

・月途中から有料会員になっても、月額料金の日割りにはならない
・全部のページ、内容を見られるわけではない
・読み込みが遅いことがある

月途中から有料会員になっても、月額料金の日割りにはならない

月の途中、例えば3月20日に有料会員になったとしても、4月1日に払う料金は日割りされません。

最もお得にdマガジンを使うなら、無料お試し期間がちょうど月末に終わるようにする必要があります。

全部のページ、内容を見られるわけではない

実はdマガジンで読める内容は、実際にコンビニや書店で買った雑誌と全く同じではありません。

一部の特集まるごと読めないこともあるそうです。

アプリで読むと、元々掲載されていないものだとしか思えないほど、自然に記事が抜かれています。

また、グラビアの際どい部分や人物が灰色で塗りつぶされていることもよく見かけるのです。

400円(税抜)で全てが読めるのでは、雑誌業界も損でしょうから、仕方がないのかもしれません。

読み込みが遅いことがある

Wi-Fiに繋がっている場合でも、一気にページを進めようとすると読み込み表示になります。

ダウンロードしてから読む際には生じないため、さっさと読みたいときはダウンロードがオススメです。

また、アプリを起動させる際に、データ更新のため、少しの間待たなくてはなりません。

発売された雑誌をすぐに読むには更新も重要ですので、気にしないようにしましょう。

まとめ

dマガジンはコスパの良い雑誌読み放題サービスで、雑誌をよく読む人には十分お得です。

雑誌読み放題サービスには、楽天マガジンやTマガジンなど他にも存在します。

dマガジンのラインナップで満足できないなら、900誌以上が読める「タブホ」がオススメです。

また、タブホやTマガジンやブックパスなどではアダルト雑誌も読み放題になっています。

雑誌以外の本や動画も楽しめるFODやU-NEXTも選択肢としてはアリでしょう。

もし、dマガジンでは物足りないなら、以上のようなサービスも一緒に利用するのもオススメですよ。

dマガジンの解約方法を確認する

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください