dマガジンの会員解約方法!スマホとパソコン退会手順を分かりやすく解説!

本記事では、dマガジンの会員解約方法と解約するメリットや注意点について紹介します!

「dマガジンの無料期間が終わるけど、解約ってどうすればいいんだろう?」

「登録したいけど、ちゃんと解約できるか不安で使い始められない・・」

解約の方法が確かでないと、不安も大きいですよね。

dマガジンの解約はいつでもできますし、手順も決して難しくありません。

ただし、解約する際の注意点もありますので、慎重に作業しましょう。

早速みていきましょう!

dマガジンの会員解約方法を分かりやすく解説

dマガジンの解約は、ウェブ上の公式ページからできます。

アプリからでは解約できないため、注意しましょう。

また、解約できる項目はトップページの一番下にあるため、見つけるのに苦労します。

加えて、解約過程も、ページの一番下までスクロールする必要がある場面があるのです。

早速、解約手順について説明します。

スマホでの会員解約・退会手順

dマガジン公式ページを開く

dマガジン公式ページを開いて、ログインする

dマガジン会員登録/解約を開始する

ログイン後のページの一番下まで移動し、「dマガジン会員登録/解約」を探す。

dマガジンを解約するをタップする

ページの一番下まで移動し、「dマガジンを解約する」をタップする。

dアカウントのパスワードを入力

dアカウントのパスワードを入力し、「パスワード確認」をタップする。

dマガジンの注意事項をチェックする

「dマガジン 注意事項」をタップする

注意事項ページ内容を確認

注意事項ページの一番下にある「閉じる」をタップする

dマガジンの注意事項に同意する

「dマガジンの注意事項に同意する」にチェックを入れる
受付確認メールの送信先を決め、「次へ」をタップ

手続きを完了するをタップ

解約完了

 

パソコンでの会員解約・退会手順

dマガジン公式ページを開く

dマガジン公式ページを開いて、ログインする

dマガジン会員登録/解約を開始する

ログイン後のページの一番下まで移動し、「dマガジン会員登録/解約」をクリックする

dマガジンを解約するをクリックする

ページの一番下まで移動し、「dマガジンを解約する」をクリックする。

dアカウントのパスワードを入力

dアカウントのパスワードを入力し、「パスワード確認」をクリックする(写真10)

dマガジンの注意事項をチェック

「dマガジン 注意事項」をクリックする

注意事項ページ内容をを確認

注意事項ページの一番下にある「閉じる」をクリックする

dマガジンの注意事項に同意する

受付確認メールの送信先を決め、「次へ」をクリック

手続きを完了するをクリック

解約完了

 

dマガジンを解約する際の注意点

注意点1:解約後はダウンロードもクリッピングも読めなくなる

解約すると保存していたデータが消去されます。

つまり、閲覧履歴やダウンロードした雑誌やムック、クリッピングした記事も全て読めなくなるのです。

解約後もdアカウントは残りますが、同じdアカウントで登録してもデータは戻りません。

解約する前に、保存したデータが不要かどうか確認しておきましょう。

注意点2:有料会員が月途中に解約しても、料金は日割りにならない

月額400円(税抜)は1日(ついたち)になった時点で発生しています。

つまり、月の途中で解約しても、月額料金は全く変わりません。

例え1日(ついたち)に解約したとしても、400円(税抜)がかかりますので、注意しましょう。

注意点3:アプリを削除しても解約にはならない

dマガジンで雑誌などを読む際には、ほとんどアプリで読むと思いますが、解約手続きはできません。

アプリを削除しても、契約内容は全く変わらないため、注意しましょう。

注意点4:アカウント削除までしたい場合は、dアカウントを削除するしかない

「個人情報を守りたいから、アカウントも完全に削除したい」

という人も、最近は多くなったのではないでしょうか。

U-NEXTなどでは、登録したメールアドレスを削除しなくても、アカウント削除ができます。

しかし、dマガジンで利用したアカウントを削除するには、dアカウントごと削除しなければなりません。

dアカウントは、1つあればdTVなどのドコモが提供するサービスでも使える便利なアカウントです。

解約後にdアカウントを削除すると、最初からまたdアカウントを作り直さなくてはなりません。

もし、dアカウントも削除したい場合は、dアカウント公式ページから削除することができます。

まとめ

dマガジンはドコモが提供するサービスの1つであり、同じアカウントで様々なサービスが使えます。

dTVやdアニメストア、dヒッツ、dブックなど18種のサービスがあり、種類も豊富です。

dアカウントがあれば、登録も簡単なため、興味があれば利用してみるのも良いでしょう。

dマガジンのように雑誌の読み放題ができるサービスも多く存在します。

楽天マガジンやTマガジンだけでなく、U-NEXTなどのVODの中でも雑誌が読めるものがあるのです。

あなたのお気に入りの雑誌読み放題を探してみましょう。

dマガジンの登録方法を確認する
スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください