ハンターハンターの最新刊(36巻)の発売日はいつ?あらすじネタバレや連載再開情報も!




どうも、こんにちは。
足長パパです。

アメトークでいよいよハンターハンター芸人が放送されますね。

それほどハンターハンターは人気の漫画で、20年以上の長期連載で、今や子供から大人まで幅広いファンを持つ漫画なんです。

しかし、諸事情から休載と連載を繰り返していることを皆さんはご存知でしょうか?

冨樫義博さんの休載が多いため単行本の最新刊(36巻)の発売日はいつになるかわかりません。

今回はこのハンターハンターの最新刊(36巻)の発売日はいつなのかや最新刊のあらすじネタバレ、連載再開の時期について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

最新刊(36巻)の発売日はいつ?

休載される前に最新刊(36巻)が発売されるのではと思われていた方も多いのではないでしょうか!

実際に私もその一人でした!

しかし、ふたを開けてみると冨樫義博さんは単行本最新刊(36巻)を発売する前に再び休載してしまいました。

トホホ・・・。

 

ハンターハンターの最新刊(36巻)の発売日がいつになるか気になりますね。

あくまで予測ですが、最新刊(36巻)の発売日を予測してみたいと思います。

現在の最新刊となる35巻は2018年2月2日に発売されています!

35巻では下記の内容が掲載されていました。

361話:「辞退」
362話:「決意」
363話:「念獣」
364話:「思惑」
365話:「選択」
366話:「其々」
367話:「同期」
368話:「凶行」
369話:「限界」
370話:「観察」

 

単行本1巻で大体10話(週刊誌10週分)分の話が掲載されています。

とのことから、今度の最新刊(36号)も同様に10話分の話が掲載されていると思います。

となると冨樫義博さんは1月29日発売号から週刊少年ジャンプでの連載を再開し、4月9日発売号まで掲載し、その翌週4月16日号で再び休載となっています!

 

とのことから冨樫義博さんの連載再開をする前にハンターハンターの単行本の最新刊(36巻)発売してしまうと、単行本が週刊少年ジャンプでのハンターハンターのストーリーに追いつてしまうことになってしまいます!

このことから単行本の最新刊(36巻)が発売されるのは冨樫義博さんが週刊誌ジャンプ連載を再開してからということになります!

よって2018年のハンターハンター最新刊(36巻)の発売はないでしょう!

私の予想では 2019年のはじめか、2019年半ばぐらい にと勝手に予想しています。

2019年に発売されるように冨樫義博さんが週刊少年ジャンプで連載を再開してくれればよいですが・・・。

最新刊(36巻)のあらすじやネタバレ

【関連記事】
冨樫義博の嫁の武内直子との馴れ初めは?二人の年収はいくら?

現在の最新刊は35巻です。

まずは、この巻でクラピカの人差し指の能力についての謎が解けました。

・奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)で一時的に相手の能力を預かること、
・注射器でオーラを吸い絶の状態にできること、
・預かった能力をセットするとその能力を分析して使うことができること(1回のみ)、
・預かった能力を他人に移動させることができること、
・移動させると別の能力を吸い取ることができること。

そして、最後の二つに関しては、絶対時間の時に限って使えることなど、続々、明らかとなりました。

 

もう一つ、王位継承戦がありましたね。

第1王子ベンジャミン:ヒュリコフ、第3王子チョウライ:テンフトリ、
第4王子ツェリードニヒ:ミュハン、ダンジン、第5王子ツベッパ:マオール、ロンギ、
第7王子ルズールス:サトビ、第8王子サレサレ:ムシャホ、
第9王子ハルケンブルグ:シェジュール、ユヒライ、第10王子カチョウ:ロべリー、ユウリ、
第11王子フウゲツ:ラジオラス、イラルディア、
第13王子マラヤ―ム:ベレレインテ、バリゲンと王子たちが出てきました。

誰が誰だかの状態ですが、この模様があり・・・そしてクロロが登場しました。

ヒソカとの戦いを終えての状態での登場となります。

ウヴォーギンが死んだ時も、弔い戦としてすぐにマフィアを襲っていましたので、クロロはお宝よりもヒソカへの復讐を先に行いそうですね。

35巻はこんな内容でした。

 

そして、最新刊となる36巻では下記のような内容が判明します。

・クラピカの絶対時間(エンペラータイム)の最大の制約条件
・旅団メンバー(ノブナガ、フィンクス、フェイタン、ノブナが、マチ)の登場
・団長、旅団メンバーの最大の目的について
・ハンゾーの念能力(分身の術)が発覚
・ホイコーローの最大の目的
・モモゼ死亡
・モモゼ殺害の真犯人
・第一層最高裁判官登場
・ベンジャミン(第一王子)の能力が発覚
・カミーラの(第二王子)の能力が発覚
・ビスケ、ハンゾーの本体が消失

なとどあげればあげるほどキリがなくなります。

 

この中で最大の焦点となるのが カキン王のホイコーローの狙いと王子たちの熾烈な戦いの末に何が残されているか ということです!

ブラックフォエール号は20万人もの人間を乗せた状態で航行していきます。

これらの人は生贄で、カキンの狙いは次期王の選出です。

このことを決定づける描写が36巻で描かれています!

 

それは・・・

モモゼが死亡して、棺にモモゼを弔いつつ、ホイコーローが言ったセリフです!

「死んでいない、彼女は生き続ける・・・」と。

 

モモゼは20万人もの生贄にしたのと同じように14人の王子をも人柱にするのだと思われます!

14人の王子の人柱の中央に位置されている一つのカプセルから究極の生命体が誕生するのではと予測しています。

その究極の生命体こそが次期王であり、暗黒大陸を渡るのにふさわしい人物なのでしょう。

ただ、暗黒大陸はこれ以上の恐ろしい場所で、暗黒大陸には究極の生命体である王ですら到底かなわない怪物たちが巣食う場所だと予想します。

連載再開はいつ

【関連記事】
冨樫義博がハンターハンターで休載を繰り返す理由は?嫁が原因か?

2018年5月22日現在、漫画家・冨樫義博さんはまたもや休載しています。

冨樫義博さんは2018年4月9日発売の週刊少年ジャンプ19号で休載することを発表した際に

『また休載ですみません。なるべく早いタイミングで戻って来れるよう頑張ります』

とコメントを残しているように連載再開の時期は明確にしていません。

 

つい最近の傾向で言えば約10週ぐらいの連載・休載を繰り返しています!

とのことから考えると、

0週目:4月9日掲載
1週目:4月16日休載
2週目:4月23日休載
3週目:5月2日休載
4週目:5月14日休載
5週目:5月21日休載
6週目:5月28日休載予定
7週目:6月4日休載予定
8週目:6月11日休載予定
9週目:6月18日休載予定
10週目:6月25日休載予定
11週目:7月2日連載再開?

4月9日発売号まで連載し、その翌週4月16日号から休載となると、10週目は6月25日発売号になります。

ちょうど10週で連載が再開されれば 7月2日発売号 から掲載されると思います!

もしくはその翌週 7月9日発売号 から掲載されると思われます!

あくまで私の個人的な予測ですが・・・。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

今回はハンターハンター最新刊(36巻)の発売日はいつか、36巻のあらすじネタバレ、連載再開はいつかなどについて紹介しました。

・最新刊(36巻)の発売は2019年になると思われる

・連載再開は早くても7月2日か・・・。

ハンターハンター最新刊に関する情報や冨樫義博さんに関する情報がありましたら、こちらのブログで紹介していきます!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください