フェルメール展2018が上野と大阪で開催!日本初公開作品や8作品の総額は?




どうも、こんにちは!
足長パパです。

17世紀のオランダ絵画黄金期を代表する画家のヨハネス・フェルメールの絵画展が
来年(2018年)から2019年にかけて上野と大阪でされます!

今度のフェルメール展は過去最大級かつ、日本初公開となる作品も含まれるそうです。

フェルメール展ではフェルメール作品全35点のうち、8作品が来日します。

今回はフェルメール展の開催概要と日本初公開作品や8作品の総額について
調査しました。

スポンサーリンク

フェルメール展2018

【フェルメール展2018東京展】

会期:2018年10月5日~2019年2月3日(約4か月間)

会場:上野の森美術館

住所:東京都台東区上野公園1-2

開館時間、休館日、料金などは2018年4月に発表される予定とのことです。

詳細がわかりましたら紹介したいと思います。

【フェルメール展2019大阪展】

会期:2019年2月16日~2019年3月12日(約3か月間)

会場:大阪市立美術館

住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-82

大阪展でのみ展示されるフェルメール作品もあるそうです。

来日するフェルメール8作品はなに?

フェルメールは17世紀に活躍したオランダを代表する画家です。

フェルメールが作成した作品で現存するのは35展と極めて少ない画家で、その他に
作品は残っていないですが記録のみ残っている作品が10点です。

今度行われるフェルメール展ではフェルメール全35作品のうち、8作品が来日するそうです。

現在は所蔵者と主催者で交渉中とのことです。

現在は来日する作品は4作品は決まっているそうです。

1:牛乳を注ぐ女


出典:Google Arts & Culture

2:マルタとマリアの家のキリスト


出典:http://www.salvastyle.com/menu_baroque/vermeer_christus.html

3:手紙を書く婦人と召使い


出典:ウィキペディア

4:ぶどう酒のグラス【日本初公開】


出典:Google Arts & Culture

ぶどう酒とグラスは日本初公開ととなります。

その他にも、大阪に日本初公開作品が展示されるとのことです。

その他の4作品はまだ調整中とことです。

分かり次第紹介しますね!

フェルメール8作品の総額は?

フェルメールは人気のある画家なので作品一つ一つに価値があります。

日本で公開されるフェルメール8作品の総額がどのくらいの額になるのでしゅしょうか。

現在価値・価格について調査中です。

わかり次第お知らせしますが総額は数十億円、数百億円に及びそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は来年2018年10月から公開されるフェルメール展についてと日本初来日
する作品はなにか、そして、来日する8作品の総額はいくらかか調査しました。

フェルメール展を楽しみにされている方が多いと思います。

わかっていない情報があるので情報がわかり次第、紹介していきたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください