アナ雪の重要なシーンでは必ず手袋が使用されている?どこの場面か解説!

本日(2017年3月4日)21:00よりフジテレビ系列で「アナと雪の女王(アナ雪)」が放送されています。


出典:Disney

アナ雪ではエルサには雪と氷の魔法がつかえるという能力があります。

エルサはその能力を隠すために手袋をつけて、自分の能力を隠します。

アナ雪では手袋が結構キーアイテムとなります。

そのキーアイテムとなる手袋はどの場面で使用されてるのでしょうか?

スポンサーリンク

手袋の使用場面

1:エルサ幼少時代の引きこもり場面

幼少時代のエルサが氷の魔法の能力を隠しきれなくなるため、エルサの両親(王様・情報様)がその能力を隠すために
エルサに手袋を与えます。

2:エルサ戴冠式の場面

エルサが20歳になり、戴冠式で妹のアナがいきなり、サザンアイルズの王子様ハンスと結婚すると伝えられ反対します。

エルサは戴冠式を終わらせ、部屋に戻る際にアナに腕を握られ、その際に手袋がはずれ、招待客や国中の住人に
能力がばれてしまいます。

3:エルサが雪の女王変わる場面

戴冠式で能力がばれたエルサはノースマウンテンにそこに立てこもります。

エルサはノースマウンテンに登る際に手袋を外し、あの有名な歌「Let it go」を歌いながら、氷の魔法を使用し、ノースマウンテンに氷のお城を作り、氷のお城に立てこもります。

4:ハンス王子のアナ殺害未遂場面

ハンス王子はアレンデール王国の乗っ取りを考えており、瀕死のアナを殺害しようとする際に手袋をはずします。

まとめ

このようにアナ雪の各場面で手袋が出てきて、大きな場面では手袋をはずす場面が出てきます!

各キャラクターが手袋をはずす場面は、物語が大きく動く場面となります。

探してみるとその他の場面にもキャラクターが手袋をはずす場面があるかも知れません。

アナ雪を見る際はそのような場面を気にしてみるとよりアナ雪を楽しめると思います。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください