アユタヤのトレイ事情は?有料だがワット・マハタートがきれい?

どうも、こんにちは。
足長パパです。

タイのトイレ事情に関してはガイドブックなどに記載されているのでわるとご存じ
だと思います。

バンコクの経済発展は目覚ましく、バンコクでは旧式のトイレもあるもの、ホテルや
デパートでは洋式のトレイが多くなってきていますし、それに無料で使えます。

先日タイに旅行に行った際にアユタヤにも日帰り旅行に行ってきて、アユタヤの一番
のトイレだと思った場所がありました。

今回は最近のタイのトイレ事情とアユタヤのトイレスポットについて紹介したと思います。

[ad#1]

タイのトイレ事情

タイのトイレは日本と同じように和式スタイルです。

タイの場合、日本とはことなり、若干床から高さがあります。


出典:http://www.houbou-ya-phuket.com/

タイでも最近はタイ式のトイレではなく、多くの場所でも洋式のトイレが多くなって
きていますね!


出典:http://sure16.blog.fc2.com/

ただ、タイ式でも洋式でも変わらないことがあります!

それは使用後のトイレットペーパーは日本のように流せないことです。

トイレに備え付けのごみ箱に使用済みのトイレペーパーは捨てます。

日本のトイレに慣れてる方はいつもの習慣でトイレに流してしまうことがよくあります
ので注意してください。

また、観光地やファランポーン駅ではトイレ使用料を払わなければなりません。

バンコクのトイレ事情

タイのトイレ事情についてわかったところで、多くのタイ旅行者が訪れるバンコクの
最新のトイレ事情はどうなっているのかになりますね!

ここ数年バンコクの経済発展はすごく、バンコク市内中心地は高層ビル、高級デパート、
高級ホテルが林立しています!

そのためバンコク市内でのショッピングであれば緊急を要しなければ、高級ホテルや
高級デパートで無料できれいなトイレを使用することができます。

ただ、王宮やワット・ポーがあるエリア、鉄道駅のファランポーンエリア、
チャイナタウンなどは今でも洋式のトイレだとしてもきれいと言えないのでこれらの
エリアを観光する場合は事前にトイレに行かれることをお勧めします!

また、現在バンコク市内にはMRT(地下鉄)やBTS(スカイトレイン)、ARL(エアポート
リンク)が走っていますがこれらの駅にトレイはないので注意してください。
の駅にトイレはないので注意してください。

[ad#3]

アユタヤで一番きれいなトイレは?

タイ・バンコクに旅行する人の大半の人がアユタヤを日帰りまたは1泊2日で旅行する
方が多いと思います。

アユタヤ観光をしていると日影があまりなく、炎天下の中を観光するので水分も
多くとるためトイレに行くことも多いと思います。

ツアーであれば事前にきれいなトイレの場所などを教えてもらえると思いますが、
個人で観光に行った場合は調べないとわかりません。

アユタヤの各寺院(ワット)にトレイはあるのですが、有料にも関わらず、お世辞にも
きれいと言えません。

ただ、例外の寺院(ワット)が一カ所だけあります!

それはワット・マハタートにあるトイレです!

ワット・マハタートといえば石造の顔が菩提樹に囲まれていることで有名です!

このワット・マハタートの入り口にある高いほうのトイレはアユタヤの中で一番きれい
なトイレだと思います!

常に清掃され、そして、洋式で水はボタンを押せば自動で流れる日本風のトイレです!

こちらのトレイは使用料10バーツかかります!(2017年12月現在)

ちなみにワット・マハタートには5バーツのトイレもありますが、タイ式のトイレで
きれいでありませんの10バーツを払ってでもきれいなトイレにいかれることをお勧め
します!

今回残念ながらワット・マハタートの高いほうのトイレの写真を撮ってくるのを
忘れてしまいました!

申し訳ございません(+_+)

もしこの記事をご覧なられて行かれた方がいらっしゃったら送っていただけると
幸いです・・・。

[ad#2]

まとめ

今回はタイのトイレ事情、そして、アユタヤのトイレ事情について紹介しました。

意外と東南アジアに観光などに行くとトイレ事情は意外と困る問題だと思います。

この記事がもし皆さんのアユタヤ旅行の助けになれば幸いです。

今後も海外旅行で皆さんの助けとなる情報があれば記事にしたいと思います!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください