花のち晴れの第3話の感想と第4話のネタバレ!西門総二郎の出演はあるとしたらいつ?




どうも、こんにちは。
足長パパです。

 

あの伝説のドラマ『花より男子』の後継ドラマとして注目されている『花のち晴れ』が第3話まで放送されましたね。

ここまでドラマを見てきたところ、憎めないキャラ満載の神楽木晴やツインテールがトレードマークの真矢愛莉は存在感を示していますが、そのほかのⅭ5メンバーはどうしたの?って感じですね。

江戸川音の許婚の馳天馬も漫画より大きく演出されている感がありますね。

また、ドラマの内容で盛り上がっているというより、『花より男子』のF4メンバーの出演で盛り上がってないっと?思ってしまいます。

そこで今回は第3話を見た感想と第4話のあらすじ、そして、次なるF4メンバーの登場がいつなのか調査してみました!。

スポンサーリンク

第3話の感想

【関連記事】
花のち晴れ2話で松本潤が演じる道明寺の登場シーンは本物?あらすじとネタバレ感想!

全校生徒に音が隠れ庶民だということがバレてしまい、英徳学園の生徒みんなから庶民狩りを受ける。

音はその原因が晴だと勘違いし、音の悲しむ顔と勘違いされている晴のすれ違いに少し切なくなりましたね。

 

晴は音を助けにいこうとするが人垣で遮られ音を助けに行こうとできないところに、馳天馬が現れ、バッドで殴られそうになる音を助ける!

まさにヒーローですね!どう見ても晴より馳天馬のほうがカッコよすぎます!

晴をみて馳天馬は最低だと発言し、愛莉は出て行け!と怒鳴る。

音を守る馳天馬の姿はにたくさんの見ている方が心奪われたのではないでしょうか。

 

そして、馳天馬が江戸川音の名義で5千万を寄付し、音は英徳をやめなくてもよくなったのですが、ここで疑問に思うのが大金持ちなら高校生でも5千万をすぐに払うとか言えるのですかね?

私からしたら5千円とか5万のような感覚で言ってるようなにしか思えないです!

自由に生きてという言葉は馳天馬はにとって別れという意味ではなかった。

音への気持ちが本物だからこそ、音を守るという行動はとても男らしかったです。

 

その状況に悩んでしまう晴。

好きな子も守れず、婚約者の相手は天馬と、悩んでいたところにF4の花沢類がいた。

花沢類はちゃんと小栗さんでした!!これは嬉しいですね!

第1話での道明寺司は松本潤さんかどうか微妙でしたからね・・・。

多くのが花より団子を思い出しましたね。

道明寺ならどうするかの発言に野生だからごちゃっとした中の大事なものしか眼中にないという発言に自分の大事なものを再認識し、動き出す晴。

晴と同じように花沢類をみて凄く気持ちが高鳴りました。

 

その頃音は安静にしていた。

寄付金は馳天馬の運用したお金だから返さなくていいと言う。

そこに晴とばったりあい、胸を触ってしまった晴をぶん殴ってしまう音。

真面目な話の中、ちょっとクスッってなる場面があり楽しかったですね。

あんたがやったわけじゃないって分かってたという言葉に嬉しさを隠せない晴。

前と違って音の言動に嬉しさを出しているところがとても可愛かったです。

 

音がバイトしているコンビニの様子を見に来た晴だったが、素直になれなかった。

その状況を見て紺野さんが一緒に出かけようと誘う。

晴はいくと即答し、音は心配のためしぶしぶ一緒に・・・。

前半ハラハラしている話から後半はとても楽しい話になっていました。

 

バッティングセンターで、晴と音、紺野さんとその彼氏のWデート。

紺野さんの彼氏のバッティングをかっこいいという音に晴はかっこいい姿を見せようと頑張ってホームランを狙うのでした。

さりげなく球を買うのにブラックカードを出しているのが良かったですね。

私も一度触ったことはありますが、普通のカードより重さがあり高級感のあるカードでした。

手がぼろぼろになってもホームランを狙う姿に音は努力する姿が素敵だと思っていたのでした。

ホームランを打って音の嬉しそうな顔に晴も嬉しそうでした。

初めてのもんじゃをみての感想も直球で最後はすっきりした気持ちで見終えることができました。

しかしその場所に愛莉がきてまた第4話で波乱の予感です。

第4話のあらすじ

音と晴はWデートのおかげ?で、次第に打ち解け、距離を近づけるところに愛莉が現れます!

愛莉は、音を英徳学園から追い出そうとしたことを謝り、音に「友達になって欲しい」といきなり切り出す。


愛莉はなにか悪だくみを考えていそうですよね!

このことに対して、音は疑いの念をいただいてい入るのですが、徐々に愛莉のペースはまっていきます。

そして、愛莉が幼いころから晴が好きだということをしり、音は心を許してしまいます。

 

そんななか音がレストランの冷蔵室に閉じ込められてしまうという事件が起こります。

そこになぜか馳天馬の姿が・・・。

馳天馬がこんなところに?!っていう展開や馳天馬がカッコよすぎる行動でしょ!ってツッコミどころ満載ですが、第4話も馳天馬ファンにはキュンキュンの回になるかもしれませんね。

第4話で晴は音とさらに距離を近づけることができるかが見ものですね。

西門総二郎の登場はいつ?

【関連記事】
ドラマ花のち晴れのロケ地や撮影場所はどこ?エキストラの募集や応募方法は?

第1話で松本潤さん演じる道明寺司、第3話で小栗旬さん演じる花沢類が登場しました。

これらの演出があると次なるF4のメンバーの登場はあるのか、あるとしたらいつなのか気になりますね。

 

そこで調べてみました!

次なるF4のメンバーの登場の可能性があるとしたら西門総二郎です。

ドラマ花より男子で西門総二郎を演じたのは松田翔太さんです。

出演があるとすれば、松田翔太が西門総二郎として登場する可能性があるということですね。

では西門総二郎(松田翔太さん)が第4話で登場するのでしょうか。

 

残念ながら第4話での西門総二郎(松田翔太さん)や他のF4メンバーの登場はないようです。

原作では晴は馳天馬に弓道・剣道・柔道の3本勝負を挑まれます。

すべての種目において有段者の馳天馬に対して、晴は幼いころにかじった程度です。

馳天馬に勝つためにそれぞれのエキスパートに晴は指導を受けることになります。

 

晴が弓道の指導を受けている際に西門総二郎に弓道場で会うことになります。

ここで西門総二郎の馬上から弓を放つ「流鏑馬(やぶさめ)」の姿に見とれている晴は、西門総二郎が相変わらずの西門節で、

「おい、見とれてんじゃねーぞ まーしょーがねーな 俺かっこいーから」

と声をかけられるシーンです。

 

原作の漫画では第7巻で西門総二郎が登場します。

となるとドラマの第3話では原作の漫画での第3巻ぐらいまで進んでいるので、ドラマ第4話では漫画の4巻ぐらいの話になると思うのでドラマ第4話での登場はなさそうですね!

たぶんドラマでは終盤の第7話~9話ぐらいのいづれかで西門総二郎(松田翔太さん)の登場があるかもしれませんね!

西門総二郎(松田翔太さん)の登場を期待しましょう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

今回は花のち晴れの第3話の感想と第4話のあらすじネタバレ、そして、次なるF4のメンバーの登場がいつになるか紹介しました。

これからも完璧すぎる馳天馬と抜けている晴という展開は続くと思いますし、花男のF4メンバーの登場はあるのかなと思います。

ドラマの展開を楽しみながら、次なるF4のメンバーの西門総二郎(松田翔太さん)の登場を期待して待ちましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください