武井咲のデキ婚はオスカーやCM契約違反?芸能界の悪しき慣行はなくすべき?

どうも、こんにちは。
足長パパです。

武井咲さんEXILEのTAKAHIROさんの結婚・妊娠報道は大きな話題となりましたね!

それに伴い、23歳の武井咲さんが契約違反をし、巨額の違約金を支払う必要がると
ネットで話題になっています。

違約金は10億円とも言われています・・・。

ただ、今回の武井咲さんの契約違反、違約金問題は結構、話題になっており、今後の
芸能界、特に女性芸能人に対して風向きが変わるようになるかもしれません。

今回の武井咲さんの契約違反問題や今後芸能界はどうあるべきかを述べてみたいと
思います。

スポンサーリンク

武井咲さんプロフィール

現在、黒川の手帳でも主演を演じており、女優としても大活躍の武井咲さんについて
紹介していきたいと思います。


出典:武井咲さんオフィシャルサイト

名前:武井咲

本名:田﨑咲(旧姓:武井)

生年月日:1993年12月25日(23歳 ※2017年9月現在)

出生地:愛知県名古屋市

血液型:A型

身長:163㎝

趣味:バスケットボール・ネイル・お菓子作り

特技:バスケットボール・エレクトーン

夫:TAKAHIRO

職業:女優、タレント、ファッションモデル

芸能界入り:2006年

所属事務所:オスカープロモーション

武井咲さんはもともとはモデル志望で、中学入学時に中学3年間の間でモデルになる
両親に宣言したとされています。

そうとう自分に自信があったのですね~。

2006年の第11回全国美少女コンテストに応募し、見事にモデル部門とマルチメディア
部門をダブル受賞し、2006年11月号の「セブンティーン」に非専属モデルとして
モデルデビュー、芸能界デビューします。

その後、セブンティーンの専属モデルになり、桐谷美玲さん佐藤ありささんとともに
猫目三姉妹と呼ばれていたそうです。

その後、2011年1月ごろからドラマに出演しはじめ、演技に磨きをかけ、
『海の上の診療所』や『フラジャイル』、『黒革の手帖』などに主演だったり、
主演級の役者として出演するようになりました。

武井咲さん契約違反問題とは?

9月1日武井咲さんがEXILEのTAKAHIROさんと結婚を電撃で発表、そして、妊娠3か月
であることも発表しました!

このことに世間は大きく反応しています!

というのも23歳の若さでCM10本、その他ドラマなど出演多数で、テレビをつけたら
武井咲さんを見ない日はないというぐらいですから世間は反応しますね。

この武井咲さんの契約違反と思われているのは下記の点が考えられます。

●事務所との契約

オスカープロモーションでは『25歳まで恋愛禁止』は暗黙のルールがあり、
恋愛どころか結婚、妊娠と暗黙のルールの範囲を超えていていました!

●企業とのCM契約

これはCMに出演するタレントには必然的に伴うわけですが、企業も自社のイメージを
あげるために好感度の高いタレント、有名人を使います。

そのために企業はCM出演中のタレントに禁止事項などを契約書に盛り込んでいます。

・妊娠の禁止

1)酒造メーカー:妊婦がアルコールを飲むのはよくとされていないため。

2)製薬会社:酒造メイカーとほぼ同様の意味合いで、妊婦が薬を飲むと胎児に影響
がある恐れがある為。

・不倫の禁止

全企業:不倫はイメージダウンにつながるので不倫は絶対に禁止されていますね。

つい最近では不倫の疑惑がもたれた宮迫博之さん出演のアフラックのCMが
アフラックの公式サイトから削除されてました。

などのようにイメージを大切にする企業はCM契約をする際に様々な禁止事項をつけて、
CM契約をします。

それもそうですよね!

CM1本でそのタレントに何千万、何千億という出演料を払うのですから、企業もその
CMタレントで最大限のイメージアップをしてほしいですからね。

●映画・ドラマ出演

今回、武井咲さんは2017年10月期のドラマ、2018年1月期のドラマ、来年公開の映画など
に出演が決まっています。

今回、武井咲さんが妊娠したことにより、2017年10月期のドラマは出演しますが、
2018年1月期のドラマ、来年公開の映画には出演できなくなるというのです。

今回の武井咲さんの契約問題として話題になっているのは、事務所の暗黙のルールより
企業とのCM契約、映画・ドラマの出演契約です。

とくに映画・ドラマは武井咲さん出演ありきで、脚本などが書かれていたようなので、
脚本の書き換えや代替え女優を立てないと公開・放送できなくなります。

そのために巨額の違約金が発生るのではないかと問題になっているわけですね!

違約金は額にすると10億円はくだらないのではないかとの噂です。

芸能界の悪しき慣行はなくしていくべき

今回の問題を受けて足長パパが思うのは、芸能界の悪しき慣行はなくしていくべき
だと思います。

今回の問題となった武井咲さんの妊娠に関してですが、CM契約中や映画やドラマへの
出演中などに結婚、妊娠はするなということです!

これにたいしてそれぞれ皆さんに意見があるのは存じ上げているつもりです。

タレント自身が商品なんだから、ビジネスとして契約を守るのは当たり前だ!

確かにビジネスだからいっていることはもっともです!

しかし、商品、ビジネスの前にタレントも一人の人間です。

タレントも人間としての権利を持っています!

今回は武井咲さんが一人の女性として妊娠し、出産をすることを選びました!

なので契約だから、ビジネスだから、契約違反だからといって、その人の権利を我々が
いうものどうかと思います。

なので、CM契約時になどに結婚の禁止や妊娠の禁止などは設けるべきでないと思います!

もし出演していたタレントが結婚や妊娠をしたことを考えて、代理の人を考えるなどを
していた方がよいとです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は武井咲さんの契約違反や違約金がどれほどのものなのか、そして、悪しき慣行は
なくすべきなのについて紹介してきました!

先ほどものべましたが、やはり人権を侵害するような妊娠はしてはいけないなどの
ような禁止事項は契約に盛り込まないほうがよいと思います!

今回はあまりよくまとまっておりませんが、私個人の意見を述べさせていただきました!

皆さんそれぞれの意見があると思います。

みなさんの意見も尊重したうえで、今回記事を書かせていただきました。

皆さんと意見が違った場合にはこういう意見もあるのだと思ってご容赦ください。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です