ハゲタカ2018のロケ地や撮影場所は?エキストラ募集情報や応募方法?




『ハゲタカ』という小説をご存知でしょうか。

『ハゲタカ』は、「最強の企業買収者」と日本を震撼させた男が主人公の真山仁さん作の小説です!

『ハゲタカ』はこれまでNHKでドラマ化や映画化されるなのどサラリーマンを中心に若者から社会人まで人気のある作品となっています。

この『ハゲタカ』がこの夏、テレビ朝日の連続ドラマとして、7月19日(木)夜9時からスタートします!

小説でもかなり話題になったので、楽しみにされている方も多いかもしれませんね。

今回はハゲタカ2018のロケ地や撮影場所、エキストラ募集や応募方法について紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

ハゲタカ2018のロケ地や撮影場所

撮影の日時、場所、内容等の詳細は現時点では公表されていません。

あくまで個人的な見解となりますが、メディアが発表しているツイッターで画像と小説の原作から場所を推測してみたいと思います。

 

都内

大森南朋さんが鷲津政彦を演じたNHK制作のハゲタカでは都内のロケや撮影が多かったようです。

確かに、ハゲタカの原作の内容かすると大企業などがある都会での話が多いので都内での撮影が多いかもしれませんね。

あとはもしかしたらドラマ冒頭ではアメリカから帰国する鷲津政彦のシーンがあると思うので、綾野剛さんだけニューヨークで撮影した可能性はあるかもしれません。

 

戦国が原(栃木県)

また、ハゲタカの小説では足助銀行(モデル企業は足利銀行)やミカドホテル(モデル企業は日光金谷ホテル)などの栃木県の企業の買収などの話があるので、上記のツイッターの画像の草原は日光にある戦場ヶ原で撮影したのかもしれません。

 

蒲郡クラシックホテル(愛知県)

 

こちらのツイートにあるように蒲郡市にある蒲郡クラシックホテルのロビーで撮影が行われたようです!

実際に蒲郡クラシックホテルロビーの画像を見てみるとジュータンや柱、照明が同じです!


出典:http://www.gamagori.jp/stay/detail_107_0_1_0_0.html

 

残念ながら現時点で他のロケ地や撮影場所の情報がアップされておりませんでした。

ただ、今後新たな情報が出てくると思うのでわかり次第紹介したいと思います!

エキストラ募集情報

ハゲタカ2018のドラマではTBSのエキストラ募集のようにいつどこで撮影があるのかは事前に発表されておりません。

事前にテレビ朝日のエキストラ応募サイトから応募し、テレビ朝日(制作会社(株)ジャンゴフィルム)から連絡があった場合のみ、エキストラとして撮影に参加できるようです!

 

まだ、2018年6月18日(月)現在、エキストラ募集サイトで下記のように記載があるので、

『テレビ朝日木曜ドラマ「ハゲタカ」では、ドラマの撮影にご協力いただける、エキストラの方を大募集いたします!』

現在もエキストラ募集は行っているようです!

 

募集対象について

・年齢性別は問いません。どなたでもご応募いただけます。(未成年の方は、保護者の承諾が必要です)
・複数名でご応募いただくことも可能です。お誘いあわせの上、ご応募ください。
※重複の応募は全て無効になりますので、お気を付けください。

 

撮影日時・場所・内容について

撮影の日時・場所・内容等の詳細は現時点では未定ですが、撮影期間は、2018年5月から2018年7月末を予定しています。

撮影日時等の詳細および集合時刻、集合場所は、当選のご連絡と共にお伝えいたします。

 

当選のご連絡について

当選のご連絡はご登録いただいた電話番号にご連絡させていただきますが、非通知設定でかけさせていただく場合もございます。

 

注意事項について

①テレビ朝日や番組スタッフや関係者を名乗る類似の連絡や勧誘にご注意ください。

また、そのような勧誘を防止するため、ご応募いただいた事実を第三者に口外することはお控えいただくことをお勧めいたします。ご連絡の有無に関するお問い合わせはご遠慮ください。

②ご連絡がなかった方は、撮影当日にお越しいただいた場合でもエキストラ参加、撮影の観覧はできません。

 

エキストラの応募方法

ハゲタカ2018のエキストラの応募方法を紹介しますね。

1:ハゲタカ2018エキストラ募集サイトにアクセス

こちらからハゲタカ2018のエキストラ募集サイトにアクセスしてください。

 

2:募集要項等に熟読する

募集要項や注意事項、個人情報の取扱い等について同意する。

 

3:応募フォームに入力する

応募フォームに必要事項を入力する。

この応募フォームにフリー入力で文字数2000文字まで入力できる箇所があるのでこちらにどういったことができるやエキストラ撮影参加への熱意などを記載すると連絡が来やすくなるかもしれません?!

 

4:同意して登録するにチェックし送信する。

エキストラ撮影参加の連絡がくるように祈って送信しましょう(笑)

ハゲタカ2018のあらすじ

2018年7月から放送されるテレビ朝日の「ハゲタカ」についてのあらすじですが、未だ4月期のドラマがすべて終わってないということもあり、公表されていません。

そこで2007年に放送されたNHKの「ハゲタカ」について内容をお伝えします。

内容的に大きく外れることはないと思いますので、参考にしてください。

 

鷲津政彦(NHK版は大森南朋さん主演、テレ朝版は綾野剛さん主演)は、バブル経済が崩壊した後、ある出来事をきっかけに「三葉銀行」を退職する。

渡米した後、投資ファンド「ホライズン・インベストメント・ワークス」日本代表に就任し帰国。

その後、ファンドマネージャーとして次々と日本企業買収を行う「ハゲタカ」という異名で呼ばれるようになる。

そして、三葉銀行の資産流動対策室の室長であり、鷲津の元上司であった芝野に再会。

銀行が抱えるバルクセール(保有債権のまとめ売り)を売る側と、買う側という様に。

その後、まるで運命に導かれるように2人は何度も衝突する。

更にドラマ後半には、鷲津が目指していた大手電機メーカーの買収(株式公開買い付け、TOB)に西野が名乗りを上げる。

西野はITベンチャー企業の社長であるが、実は実家の旅館「西乃屋」が鷲津によって売り飛ばされたことを転機に起業家に転向した過去を持つ。

西野にとって、鷲津は目標でもあり宿命のライバルでもあった。

というような内容になっています。

ハゲタカ2018も大まかにはこのような内容になっているのではないかと思います。

ただ、ハゲタカ2018のサイトを見ると、あらすじは公表されていないもののの、現代を加味したオリジナルストーリーも加えられるそうです。

今からどんなストーリーになるか楽しみですね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

このテレビ朝日のドラマで特筆すべきは、原作小説「ハゲタカ」「ハゲタカⅡ」で描かれた壮絶な企業買収の物語に加え、ドラマオリジナルとなるエピソードが登場する点です。

それは、原作者・真山仁さんが今回のドラマ化のために書き下ろした原案をもとに、2018年私たちと同じ時を生きる鷲津政彦が「何を見て何を思いどんな行動に打って出るのか―」そんな鷲津の現在を描いているという点です。

ちなみに、オリジナルストーリーは真山仁さんが今回のドラマ用に原案を書き加え、そして、古家和尚さんが脚本を加えて現代にアレンジされたストーリーとなっているようです!

「最強の企業買収者」と日本を震撼させた男が次々と革命を起こしていくことでしょう。

2018年7月から始まる“鷲津”劇場に乞うご期待です!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください