家売るオンナの逆襲7話のネタバレ感想!屋代の恋(不倫)の行方は?

家売るオンナの逆襲6話の放送では、万智に不満を感じている屋代が毎日帰宅時によるスーパーの美人店長(三郷楓)と新たな出会いがありましたね。

白洲美加が6話の最後に「はじまっちゃいましたね~」といっていたように、屋代と楓は今後なにかありそうな感じですね。

第7話では早速屋代と楓の距離が縮まるようです。

スポンサーリンク

第7話あらすじと出演ゲスト

『ウーマンプロジェクト』のメンバーに選ばれた三軒家万智。

ウーマンプロジェクトとはテーコー不動産が立ち上げた輝く女性社員の活躍をアピールするためのプロジェクトだった。

プロジェクトのメンバーはキャリアウーマンの朝倉雅美とワーキングマザーの宇佐美サキ。

この二人の家の不動産購入でバトルが勃発!

果たして万智は二人に納得のいく家の販売ができるのか・・・?

 

出演ゲスト

7話放送日 2月20日(水)
タイトル ライバルと家をかけたボウリング対決!!
ゲスト 三郷楓/真飛聖さん
朝倉雅美/佐藤江梨子さん
宇佐美サキ/佐津川愛美さん

 

7話ではテーコー不動産の女性社員に家を売るストーリーのようです。

最初に思うのは不動産会社の社員なんだから、自分で自社の物件を調べて、好きな物件を買えばいいんじゃない?って思ってしまうのは私だけでしょうか。

それを言ったら、物語にならないのでもともこもないですが・・・。

冒頭から話がそれてしまいましたね。

早速、7話のライバルと家をかけたボウリング対決!!のあらすじを考察してみたいと思います。

一部、個人的な憶測があるため放送と異なることもあるかもしれません

ネタバレ確定版は放送終了後に追記します。

 

テーコー不動産の輝く女性社員の活躍をアピールするために『ウーマンプロジェクト』なるプロジェクトに万智と朝倉雅美と宇佐美サキは選ばれ、ともにプロジェクトを進めることに!

価値観の相違から万智VS足立へ

雅美は結婚していても子供はいなくてよい、そして、仕事をバリバリ働き、キャリアウーマンとして活躍したいと思っており、一方のサキは働きながらも子供と一緒に暮らし、幸せな家庭がほしいワーキングマザーでいたいと思ている。

そんな二人の考えが一致するわけもなく、プロジェクトのミーティングをしていたが、時短勤務のサキはミーティングの最中にもかからず帰宅時間になったのでそそくさと退社。

そんなことがあり、雅美は万智に仲間意識があるようで、自分の家探しを依頼。

一方、サキも家を探しており、同期である足立に家探しを依頼していた!

 

足立は留守堂にサキの家探しの相談、アドバイスを受ける。

そして、足立がサキに紹介した物件は、万智が雅美に紹介していた物件であった。

家探しでも雅美とサキの価値観が相違する!

雅美は馴染みの鍼灸院に近いという理由

サキは保育園に近く育児がしやすいという理由

雅美とサキはそれぞれの理由に憤慨。

またこの家探しは万智と足立の対決へと発展する!

屋代の恋(不倫)の行方

万智がバリバリと仕事するなか、連日帰宅が遅いことに密かな不満をいだいている屋代は白洲美加のバイト先の上司(スーパーの美人店長)の楓と再開し、距離を縮め、ちちんぷいぷいに一緒に行くことに。

二人はそれぞれの考え、価値が一致していることに距離を縮めることでしょう。

屋代は万智がいながら不倫の道へ足を踏み込んでしまうかもしれないですね。

白洲美加が活躍?

雅美(万智)VSサキ(足立)の対決は留守堂の提案により万智と足立ボーリングで対決することに。

ボーリングがド下手な万智であることを知る庭野と雅美は負けを確信する。

そこでボーリングがめちゃくちゃうまい白洲美加が万智のボーリングが上手くなるように指導する。

 

白洲美加は万智がある程度うまくなるように指導するとは思いますが、日頃の恨みがあるため、やってはいけないファールなどわざと教えたりするかもしれません。

もしくは、万智のピンチを救うために変わりにボーリングすることもあるかもしれません・・・。

日頃の恨みからそれはないですね!

実際に万智はボーリング対決で負け、サキが家を購入するでしょう。

そして、雅美は価値観の変わるような出来事がおこるかも・・・。

7話のネタバレ確定版と感想

三軒家万智は輝く女性社員をアピールするために『ウーマンプロジェクト』のメンバーとなり、働くことが生きがいの雅美と育児しながら働くワーキングマザーのサキとともにプロジェクトを進めることに。

雅美はかつて屋代の部下で、一方のサキは足立の同期だった。

足立は最近、留守堂への思いが募り、その思いからか不動産の売買成績も下がっており、スランプに陥って悩んでいた。

 

既婚者だが子供はいらない主義の雅美とワーキングマザーである自分の価値が絶対と信じるサキ。

価値観が正反対の二人は意見が常に対立。

ウーマンプロジェクトでミーティングをしていても、価値観の違いから意見が対立していた。

adsense

スポンサーリンク

そんなミーティングのさなか、時短勤務のサキが時間になったことを理由に平然と帰宅する。

そのことに雅美は憤慨。

 

雅美はウーマンプロジェクトを通して、万智に仲間意識があり、万智に家探しを相談、依頼する。

一方、サキは同期の足立を通して、留守堂に家探しを相談。

 

懇親会を兼ねて雅美は万智をボーリングに誘う。

万智についてきた庭野と雅美はそれなりスコアをだすものの、万智は過去にボーリングをしたことない初心者で、投球フォームも両手投げだった!

当然のことながら、万智のスコアは

ドラマを見た人は思ったと思いますが、大人気女優にあのフォームをさせたのは監督スゴイなと思いましたね。

北川景子さんもよく演技を承諾したなとおもます。

 

一方、連日仕事で帰りが遅いことに不満を感じている屋代は1人でちちんぷいぷいへ。

そこで1人で飲んで、ココロに「ちちんぷいぷい」をしてもらっていると・・・。

例の小如く、白洲美加が登場!

白洲にキレる屋代。

そこに、屋代に嬉しいゲストを連れてきた。

そのゲストは6話で屋代がサバ缶の山崩れから救ったスーパーの美人店長の楓だった。

二人は価値観が似ているのか距離を縮める!

 

そこに万智とボーリングを終えた庭野がやってくる。

庭野は万智が超がつくほどのド下手であることを屋代に告げると、屋代は新宿営業所でボーリング準優勝の自分を誘わなかったのかと言い放つ。

庭野はそのことよりも、優勝が誰だったのかが気になり、確認する!

すると白洲が優勝者は私、ボーラーネイムは 『ダイナマイト☆美加』 だと告げる。

 

その時、足立は留守堂と恒例のフェンシングをして、更衣室で話してた。

話の最中に留守堂が万智の話がでると嬉しそうな顔をすると、切なくなる。

話している最中に突然の停電があると、足立は留守堂に抱きついていた。

 

日はかわり、万智と雅美は万智が勧めた物件の内見をしていた。

雅美は「馴染みの鍼灸院が近い」ということで物件を気に入る。

そんな中、留守堂がサキを連れて同じ物件の内見を同時刻にしに来る。

サキも「保育園が近く育児がしやすい」と理由で物件を気に入る。

二人はそれぞれの理由でこの物件を購入しようとしていることに激怒、激突する。

 

そこで万智はくじ引きで購入者を決めましょうと提案。

そのくじ引きには雅美がくじで勝てるように小細工をしていた。

当然、雅美がくじに勝つ。

留守堂はくじに細工してあること見抜き、万智も細工をしたことを認める。

そして、留守堂は万智と留守堂のボーリング対決で決めようと提案。

万智は考えがあるのか、ないのかその提案を承諾する!

 

万智は白洲がプロ並みにボーリングが上手いことを知っていたようで、白洲に特訓してくれるように電話するが、白洲は万智の電話だと知るとすぐに切る!

万智はなんど電話を切られようと電話をかけ続け、最後は白洲が折れ、ボーリングの特訓が開始。

白洲が何度指導してもいっこうに上達しない万智。

そのことに白洲は万智に「う○ち」と言い放つ!

万智は「う○ち??」を理解していなかった。

万智を うん どうおん  といっていたのだった。

結局、万智はボーリングは上達しなかったが、独自のフォームでの投球を編み出す。

万智が特訓を受けている一方、屋代は楓とライン交換をしていたようで楓から食事に誘われる。

これは女性からみたら不倫という意見もあるでしょう!!

屋代は一線を超えたのでした・・・。

 

ボーリング対決当日は新宿営業所のメンツが万智と留守堂の対決を見に来る。

新宿営業所のメンツや雅美は開始前から諦めていたが、独自の投球フォームを編み出した万智はストライクを連発。

一同が驚く!

一方の留守堂もきれいなフォームでストライクを積み重ねる。

それぞれがパーフェクトで10フレームを迎える。

万智は最後の投球で1本残してしまう。

一方の留守堂はストライクでパーフェクトを達成。

留守堂が買ったことでサキに不動産の購入権を獲得すると思われたところで、万智が留守堂の最後の投球でレーンのラインを超えたファールであることを指摘。

実際に留守堂はラインを超えており、ファールで299対290で万智の勝利となる。

このことに納得のいかないサキはワーキングマザーのつらさを主張するが万智に一喝される。

 

翌日、サキは『ウーマンプロジェクト』から降りることを街に告げる。

しかし、万智はサキに一軒家を紹介する。

この一軒家はサキの夫の職場に近く、旦那の会社では託児所ができることになっていた。

万智はこれからは夫にも協力してもらい『男性も仕事も家事もかがやけばよい』、『サキさんは輝いている』と告げる。

万智はサキの夫にもすでに話しており、サキの夫も登場し、理解した夫をみるとサキはホッとし涙を流す。

サキはこの家を購入すること決める!

万智は会社に戻ると、屋代とすれ違う。

屋代は楓のもとへ向かうところであった・・・。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

家売るオンナの逆襲7話のネタバレ感想と屋代の恋(不倫)の行方について紹介してきました。

放送終了後にネタバレ確定版をついきます。

家売るオンナの逆襲の最新話までのネタバレまとめ!全話無料動画を視聴する方法も

家売るオンナの逆襲も放送も残り僅かですが、最後まで放送を楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください