白い巨塔2019の相関図や視聴率とキャストは?面白くて過去最高傑作?




2019年山崎豊子さんの大作 『白い巨塔』 が岡田准一さん主演でリメイクされ、放送されます!

白い巨塔はこれまで何度か放送局やキャストを変え、放送されており、その度に「素晴らしい!」などの反響が多いです!

そこで今回は、歴代の白い巨塔の視聴率や主演や白い巨塔2019は過去最高に面白くて最高傑作なのかなど、この「白い巨塔」について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

白い巨塔2019のあらすじ

まず、白い巨塔のあらすじは以下のようになっています。

腹腔鏡手術のスペシャリストとして医学界に名を馳せる、浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎(岡田准一さん)。

逞しい体と精悍な顔つきに加え気さくな人柄は、付属大学の学生や医局員たちに慕われ、浪速大学のスター准教授として君臨していた。

 

ある夜、浪速大学・滝村名誉教授の喜寿を祝うパーティの最中、“スペ患”である近畿新聞会長・山田音市の容態が急変。

膵癌を患う山田は、執刀医に財前を指名する。

本来、山田は第一外科・東貞蔵教授の“スペ患”。

上司である東を差し置いて自分が執刀するわけには・・・と躊躇いを見せる財前だったが、心の中では期せずして舞い込んだチャンスにほくそ笑んでいた。

手術は無事成功し、財前には山田から高級ワインと数百万の現金が贈られる。

財前によって自分の“スペ患”が救われたことに、表面上では平静を装いながらも、東はその事実を苦々しく受け止めているのだった・・・。

 

そんな中、浪速大学医学部では東の退官に伴う教授選挙が近づいていた。

「君を次期教授に推薦しようと思う」――そう、恩着せがましく財前に囁く東だったが、その実、腹の内では財前ではない人物を、と考え始めていた。

その矢先、同期である第一内科・准教授の里見脩二から胃癌再発患者のカルテを見せられる。

財前の診断では、原発巣は胃ではなく膵臓。

再発は誤診断である、と指摘するが、その診断を下したのが、浪速大学医学部長の鵜飼裕次だとわかった途端、翻意する!

教授選に備え、上層部に楯突くようなことは避けようとする財前を非難する里見だったが・・・?

 

やがて、東が財前以外の人物を教授選候補に擁立することが判明。

財前は、義父である財前又一の財力と政治力を最大限に活かし、浪速大学医学部第一外科教授という悲願に向けてさまざまな工作を開始する。

欲望が渦巻く教授選は、思いもよらぬ展開へ・・・。

そしてその後も、過酷な運命が財前を翻弄していくことになる!

 

どの時代に見ても、ゾクゾクする内容になっていますよね。

何度もリメイクされる作品であることに納得です!

白い巨塔2019の登場人物の相関図や登場人物

白い巨塔2019の相関図

白い巨塔2019の相関図は作成でき次第アップします。
相関図はお待ち下さい。

 

白い巨塔2019の登場人物

財前五郎(岡田准一さん)・・・浪速大学医学部第一外科・准教授。

自分の診断には自信があり、プライドが高く、人の意見を聞き入れないところがある性格で、医者としての腕は確かだが、患者には事務的に冷たくあたる、医師である。

里見脩二(松山ケンイチさん)・・・浪速大学病院第一内科准教授。

財前五郎と同期で、医者の道を切磋琢磨して、成長してきた内科医である。

性格は患者の痛みを身体的にも一番に考え、人の心に寄り添う温厚な性格の医師である。

財前杏子(役者未定)・・・財前五郎の妻

沢尻エリカさんが演じる可能性がるようです。

東貞蔵(役者未定)・・・浪速大学病院第一外科教授→近畿労共病院病院長

財前又一(役者未定)・・・財前五郎の義親、財前産婦人科医院院長、浪速医師会副会長

東佐枝子(役者未定)・・・東教授の娘

里見三知代(役者未定)・・・里見の妻

山田音市(役者未定)・・・近畿新聞会長

鵜飼良一(役者未定)・・・第一内科教授・医学部長のち浪速大学学長

大河内清作(役者未定)・・・病理学科教授

花森ケイコ(役者未定)・・・財前五郎の愛人・大阪北新地で「アラジン」を経営するママ

柳原 弘(役者未定)・・・財前五郎の部下

佐々木庸平(役者未定)・・・自営業で弁当屋を経営する男性。

佐々木よし江(役者未定)・・・佐々木の妻で、弁当屋を一種に営む女性。

白い巨塔2019は面白くて最高傑作?

テレビ朝日が5夜連続のドラマスペシャルを制作・放送するのは、開局45周年記念スペシャルドラマ『弟』以来、15年ぶり。

数々の名作ドラマを手掛け、近年は映画界でも活躍し、紫綬褒章、旭日小綬章を受賞した巨匠・鶴橋康夫さんを監督に、脚本には日本アカデミー賞を受賞した羽原大介らを迎え、開局60周年にふさわしいスケールとスタッフで人間ドラマの最高傑作を作り上げるそうです。

また今作では物語の設定を1960年代の設定を2019年に置きかえ、現代の最新医療ならではの、今までにない新たな『白い巨塔』の世界を醸成していきます。

そして、岡田演じる財前を取り巻く個性豊かなキャラクターには、豪華キャストが続々決定しています!

豪華キャストで放送されるので、過去の白い巨塔を凌ぐ、傑作ドラマになること間違いないでしょう!

どうぞご期待ください!

歴代の白い巨塔視聴率と主演

過去にこれまで放送された白い巨塔の視聴率と主演を紹介しています。

白い巨塔2019はこれまでの放送を超える傑作となるのでしょうか。

放送年 放送局 主演 視聴率
1967年 NETテレビ(現テレビ朝日) 佐藤慶さん 情報なし
1978年 フジテレビ 田宮二郎さん 31.4%(最終回)
1990年 テレビ朝日 村上弘明さん 情報なし
2003年 フジテレビ 唐沢寿明さん 23.89%(関東)、26.05%(関西)
2007年(韓国版) 韓国MBC チャン・ジュンヒョクさん 23.2%(最高視聴率)
2019年 テレビ朝日 岡田准一さん

 

スポンサーリンク

まとめ

いよいよ始まる岡田准一さん主演の白い巨塔2019!

大ベストセラー小説がスペシャルドラマとして新たに誕生します。

時代設定を現代医療に合わせ、何から何まで魅力いっぱいのドラマ、白い巨塔2019!

本当に待ち遠しくて仕方ありませんね。

放送を期待して待ちましょう!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください