2018年冬灯油が高いいつまで続く?安く入れる方法は?




どうも、こんにちは。
足長パパです。

我が家では家の暖房器具として石油ファンヒーターを使っております。

その石油ファンヒーターの灯油がなくなったので、タンクに入れようととしたら灯油がないのです!

そこで灯油を買わなければと思い灯油を買いに行ったのですが、灯油を購入したところ、灯油が非常に高かったです(T_T)

なぜ、この冬は灯油が高いのでしょう?

私以外に灯油が高いと思っていらっしゃる方は多いと思うので、私なりに灯油が高い理由を調査してみました!

スポンサーリンク

2018年1月の灯油価格は?

私が住む北関東の灯油価格は高いと思います。

私の済むエリアだけたかいのでしょうか?

2018年の全国の灯油価格はいくらぐらいなのか調べてみました!

今週の全国平均の灯油価格は18リットル1551円です。(2018年1月15日現在)

1リットル当たり86.1円です。

これは高いですね!

【関連記事】

2018年ガソリンが高い理由は?高騰はいつまで?

2018年冬の野菜が高い理由は?高騰はいつまで?

灯油が高い理由は?

2018年冬の灯油価格はなんでここまでたかいのでしょうか。

ここまで高騰するのは理由があるようです!

灯油は原油から精製されて製造されます。

そのため灯油価格は原油価格に基づいて原油価格が決定されいます。

現在、原油価格が高騰そうしているので灯油価格も連動して高騰しているのです!

原油価格が高騰している理由は原油産出国のOPEC加盟国と非OPEC加盟国(ロシアなど)が原油の生産を減産することに合意をしたためです!

そのため原油もガソリン、灯油、軽油なども高騰しています。

灯油価格高騰はいつまでつづく?

先ほど原油価格が高騰しているため、灯油価格も高騰していることは先ほど紹介しました。

灯油価格の高騰はいつまでつづくのでしょうか。

この高騰は今年いっぱい続くと思われます。

というのもOPEC加盟国とロシアをはじめOPEC非加盟国が2018年末まで原油の減産の合意をしているた原油価格の高騰は続きます。

灯油を安く入れる方法は?

灯油価格の高騰が続くのであればできるだけ灯油を安く手に入れるしか方法しかありません。

安く入れる方法は知りたいですよね!

灯油価格を安く入れる方法いくつかります!

・配達でなく店頭で購入する!

・ガソリンスタンドでなくホームセンターで購入する!

・ガソリンスタンドの場合はセルフサービスを利用する!

・県境に住んでおり、近隣の県が安いのであれば近隣の県で購入する。

スポンサーリンク

まとめ

これからも灯油の高騰は続くと思います。

しばらくは我慢ですね。

参考までに灯油が安い県を5県(※2018年1月15日現在)を紹介します。

【店頭】

1位:岩手県 1,457円

2位:宮城県 1,463円

3位:岡山県 1,479円

【配達】

1位:岩手県 1,553円

2位:秋田県 1,566円

3位:青森県 1,573円

スポンサーリンク

関連記事



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください