ワンスアポンアタイムインハリウッドのあらすじやネタバレ考察!結末や映画の評価・評判も

1994年に公開された「パルプ・フィクション」でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した、名監督クエンティン・タランティーノの最新作「ワンスアポンタイムインハリウッド」が、いよいよ今夏8月30日に封切り!

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演!

1969年のハリウッドを舞台にレオナルド・ディカプリオ演じる売れない俳優と、ブラッド・ピット演じる、その売れない俳優のスタントマンがハリウッド復帰を目指す友情ストーリー

また、第72回カンヌ映画祭のコンペティション部門にも正式出品中の話題作。

今回はそんな「ワンスアポンタイムインハリウッド」のあらすじやネタバレ考察、公開前の評判などをご紹介します。

スポンサーリンク

ワンスアポンアタイムインハリウッドのあらすじ

 

名監督クエンティン・タランティーノ約5年の歳月をかけて脚本を執筆したという「ワンスアポンタイムインハリウッド」では、タランティーノ自身が育った1960年代のハリウッドが舞台となっています。

本作のネタバレを厳しく禁じているタランティーノですが、5月21日のカンヌ国際映画祭でワールド・プレミアされ、予告編も公開されました。

それに伴い、少しずつ物語の舞台や内容が明らかになってきています。

まずは「ワンスアポンタイムインハリウッド」のあらすじから見ていきましょう。

 

「ワンスアポンタイムインハリウッド」の舞台は、1969年のハリウッド

ヒッピーが一つの大きなブームとなっていた時代です。

主人公は、若きころにTVドラマで人気を博した俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)とそのスタントマン兼運転手を長年務めるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)の2人。

かつての人気を失ってしまったリックとクリフが、1960年代に活躍した実在の人気女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)エージェントのマーヴィン・シュワルツ(アル・パチーノ)との交流の中で再起を目指します。

 

ストーリーの詳細はまだ明らかになっていませんが、公開されている予告編やFacebookの情報からは、当時のハリウッドの克明な再現度を見てとることができます。

また、「映画オタク」としても知られるタランティーノらしく、作中には過去の映画の引用やオマージュが散りばめられているようです。

映画に詳しくない方も、豪華俳優陣のコミカルかつ緊迫感のある演技で楽しめるでしょうし、映画好きの方にとっては何度も映画館に足を運びたくなる作品であることは間違いありません。

 

ワンスアポンアタイムインハリウッドのネタバレ考察と結末

「ワンスアポンタイムインハリウッド」は、一見ハリウッドで成功を目指す男たちの友情ストーリーのように思えますが、実は「1969年」という年と「シャロン・テート」という実在した登場人物がストーリーに大きな影響を及ぼすと考えられています。

主人公の一人リックは、シャロン・テートと、その夫・映画監督ロマン・ポランスキーの自宅の隣の家で暮らしている設定となっている。

 

シャロン・テートもロマン・ポランスキーも実在した人物だが、1969年に大きな事件に巻き込まれています。

2人は1969年8月9日に、カルト集団のカリスマ的指導者チャールズ・マンソンの信奉者たち3人によって惨殺されたのです。

当時2人はハリウッド界で知らない人がいないほどの人気を博しており、さらにテートは当時妊娠していたこともあって、この事件は全米の人々の悲しみを誘いました。

 

予告編では、殺人事件を匂わすような描写はないのですが、登場人物としてマンソンのカルト集団の信奉者であるリネット・スクィーキー・フロム(ダコタ・ファニング)やチャールズ・マンソン(デイモン・ヘリマン)が出てくることが明らかになっています。

このような情報から、「ワンスアポンタイムインハリウッド」では、2人の男の再起をかけた友情ストーリーと実際に起きた殺人事件が複雑に絡み合って展開していくと見られています。

ワンスアポンアタイムインハリウッドの評価や評判

タランティーノがネタバレ厳禁としていること、アメリカ本国での公開からあまり間があいていなこともあり、まだ内容に深く踏み込んだ評価の声は聞こえてきません。

しかし、豪華俳優陣が出演していることと、タランティーノが非常に精力を込めて製作に臨んだことから、公開前からアメリカだけでなく、日本でも大きな期待の声があがっています。

タランティーノは、自身がインスパイアされた子ども時代のハリウッドを舞台にしたこともあり、その強い思い入れから、本作が高評価を得たら監督を勇退すると述べています。

タランティーノがそこまでの覚悟と勇気をもっている作品というだけで、ワクワク感が高まってきます。

スポンサーリンク

まとめ

「ワンスアポンタイムインハリウッド」は、間違いなく2019年を代表する作品となるはずです。

まだまだ明らかにされていないことが多く、謎のベールに包まれていますが、そのおもしろさは折り紙付きです。

公式ホームページでこれから掲載される新情報にも注目です。

「ワンスアポンタイムインハリウッド」、8月30日より全国の映画館にて解禁されます。ぜひ映画館に足を運んでみてください。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください