アップルの新しいiMac Proの性能と価格すごい?誰向けなの?

どうも、こんにちはー!
足長パパです。

Appleは6月5日(日本時間6月6日)に新しい iPad Pro、iOS、macOS、watchOS、
tvOS、 新しい iMac、MacBook、MacBook Pro、HomePodの商品発表会が行われました。

Appleの新商品発表会は世界中のメディアを呼び、発表するので、発表がすぐさま世界中
に配信され、話題を呼びますね!

今回も日本時間の夜中の発表だったのにかかわらず、多く方がツイッターなどで
反応しています。

午前3時頃だというのに約3000人の方がツイッターで反応していました。ツイッターで
反応しなかった人も含めるともっといるでしょう。それに寝てた方もいるでしょうから
今日の日中にはもっと反応があると思います。

その中でももっとも反応が大きかった『iMac Pro』が凄いと反応が大きいので、
なにが凄いのかをまとめてみました!

[ad#1]

新しいiMac Proのスペック

モニター:27インチ5Kモニター
プロセッサー:Xeon(8・10・18コアから選択)
メモリー:最大128GB
ストレージ:最大4TBのSSD
グラフィックス:最大11テラFLOPS
半精度22テラFLOPSのRadeon Vega graphicsを装備
インターフェース:
Thunderbolt 3×4、IEEE 802.11ac無線LAN、
Bluetooth 4.2、SDカードスロット、10ギガビットイーサネット

私はそこまでパソコンなどに詳しくないですが、上記のスペックを見ただけでも
性能がスゴイことがわかります。

Appleも『Mac Proシリーズのパフォーマンスを超え「全てのMacで最もパワフル」』と
コメントを出しています。

性能もスゴイですが、価格もすごいです!

なんと4999ドルからというので日本円で約50万からです

新しいiMac proのなかで一番性能が低いものを買ったとしても50万、一番性能が良い
ものであれば55万とか60万とかするのではないでしょうか!

新しいiMac proは誰向けなの?

新しいiMac proは誰向けなのでしょうか?

iMac proはメディアやアニメーター、ミュージシャン、ソフトウェアディベロッパー、
科学者などのあらゆる専門性が高い仕事している方、いわゆるプロの仕事を
されている方たちハイエンドユーザーの向けの
商品です。

世間の反応は?

などなどのツイートが寄せられています。

やっぱり欲しいけど、50万円は無理って思いますよね!

AppleはAppleでプロの方たち、ハイエンドユーザーをターゲットにしているので
それでも売れると読んでいるのでしょう。

実際に私もプロの方たちには売れると思います。

[ad#2]

まとめ

 

・AppleがiMac proを含む、新しい新商品を発表

・新商品は12月に発売される予定

・iMac proは高性能で高価格であるがターゲットはプロなどのハイエンドユーザー

Appleとしても意図的に話題性を出すように発表しているとは思いますが、
Appleの新商品発表会はやっぱり毎回話題性がありますね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください