TOKIO松岡昌宏が謝罪会見で坊主だった理由は?発言コメントが男らしくてかっこいい?




どうも、こんにちは。
足長パパです。

 

TOKIOのメンバーの山口達也さんの事件発覚後、TOKIOメンバー5人で話し合いがあったようですね。

そして、本日(2018年5月2日)に山口達也さんを除く、TOKIOのメンバー4人が謝罪会見を開きました!

TOKIOの謝罪会見で 松岡昌宏さんが坊主だったり、目が異様に赤かったですね 

これはどうゆう理由があるのでしょうか。

 

また、ジャニーズ事務所のタレントが謝罪会見していますが、ジャニーズ事務所の経営陣が謝罪会見を開かないはなぜなのでしょうか。

今回はそのあたりを調査してみました!

スポンサーリンク

松岡昌宏さんが坊主や目が赤い理由

TOKIOメンバーの謝罪会見は、どのメンバーも山口達也さんの事件に対して許されるものでないとし、とても神妙で世間対する謝罪の思いが込められていました。

 

そんなTOKIOメンバーの謝罪会見で松岡昌宏さんだけが坊主であり、また目が異様に赤かったりしていました。

これはどういうことなのでしょうか。

 

映像をみたときに、松岡昌宏さんが坊主!?

これは自分に厳しい松岡昌宏さんなりの謝罪の意図があるのかと思ってしまいます!

しかし、さすがにそれは違ったようでした。

 

松岡昌宏さんは金曜ナイトドラマ『家政夫はミタゾノ』 三田園 を演じており、その三田園役でカツラを被るのでカツラをかぶりやすいようにその役作りために坊主にしていたようです。

ミタゾノの撮影は半分くらい終わっているようなので、さすがに髪の毛が若干の伸びたようです。

坊主も似合うのはやっぱりカッコイイということですよね!

 

松岡昌宏さんは謝罪会見でも他のメンバーよりも目が異様に赤かったです。

自分とTOKIOに対して厳しい松岡昌宏さんだからこそ、感極まって涙し、その思いが目に現れたのかもしれません!

ただ、役者さんでもあるのでより感極まって涙した演技とも思ってしまいます。

またそういった表情をみせるためメイクで顔を少し青白くしていたとも・・・。

 

ただ、TOKIOメンバーの自分たちがこれまで築き上げてきたものが一つのことで崩れてしまったことは非常に残念です。

今回の山口達也さんの行動は重大な罪がありますね。

松岡昌宏さんの辛辣なコメント

事件を起こした山口達也さんを除くTOKIOのメンバー4人は本日(2018年5月2日14:00~)時間無制限(実際には約90分間)で山口達也さんの事件に対する謝罪会見を開きました。

この謝罪会見のなかで松岡昌宏さんのコメントが辛辣だが、的を射ていて男らしいと話題になっています。

謝罪会見で松岡昌宏さんはどのようなコメントをされたのでしょうか。

 

今回のうちの山口の事件で、本当に被害をお受けになった方、そのご家族の方、そして今までTOKIOを支えてくださったいろいろな関係者の方々、ずっとTOKIOを応援してくださったファンの方々、本当にいま、申し訳なく、情けない気持ちでいっぱいです。

皆さんが山口の会見をご覧になって、ご指摘されていた「自分にまだ席があるなら、そこに帰りたい」という発言を、自分で目にしたときに、山口の、彼の甘ったれた意見はどこから生まれるものなんだろうと、正直思いました。恐らくあのときの彼は、自分が崖っぷちではなく、自分が崖の下に落ちていることに気付いていなかったと思います。

そういったいろんなことから生まれてくる甘えが、その根源は何だろうとずっと考えました。TOKIOに戻りたい、俺にはTOKIOがある、TOKIOに帰る場所がある。もしそういう気持ちが少しでも彼の中にあり、その甘えの根源が僕らTOKIOだったとしたら、これはあくまで自分の意見ですけれども、そんなTOKIOは一日も早くなくしたほうがいいと思います。

僕がテレビを見ていたらそういう視聴者の一人になっていたと思いますので、それを思いながらずっと、メンバーにも会えず考えていくなかで、その一方、本当に情けなく、申し訳ないのですが、ありがたいことに、番組継続、いろんなお仕事継続という声をいただいたときに、いま僕ら4人ができるのは何だと思う? と。それをしっかり果たすことがプロなのではないかという、その間で戦ってます。

やめるのは簡単だと思います。ただ、与えられたことはきちっとやらなければならないのがプロだと思ってます。いま自分の中ではまだ全然整理ができていませんが、皆さんに聞かれたことはすべてお答えしようと思っていますので、何でも聞いてください。
出典:http://news.nicovideo.jp/watch/nw3480686

 

松岡昌宏さんのコメントをみると、確かに辛辣です!

「甘えの根源が僕らTOKIOだったとしたら、これはあくまで自分の意見ですけれども、そんなTOKIOは一日も早くなくしたほうがいいと思います。」とコメントしています。

この言葉はそう簡単に出る言葉ではないと思います!

松岡昌宏さん自身が自分やTOKIOに対して相当厳しい方なのがわかります。

 

松岡昌宏さんは冒頭のコメントの他に質疑応答の場面で、山口達也さんを含めたTOKIOのメンバー5人で話し合いをした際に、山口達也さんに向かっても厳しい言葉を浴びせたとこを語っていました!

会社宛てに書いた辞表を出した山口達也さんに対して「それはずるい!」

さらには

正直、あなたは病気です。だから、自分のおかれている立場と今後のことをちゃんと向き合ってくれ!」

このように自分に厳しい松岡昌宏さんだからこそ出た言葉であると思います!

ジャニーズ事務所経営者が謝罪会見をしないのは理由は?

【関連記事】
山口達也メンバーの意味と由来は?過去にメンバーと隠語で呼ばれたタレントは?

TOKIOメンバーの謝罪会見に対しては好意的な意見がある一方で、一部の方からはジャニーズ事務所に対して批判的な意見があります。

 

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の書面で謝罪はしましたが、事務所の所属タレントが起こした事件に対して、経営陣が謝罪会見をせず、所属タレントに謝罪会見をさせる対応はいかがなもかと!

確かに、一般の会社であれば不祥事や社員が起こした事件に対して所属している会社の経営者ないし管理職が謝罪会見を開いたりします。

そう考えるとこの対応はちょっとと思いますね!

 

ではなぜジャニーズ事務所の経営陣が謝罪会見をしないのでしょう。

これは憶測でしかないのですが、ジャニーズ事務所内には 「自分、自分たちが起こした事件や騒動は自分たちので拭う(処理する)」 という暗黙のルールがあるのかもしれません!

過去には今はなきSMAPの解散騒動の時も結局は騒動を起こしたとされるSMAPのメンバーがテレビ番組の冒頭で謝罪をしてましたね。

この「自分、自分たちが起こした事件や騒動は自分たちので拭う(処理する)」ということがジャニーズ事務所にあったら、経営陣にはタレントの管理責任の欠如というものがあるかもしれませんね。

これはあくまで個人的憶測にすぎないのでご容赦ください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は山口達也さんが起こした事件に対するTOKIOの謝罪会見で松岡昌宏さんが坊主頭だったり、他のメンバーより目が異様に赤い理由についてや松岡昌宏さんの辛辣なコメントについて、そして、ジャニーズ事務所の経営陣が謝罪会見を開かないのはなぜか考察してみいました。

今後のTOKIOが解散してしまうのか、山口達也さんが脱退してしまうのかどうかはTOKIOメンバーとジャニーズ事務所の経営陣によって決まると思います。

TOKIOの今後については注目したいたいと思います。

山口達也さんにはしっかり反省して欲しいですね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください