39光年先に知的生命体が存在する可能性!実際にどのくらい離れている?




皆さん、宇宙には私たち以外に文明などを
気づくことができる知的生命体がいると思いますか?

私の意見ですが、この広大な宇宙には地球以外に
知的生命体がいると思います。

人間のような姿をしているのか、それとも、タコのような姿を
しているのでしょうか?
気になることがいっぱいです。

本日、衝撃的なニュースがとどきまた!

NASA(航空宇宙局)が地球から39光年離れたところに
地球に似た太陽系外惑星7つを発見したと発表しました。

39光年先に地球のような星が存在する!

みずがめ座の方角に39光年離れたところに
地球に似た太陽系外惑星7つが存在するということです。

この7つの惑星はトラピスト1という恒星の周りをまわっており、
大きさは地球の0.76~1.13倍ということです。

そのうち6つは地球に似た質量で岩石でできているとみられ、
さらにそのうちの3つには地表に水が液体のまま存在する
可能性が高いということです。

これらの惑星はトラピスト1(恒星)から程よい距離にあり、
ハビダブル(生命が住むのに適した)ゾーンにあるそうです。

水が蒸発するほど暑すぎたり、凍るほど寒すぎたりすることはないそうです。

39光年とはどのくらいはなれている。

39光年とは光の速さでも39年かかる距離です。

1光年は約9兆4600億キロメートルです。

39光年とは、

約9兆4600億キロメートルX39年=約368兆9400億キロメートル

です。
遠すぎてあまりイメージがつきません!

それでは具体的にイメージができるようにしてみます。

①地球の何倍

地球の直径が1万2742キロメートルです。

地球が289億5463万8204倍ほどの距離です。

これでもちょっとよくわかりませんね。

②地球からの月までの距離ではどうでしょうか。

地球から月までの距離は38万4400キロメートルです。

地球から月までの距離の95978万1477倍ほどの距離です。

相当離れているのはわかりますが・・・。

③それでは地球から太陽までの距離ではどうでしょうか。

地球から太陽までの距離が1億4960万キロメートルです。

地球から太陽までの距離の246万6176倍ほどの距離です。

ある程度イメージできました!
39光年というと近いように感じますが、やっぱりキロメートルになると
相当離れていることがわかりますね。

知的生命体が存在することのできる星がこの距離ですから、
もしかすると思っている以上に地球外生命体と遭遇する確率は
より高くなったかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください