2019年カレンダー祝日に天皇誕生日がない?GW10連休実現の可能性は?




どうも、こんにちは。
足長パパです。

現天皇(明仁天皇)が来年(2019年/平成31年)4月30日で退位し、新天皇(現皇太子徳仁親王)が5月1日に即位することが決まりました!

2019年(新元号未定)5月1日が即位の礼(皇太子が新天皇として即位する行事)が行われます。

このことで2019年GWは10連休になるのではと報道されたりしています。

2019年の国民の祝日が国立天文台や内閣府の資料からわかりましたので、2019年の国民の祝日や2019年GWが10連休になるのか調査したいと思います!

スポンサーリンク

2019年の国民の祝日は?

国立天文台の年歴要項や内閣府の資料により、2019年(平成31年、平成31年5月からは新元号の予定)の国民の祝日が判明したそうです。
まだ、一部の日付は祝日になるかどうか決まっていないようですが・・・。

国立天文台の年歴要項や内閣府の資料をみると2018年と2019年の祝日の比較資料


出典:内閣府

現天皇(明仁天皇)の誕生日が12月23日、新天皇(現皇太子徳仁親王)の2月23日となるため、2019年にはカレンダーに天皇誕生日はありません。

そのため、現時点で発表されている2019年の祝日は、2018年の祝日と比べると1日少ない15日となります。

例年よりも休日が少ない年はガッカリですよね!

2017年はそれが顕著で国民の祝日が土曜日にあり3日ほど例年より休日が少なかったですね。
(祝日の振替休日は日曜日でないと行われない。)

【関連記事】

トランプ大統領の夕食会会場は銀座の有名鉄板焼店?ドクターXでも使用されている?

新天皇即位日が5月1日なのはなぜ?

現天皇(明仁天皇)が2019年(平成31年)4月30日に退位され、新天皇(現皇太子徳仁親王)が5月1日に即位するのは、来年の元旦や新年度にあたる4月1日からでないのはなぜなのでしょう。

調べたとこによると来年の年始めの元旦や新年度の4月1日ですと国民生活に支障をきたすことが理由のようです。

来年元旦ですと新年が明けて正月を家族や親族で新年を祝ったりするため、人の移動がなにかとあり混雑していることが無理な理由のようです。

新年度初日となる4月1日ですと、人事異動や新入社員の入社式などがあり、人の移動があり混雑するということです。

また来年4月には統一地方選挙などもありことから4月の新天皇(現皇太子徳仁親王)の即位の案はなくなりました。

天皇即位日は祝日でGWは10連休?

新天皇(現皇太子徳仁親王)の即位日・即位の礼が行われるのが2019年5月1日となります。

5月1日はGW期間中ですが、平日で水曜日となります。

となるとGW期間中とは言え、平日なので一部の会社員や自営業者など以外は仕事をすることになります。

通常通りの経済活動が行われるので、交通の混雑などもあり即位の礼を行うのは厳しいです。

そのため、現天皇(明仁天皇)の即位の礼が行われた1990年11月12日の例に伴い、5月1日を祝日(臨時の休日)にさせる可能性が高いようです。

5月1日が祝日となると祝日法の関係で祝日に挟まれた間の日(4月30日と5月2日)は祝日になります。

5月1日がまだ祝日(臨時の休日)の祝日になるのかどうかわかりません。

ただ、私のあくまで予想ですが、来年5月1日は祝日になるのではないかと予想しています。

経済的影響もあると思いますが、2019年は天皇誕生日の祝日がないので5月1日は祝日し、2019年のGWは祝日になるのではと予想しています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は現天皇(明仁天皇)の退位にともない、2019年5月1日に新天皇(現皇太子徳仁親王)が即位することにより、2019年には天皇の誕生日がないこと、そのことで2019年のGWは10連休になるのではとの予想記事を書かせていただきました。

・2019年カレンダーに天皇誕生日の祝日はない

・5月1日は即位の礼が行われ祝日になる可能性大

・2019年のGWは10連休になると予想

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください