グレイテストショーマンのネバーイナフを歌っている女優はレベッカ・ファーガソン!演技や歌が上手い理由についても

2018年2月に日本で公開された「グレイテストショーマン」

実在した興行師P・T・バーナムを主人公に据えた、伝記的ミュージカル映画です。

フリーク・ショー(見世物小屋)で働く、様々な事情を抱えた人々がその運命に向き合うひたむきな姿や、「ラ・ラ・ランド」の音楽を手掛けたベンジ・パセックらが音楽制作に関わったことでできあがった素晴らしい音楽の数々が話題を呼び、日本では50億円を超える興行を達成しました。

 

「グレイテストショーマン」には、印象的な歌唱の場面が多く存在します。

その中でも、主人公のバーナム(ヒュー・ジャックマン)に好意をもつ、ヨーロッパ一と謳われるオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)「ネバーイナフ」を歌うシーンは、登場人物の様々な心情を読み取れる大事なシーンであり、強い感動を残してくれます。

今回は、そんな印象的なシーンの中核を担うジェニー・リンドを演じる、レベッカ・ファーガソンについてご紹介します。

スポンサーリンク

レベッカ・ファーガソンのプロフィール

プロフィール
名前(本名):レベッカ・ルイザ・ファーガソン・サンドストローム
生年月日:1983年10月19日
出身:スウェーデン
身長:170cm

 

レベッカ・ファーガソンのキャリアのスタートはモデルでした。

女優として注目を浴びたのは、2013年のテレビドラマ『The White Queen』での出演です。

主演を務めた同作で、第71回ゴールデングローブ賞ミニシリーズ・テレビ映画演技賞の主演女優賞にノミネートされました。

代表作は、2015年のクリストファー・マッカリ―監督の「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」です。

この作品への出演をきっかけに、多くの映画に出演するようになります。

 

今現在、さらなる活躍が期待されている女優の一人として注目を集めています。

多くの作品に精力的に出演しているレベッカですが、実は子どももおり、子育てと仕事を両立しているという一面もあります。

adsense

スポンサーリンク

関連:グレイテストショーマンの地上波放送はいつ?あらすじや感想についても

レベッカ・ファーガソンの演技が上手い理由

「グレイテストショーマン」の「ネバーイナフ」の歌唱シーンでは、レベッカの演技に胸を打たれた人も多いのではないでしょうか

 

彼女の魅力の一つとして、迫真の演技ができるという点が挙げられます。

そのような演技ができるのは才能ではなく、実は並々ならぬ努力の賜物だということが知られています。

そのことは、レベッカの代表作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」の撮影秘話から窺うことができます。

レベッカは、主人公イーサン(トム・クルーズ)の敵役スパイのイルサという役で出演しています。

このイルサ役を決めるにあたり、トム・クルーズは「スタントなしでアクションができる女優にお願いしたい」という要望を出します(トムもスタントなしでアクションを行っていることで有名です)。

そのような経緯を知った上で、イルサ役を務めることとなったレベッカは、週に6日、6時間ものトレーニングを行ったと言われています。

レベッカは、トム以上に早く走りたい、という強い意気込みでトレーニングと撮影に挑み、見事イルサを演じ切りました。

 

そのほか、2017年に公開された「ライフ」という宇宙を舞台にしたSF映画でも、共演した真田広之にワイヤーを用いた動き方を教えてもらったというエピソードもあります。

常に高い向上心をもち、実際に行動に起こすバイタリティーがあるからこそ、レベッカの演技は磨き上げられ、観ている私たちにも感動を与えてくれるのだと思います。

レベッカ・ファーガソンの「ネバーイナフ」の歌が上手い理由

ストイックで力強いレベッカですが、「グレイテストショーマン」を観ると歌の実力も相当なものだと思われます

 

しかし、実は「ネバーイナフ」は吹き替えで、アメリカ歌手のローレン・オルレッドが歌っています。

レベッカも音楽学校に通っていた過去があるため、当初はレベッカ自身が歌う予定だったのかもしれませんが、「ネバーイナフ」の仮歌を入れたオルレッドの歌声がイメージとぴったりだったため、オルレッドの歌が使われることになったようです。

オルレッドは音楽一家に生まれ、ポップス歌手を目指してオーディション番組などを受けていましたが、なかなか花開く機会に恵まれませんでした。

「グレイテストショーマン」での大抜擢に、レベッカも協力し、オルレッドはレベッカからしゃべりの訛りのアクセントを直接教わり、レベッカもオルレッドの歌に合わせて歌う演技の練習を重ねました。

結果、演技に妥協しないレベッカと地道に力を蓄えてきたオルレッドの演技と歌が見事に調和し、あの名場面を生み出したのです。

スポンサーリンク

まとめ

レベッカ・ファーガソンは、ここ数年で出演機会が増えてきた注目の女優です。

「グレイテストショーマン」でも、彼女らしい妥協のない演技で見事重要な役柄を演じきっています。

これから「グレイテストショーマン」を観る人も、もう一度観なおす予定の人も、ぜひ「ネバーイナフ」のシーンに注目していただければと思います。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください