箱根駅伝2018で7年ぶりの優勝を狙う早稲田大学は強い?区間配置と順位予想

どうも、こんにちは。
箱根駅伝ファンの足長パパです。

私に限らず箱根駅伝ファンは多いことでしょう。

箱根駅伝2018に出場する大学のエントリー選手が12月10日に発表されました!

各大学も今のベストメンバーをエントリー選手として登録しています。

そんな各大学のエントリー選手から箱根駅伝2018の各大学の区間配置予想と順位予想
をしてみたいと思います!

今回は7年ぶりの優勝をめざず早稲田大学について紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝2018出場校

すでにほかの記事でも紹介していますが、念ため箱根駅伝2018の出場校を今一度
確認しておきましょう。

1:青山学院大学(10年連続23回目)

2:東洋大学(16年連続76回目)

3:早稲田大学(42年連続87回目)

4:順天堂大学(7年連続59回目)

5:神奈川大学(8年連続49回目)

6:中央学院大学(16年連続19回目)

7:日本体育大学(70年連続70回目)

8:法政大学(3年連続78回目)

9:駒澤大学(52年連続52回目)

10:東海大学(5年連続45回目)

11:帝京大学(11年連続19回目)

12:大東文化大学(6年連続49回目)

13:中央大学(2年ぶり91回目)

14:山梨学院大学(32年連続32回目)

15:拓殖大学(5年連続39回目)

16:國學院大學(2年連続11回目)

17:国士舘大学(2年連続46回目)

18:城西大学(2年ぶり14回目)

19:上武大学(10年連続10回目)

20:東京国際大学(2年ぶり2回目)

21:関東学生連合(オープン参加)

記載順についてですが、1位~10位までは前回大会の順位順で、11位~20位は2017年
10月に行われた箱根駅伝予選会の順位順となっています。

【関連記事】

箱根駅伝2018で東洋大学は4年ぶりの優勝なるか?区間配置と順位予想

箱根駅伝2018の優勝は東海大学?区間配置と順位予想

早稲田大学エントリー選手

石田康幸(イシダヤスユキ)4年

浜松日体高校(静岡県)

10000m:29分29秒

ハーフマラソン:1時間3分28秒

2017年箱根駅伝:6区12位

河合祐哉(カワイユウヤ)4年

時習館高校(愛知県)

10000m:29分56秒

ハーフマラソン:1時間4分53秒

2017年箱根駅伝:出場なし

谷口耕一郎(タニグチコウイチロウ)4年

福岡大大濠高校(福岡県)

10000m:30分25秒

ハーフマラソン:1時間4分09秒

2017年箱根駅伝:出場なし

藤原滋記(フジワラシゲキ)4年

西脇工業高校(兵庫県)

10000m:29分3秒

ハーフマラソン:1時間3分22秒

2017年箱根駅伝:出場なし

光延誠(ミツノブマコト)4年

鳥栖工業高校(佐賀県)

10000m:29分3秒

ハーフマラソン:1時間3分44秒

2017年箱根駅伝:9区7位

安井雄一(ヤスイユウイチ)4年【主将】

市立船橋高校(千葉県)

10000m:29分7秒

ハーフマラソン:1時間2分55秒

2017年箱根駅伝:5区4位

小澤直人(オザワナオト)3年

草津東高校(滋賀県)

10000m:29分40秒

ハーフマラソン:1時間6分56秒

2017年箱根駅伝:出場なし

清水歓太(シミズカンタ)3年

中央中等高校(群馬県)

10000m:29分24秒

ハーフマラソン:1時間3分8秒

2017年箱根駅伝:10区9位

永山博基(ナガヤマヒロキ)3年

鹿児島実業高校(鹿児島県)

10000m:28分25秒

ハーフマラソン:1時間2分55秒

2017年箱根駅伝:出場なし

 

遠藤宏夢(エンドウヒロム)2年

國學院久我山高校(東京都)

10000m:30分9秒

ハーフマラソン:1時間5分10秒

2017年箱根駅伝:出場なし

大木皓太(オオキコウタ)2年

成田高校(千葉県)

10000m:29分39秒

ハーフマラソン:1時間6分

2017年箱根駅伝:出場なし

太田智樹(オオタトモユキ)2年

浜松日体高校(静岡県)

10000m:29分9秒

ハーフマラソン:1時間2分48秒

2017年箱根駅伝:8区14位

新迫志希(シンサコシキ)2年

世羅高校(広島県)

10000m:29分7秒

ハーフマラソン:記録なし

2017年箱根駅伝:出場なし

宍倉健浩(シシクラタケヒロ)1年

早稲田実業高校(東京都)

10000m:29分17秒

ハーフマラソン:記録なし

2017年箱根駅伝:出場なし

渕田拓臣(フチダタクミ)1年

京都桂高校(京都府)

5000m:14分19秒

ハーフマラソン:記録なし

2017年箱根駅伝:出場なし

吉田匠(ヨシダタクミ)1年

洛南高校(京都府)

10000m:30分00秒

ハーフマラソン:1時間6分5秒

2017年箱根駅伝:出場なし

早稲田大学の区間配置予想

正式な区間予想は12月29日発表されます。

過去の箱根駅伝などから2018年の早稲田大学の区間走者を予想してみたいと思います!

 

予想 区間エントリー 当日変更
1区 太田智樹選手 藤原滋記選手 往路当日変更なし
2区 永山博基選手 太田智樹選手
3区 新迫志希選手 光延誠選手
4区 宍倉健浩選手 石田康幸選手
5区 安井雄一選手 安井雄一選手
6区 石田康幸選手 渕田拓臣選手
7区 清水歓太選手 永山博基選手
8区 光延誠選手 吉田匠選手 大木皓太選手
9区 吉田匠選手 宍倉健浩選手 清水歓太選手
10区 藤原滋記選手 河合祐哉選手 谷口耕一郎選手

早稲田大学の選手の中に超エース級の選手はいないものの、すべての選手がそこそこ
実力のある選手なので波が少ないチームと言えます。

区間配置された選手それぞれが自分の実力の走りができれば上位は狙えるチームです。

その中でもエース格の永山博基選手安井雄一選手がエントリーされるであろう2区、
5区で実力以上の走りができれば往路優勝もあり得るでしょう。

スポンサーリンク

箱根駅伝2018の結果予想?

勝手に箱根駅伝2018の予想をしてみました!

予想 当日順位
往路成績 4位 3位
復路成績 5位 7位
総合順位 5位 3位

 

早稲田大学は超がつくほど秀でた選手はおりませんが、エントリー選手全員がそれなり
に実力があるチームでした。

走った選手が彼らの最大限の力を出したため3位となりました。

来年は優勝できるように早稲田大学の選手には頑張ってほしいですね!

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です