箱根駅伝2018鈴木健吾が神奈川大学に優勝をもたらす?区間配置や順位を予想




どうも、こんにちは。
足長パパです。

箱根駅伝2018に出場する大学のエントリー選手が12月10日に発表されました!

各大学も今のベストメンバーをエントリー選手として登録しています。

そんな各大学のエントリー選手から箱根駅伝2018の各大学の区間配置予想と順位予想
をしてみたいと思います!

今回は学生最強ランナーの鈴木健吾選手擁する神奈川大学について紹介してみたいと
思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝2018出場校

すでにほかの記事でも紹介していますが、念ため箱根駅伝2018の出場校を今一度
確認しておきましょう。

1:青山学院大学(10年連続23回目)

2:東洋大学(16年連続76回目)

3:早稲田大学(42年連続87回目)

4:順天堂大学(7年連続59回目)

5:神奈川大学(8年連続49回目)

6:中央学院大学(16年連続19回目)

7:日本体育大学(70年連続70回目)

8:法政大学(3年連続78回目)

9:駒澤大学(52年連続52回目)

10:東海大学(5年連続45回目)

11:帝京大学(11年連続19回目)

12:大東文化大学(6年連続49回目)

13:中央大学(2年ぶり91回目)

14:山梨学院大学(32年連続32回目)

15:拓殖大学(5年連続39回目)

16:國學院大學(2年連続11回目)

17:国士舘大学(2年連続46回目)

18:城西大学(2年ぶり14回目)

19:上武大学(10年連続10回目)

20:東京国際大学(2年ぶり2回目)

21:関東学生連合(オープン参加)

記載順についてですが、1位~10位までは前回大会の順位順で、11位~20位は2017年
10月に行われた箱根駅伝予選会の順位順となっています。

【関連記事】

箱根駅伝2018で7年ぶりの優勝を狙う早稲田大学は強い?区間配置と順位予想

箱根駅伝2018の優勝は東海大学?区間配置と順位予想

神奈川大学エントリー選手

大塚倭(オオツカヤマト)4年

洛南高校(京都府)

10000m:28分59秒

ハーフマラソン:1時間3分12秒

2017年箱根駅伝:8区2位

枝村高輔(エダムラコウスケ)4年

藤枝明生高校(静岡県)

10000m:29分30秒

ハーフマラソン:1時間5分41秒

2017年箱根駅伝:出場なし

秋澤啓尚(アキザワヒロナオ)4年

藤沢翔陵高校(神奈川県)

10000m:29分56秒

ハーフマラソン:1時間3分35秒

2017年箱根駅伝:出場なし

鈴木健吾(スズキケンゴ)4年【主将】

宇和島東高校(愛媛県)

10000m:28分30秒

ハーフマラソン:1時間1分36秒

2017年箱根駅伝:2区1位

鈴木祐希(スズキユキ)4年

愛知高校(愛知県)

10000m:28分52秒

20kmマラソン:1時間0分34秒

2017年箱根駅伝:6区4位

西田秀人(ニシダシュウト)4年

伊賀白鳳高校(三重県)

10000m:29分30秒

ハーフマラソン:1時間5分15秒

2017年箱根駅伝:5区4位

大川一成(オオカワカズナリ)4年

藤沢翔陵高校(神奈川県)

10000m:29分15秒

20kmマラソン:1時間1分4秒

2017年箱根駅伝:9区9位

大野日暉(ヒノハルキ)4年

豊川工業高校(愛知県)

10000m:29分18秒

ハーフマラソン:1時間3分15秒

2017年箱根駅伝:5区14位

田中翔太(タナカショウタ)3年

西京高校(山口県)

10000m:29分59秒

ハーフマラソン:1時間4分29秒

2017年箱根駅伝:出場なし

多和田涼介(タワダリョウスケ)3年

愛知高校(愛知県)

10000m:29分4秒

ハーフマラソン:1時間5分29秒

2017年箱根駅伝:出場なし

山藤篤司 (ヤマトウアツシ)3年

愛知高校(愛知県)

10000m:28分25秒

20kmマラソン:59分58秒

2017年箱根駅伝:1区5位

荻野太成(オギノタイセイ)2年

加藤学園高校(静岡県)

10000m:29分17秒

ハーフマラソン:記録なし

2017年箱根駅伝:出場なし

越川堅太(コシカワケンタ)2年

東京実業高校(神奈川県)

10000m:29分13秒

20kmマラソン:1時間1分7秒

2017年箱根駅伝:3区15位

宗直輝(ソウナオキ)2年

鳥栖工業高校(佐賀県)

10000m:29分16秒

ハーフマラソン:1時間4分8秒

2017年箱根駅伝:出場なし

安田共貴(ヤスダトモキ)2年

大牟田高校(福岡県)

10000m:29分26秒

ハーフマラソン:1時間4分46秒

2017年箱根駅伝:出場なし

北﨑拓矢(キタザキタクヤ)1年

関西大北陽高校(大阪府)

10000m:30分38秒

ハーフマラソン:1時間5分29秒

2017年箱根駅伝:出場なし

神奈川大学の区間配置予想

正式な区間予想は12月29日発表されます。

過去の箱根駅伝などから2018年の神奈川大学の区間走者を予想してみたいと思います!

予想 区間エントリー 当日変更
1区 山藤篤司選手 山藤篤司選手 往路当日変更なし
2区 鈴木健吾選手 鈴木健吾選手
3区 越川堅太選手 越川堅太選手
4区 荻野太成選手 大塚倭選手
5区 大塚倭選手 荻野太成選手
6区 鈴木祐希選手 安田共貴選手
7区 宗直輝選手 多和田涼介選手 大川一成選手
8区 大野日暉選手 西田秀人選手 秋澤啓尚選手
9区 大川一成選手 北崎拓矢選手 大野日暉選手
10区 秋澤啓尚選手 鈴木祐希選手 枝村高輔選手

 

神奈川大学も東海大学と同様に先行逃げ切り型の区間オーダーになると思いわれます。

1区、2区は前回大会同様に1区で山藤篤司選手でトップまたは上位でエースの鈴木健吾
選手にタスキを渡し、2区で鈴木健吾選手がトップになるという展開を神奈川大学は
考えていることでしょう!

盤石な1区、2区でトップに立ち、その後も失速しないように前半に実力のある選手を
配置すると思われます!

復路は往路の勢いそのままに6区の山下りを前回同区間5位の鈴木祐希選手が広げ、
勢いをのままに大野選手、大川選手でリードを広げ、総合優勝を狙うのが神奈川大学の
理想的な展開でしょう。

スポンサーリンク

箱根駅伝2018の結果予想?

勝手に箱根駅伝2018の予想をしてみました!

予想 当日順位
往路成績 1位 15位
復路成績 4位 9位
総合順位 2位 13位

 

神奈川大学は枠るても往路で上位4位以内で往路を終えると思いますが、復路にエース
格の選手を置くことができないので往路の勢いそのままで復路も優勝を狙いたいところです。

往路は5区の山登りでブレーキが起こったため、そのブレーキを引きずってしまい、
シード権を獲得することはできませんでした。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください