マジマジョピュアーズ42話のあらすじネタバレ!邪魔男爵の最後の手段とは?

マジマジョピュアーズ42話が1月20日(日)に「目指せ!リンのマンガ道」放送されます!

42話はファン待望のリンのソロ回です!

しばらくリンのソロ回がなかったので今回はいつも以上に盛り上がるでしょう。

今回はマジマジョピュアーズ42話のあらすじやネタバレ、邪魔男爵の最後の手段について調査してみました!

スポンサーリンク

42話のあらすじ

第42話はリンのソロ回となります。

ファン待望の回ですね。

42話の概要

タイトル 目指せ!リンのマンガ道
マジマジョピュアーズ 白雪リン:隅谷百花さん
アキラメスト 今井わかば(漫画家の編集担当者):上野なつひさん

 

42話のあらすじ

漫画家を夢見るリンはある日、大好きなマンガ家の担当編集者・今井わかばを訪ねに、カイトと一緒に出版社へ。しかし、わかばがアキラメストにされてしまう!リンはアキラメストをピュアライズし、わかばにマンガの素晴らしさと夢を思い出させることができるのか…!?
出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/magimajopures/episodes/

 

第42話では漫画家を夢見るリンが、同級生のカイトとともに自分が描いた漫画を見せに出版社に訪れるようです。

そう、リンは番組が始まった当初から「わたし、将来魔法界のマンガ家になるんです」と言っていましたね。

こう言っていたのは3話だったかと思います。

たしか、3話もリンのソロ回だったと思います。

 

その時のリンが描いた画力はお世辞にも上手とは言えないもので、モモカやミツキも言葉が出ませんでした。

果たして、話は進んだ今回、リンの画力は上がっているのでしょうか。

また、マジマジョピュアーズとしても成長しているのでしょうか。

42話のネタバレ

リンはカイトとともに出版社の編集者に自身の描いた漫画を見せに訪れます!

adsense

スポンサーリンク

ここで、なぜカイトがついていくの?とお思いでしょう。

それには理由があるのです。

リンの大好きな漫画家は小田原マリンです。

その小田原マリンはカイトの母親です。

そして、小田原マリンの担当編集者が今井わかばなのです。

今回出版社を訪れたのも小田原マリンに今井わかばを紹介されたのでしょう。

 

カイトがついてきたのもそれだけでは無いようですね。

というのも、カイトはリンに片思いしています。

ちなみにリンはサッカー部の先輩に片思いしてましたけどね・・・。

今回、42話でカイトの思いはリンに通じるのでしょうか。

その点も意識して見ても良いかもしれません。

邪魔男爵の最後の手段とは

42話でも邪魔男爵が登場します。

ただ、まだマジマジョピュアーズの前には現れないようですね。

邪魔男爵は8話で自分の息子・邪魔彦の策により、マジマジョピュアーズと対戦したのですが、邪魔彦特性の秘密兵器のバズーカの・ようなものが暴発し、自滅してしまいましたね。

その時以降、邪魔男爵は身を潜めていました。

 

なにがあったのか、42話では邪魔男爵は工事現場?のようなところにいます。

工事現場のようなところに閉じ込められているのか、監禁状態から脱出するためにせっせと頑張っているのかもしれませんね。

もしかすると邪魔男爵が42話でこの最後の手段?を使って、監禁状態から脱出するのかもしれません。

監禁状態から脱出するために、邪魔男爵は最後の手段として、魔法などを使うかもしれません。

もし、魔法だったらはじめから使えってなるかもしれませんが・・・。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

ファン待望のリンのソロ回となる42話に期待してしまいますね。

もし、見逃してしまった方や録画を失敗ししまった方はauビデオパスの無料お試しをしてみると良いですよ!

 

43話はミツキかシオリのソロ回となりそうですね。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください