仮面ライダージオウ35話のネタバレ考察!仮面ライダーギンガはスウォルツではない?

34話では京介も響鬼を襲名することができ、そして、アナザー響鬼となったツトム(ソウゴの同級生)を救うことができましたね。

そして、ソウゴは響鬼ウォッチを入手し、残るウォッチは4つとなりましたね。

そんな仮面ライダージオウ34話をついては下記の記事で紹介しています。

仮面ライダージオウ34話のネタバレ考察!京介は響鬼に変身するもなりきれない?

もし、34話を見逃して動画を観たいという方は下記の無料で見逃し配信動画を見る方法もご確認ください。

仮面ライダージオウ第1話から最新話までの動画を無料で見るには?視聴サイトまとめ

 

35話では仮面ライダーキバ編前編となります。

35話では仮面ライダーキバのオリジナルキャストや新たな謎のライダーが登場します。

そんな仮面ライダージオウ35話のネタバレ考察や新たな謎のライダーについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

35話「2008:ハツコイ、ウェイクアップ!」のあらすじ

 

35話「2008:ハツコイ、ウェイクアップ!」の概要

放送日 2019年5月12日(日)
タイトル 2008:ハツコイ、ウェイクアップ!
仮面ライダージオウ 常磐ソウゴ(奥野壮さん)
ゲイツリバイブ 明光院ゲイツ(押田岳さん)
仮面ライダーウォズ 黒ウォズ(渡邊圭祐さん)
レジスタンス ツクヨミ(大幡しえりさん)
タイムジャッカー ウール(板垣李光人さん)
オーラ(紺野彩夏さん)
スウォルツ(兼崎健太郎さん)
クジゴジ堂店主 常磐順一郎(生瀬勝久さん)
アナザーキバ 北島祐子(釈由美子さん)
ガルル 次狼(松田賢二さん)
謎のライダー 声のみ(杉田智和さん)

 

刑務所内で自らを冤罪だと訴える祐子。

オーラはそんな怒りながら主張している祐子に目をつけ、祐子をアナザーキバにしてしまいます。

アナザーキバの力で女王となった祐子は、法律を変え、自らを有罪に貶めた人々を次々と襲い始めます。

 

そんなアナザーキバと遭遇したソウゴはジオウに変身し対峙しますが、その時、突如現れたアームズモンスターのガルル、ドッガ、バッシャーの攻撃の攻撃にあい、変身を解除してしまう。

同時にアナザーキバの変身を解除した祐子にはソウゴに近づき、ソウゴの顎の下をそっと撫でながら「かわいい子」と言います。

そのとき、ソウゴには初恋の時のある記憶が蘇ります・・・。

 

その後もアナザーキバとなった祐子は暴走を続け、ついにはオーラとも対立

そして、ソウゴらもアナザーキバの正体が収監中の祐子で有ることを突き止めますが、ソウゴは「彼女は冤罪だ」と祐子を庇い続けます

一方で、とある喫茶店でコーヒーを飲みながら謎の男が「もうすぐ世界が終わる」と謎めいたことを呟いていた。

35話「2008:ハツコイ、ウェイクアップ!」の放送前ネタバレ考察

 

35話は仮面ライダーキバをテーマにした放送回で、仮面ライダーキバ編前編として放送されます。

この35話では仮面ライダーキバに出演していたガルル/次狼役の松田賢二さん麻生ゆり役の高橋ユウさんアナザーキバ/祐子役の釈由美子さん、そして、謎のライダーの声優を務める杉田智和さんが登場します。

35話はレジェンドライダーの登場、謎のライダー(未来のライダーと思われる)の登場、そして、キバのオリジナルのキャスト出演があり、楽しみにな放送です。

早速35話について考察していきましょう。

 

ソウゴの初恋の人

幼少期に孤立していたソウゴにも初恋の人がいたという。

そのことにゲイツ、ツクヨミは半信半疑でいた・・・。

 

そんなときにソウゴはアナザーキバと遭遇し対峙するが、アームズモンスターに襲われ変身を解除してしまう。

それと同時にアナザーキバの変身を解いた祐子からソウゴは「かわいい子」と顎の下を撫でられる。

 

このとき、ソウゴには初恋の人の記憶が蘇る。

ソウゴの初恋の人は幼少期に「王様になる」と言って孤立していたソウゴを可愛がってくれていたお姉さんで、その人もよくソウゴの顎の下を撫でながら「かわいい子」と言っていたのでしょう

 

謎のライダーの発言の真意は

予告動画で「すべてのものは滅びゆく!」と謎のライダーが発言しています。

これとリンクするように謎の男が喫茶店でコーヒーを飲みながら「もうすぐ世界が終わる」とつぶやいています。

この真意はなんなのでしょうか。

謎の男=謎のライダーなのでしょうか。

そして、彼らはオーマジオウのように未来を見ることができるのでしょうか。

これらの発言はこれからの仮面ライダージオウの展開に関係がありそうですね!

謎のライダー・仮面ライダーギンガの正体はスウォルツでない?

 

2019年4月1日のエイプリルフールのネタとしてつぶやかれたと思っていた仮面ライダーギンガの登場ですが、実際に35話で登場することになります。

この仮面ライダーギンガの声優に仮面ライダーキバのキバットバットⅢ世役の声を演じていた杉田智和さんが担当します。

あの渋い声で仮面ライダーギンガを演じるので、仮面ライダーギンガはオーマジオウのように世界を破滅するほどの力を持っているのかもしれませんね

 

仮面ライダーギンガの正体は誰なのでしょうか。

4月1日につぶやかれたツイッターの画像から、顔の表情や帽子を握る姿、腕を伸ばした姿などから一部ではスウォルツではないかと予想されていましが違うようです。

というのも、スウォルツはウールと横並びでアイスを食べて何かを観ているシーンがあるようですし、仮面ライダーギンガの声を演じているのは杉田智和さんなのでスウォルツではない可能性が出てきました。

35話では仮面ライダーギンガの正体は判明せず、もう少し先になりそうですね!

 

35話「2008:ハツコイ、ウェイクアップ!」の放送後ネタバレ感想

放送後のネタバレ確定版

北島祐子は刑務所内で面会に着ていた弁護士に気丈に冤罪を訴えていていたが独房にもどった祐子は怒りながら無実だと思っていた!

そんな祐子に目を付けたオーラは、アナザーキバのウォッチを使い、祐子をアナザーキバにさせる。

アナザーキバとなった祐子は刑務所を脱獄する!

 

ソウゴたちは順一郎が作ったアップルパイを食べて、それぞれが舌鼓を打っていた。

アップルパイの甘酸っぱい味に、ソウゴは初恋の味だと言う。

小学校の頃、友達のいないソウゴは公園で一人で遊んでいたところ、膝を擦りむきひとり公園の片隅で泣いていた。

そこにセーラー服を着た女子高生が現れ、傷の手当をしてくれたあとに一緒に遊んでくれた言う。

別れ際にはソウゴの顎の下を撫でるように「さよなら、かわいい坊や」と言われ、その女性が初恋の人だという。

そんな話を聞いていたゲイツたちは呆れ顔だった。

 

そんなときに一人客がクジゴジ堂にやってきます。

その客は弁護士をしていて、弁護士して初めて勝訴したときの購入した時計の修理を依頼しに来たのであった。

その時計をみるなり順一郎は良い時計だと褒めるが、その弁護士は冤罪である被告を守ることができず敗訴したこともあったことを告げながら店をあとにする。

 

その弁護士が忘れ物をしたことに気づいたソウゴは慌てて弁護士を追いかける。

その弁護士が車を運転してある場所に向かっていると祐子が車の前に現れ、驚いた弁護士は運転する車をとめ、「危ないじゃないか!」と言って車を降りてくる。

すると祐子は「お前に判決を言い渡す!有罪!」と怒りながらその弁護士に向かって言い放ちアナザーキバに変身する。

なんとその弁護士は祐子を担当していた弁護士であった!

 

そこにソウゴが現れ、ジオウに変身して、アナザーキバと戦い始める。

私は女王と話す祐子は、部下?と思われるアームズモンスターらにジオウを襲わせる。

そのアームズモンスターらは、アナザーキバが思えば自ずと武器に変身した攻撃に、一方的にやられ続け、変身を解除してしまいます。

変身を解除したボロボロのソウゴに、アナザーキバの変身を解除した祐子が、ソウゴの顎の下を撫でて「かわいい子」と言い放ちます。

その行動と言葉にソウゴは初恋の時の思い出を思い出し、その場で固まってしまった。

ゲイツが駆けつけて時には祐子の姿はなく、呆然とした状態のソウゴが柱にもたれかかっていいただけだった。

 

祐子はその頃、オーラと接触し、オーラを自らの下僕として、反抗する態度を見せる。

オーラは祐子を止めようとするが、祐子は反撃してその場を立ち去る。

その様子をアイスを食べながら眺めるウールとスウォルツ。

やっぱりこの3人の関係は良くありませんね

 

クジゴジ堂に戻ったソウゴは、テレビのニュースを見て祐子が脱獄者で有ることを知る。

祐子が襲ったのたは冤罪事件の関係者。

ゲイツらは祐子が自身を冤罪に追い込んだ人間を襲っているのはないかと話す。

そんなソウゴは、祐子は初恋の人だと言い、祐子を庇う。

そのことにゲイツらは呆れる・・・。

 

それと同じ頃、喫茶店で1人の男がコーヒーを飲みながら女性店員を口説いていた。

そのなかで、「もうすぐ世界が終わる・・・」と男は言い放つも、「はぐれ狼の戯言」だとごまかします。

その男はアナザーキバとともにソウゴを襲ったアームズモンスターのガルルであった。

 

祐子は自分を冤罪に追い込んだ検事を襲おうとしていた。

そこにソウゴらが現れ、ソウゴは祐子いなぜ女王になりたいのか問い正します。

祐子は冤罪を世界からなくすため、女王となり、正しい法を作るためだと。

ソウゴはその言葉に関心するが、ゲイツは「ただの復讐だ!」と否定し、仮面ライダーゲイツに変身しようとする。

そこへオーラが現れ、自らの顔に傷をつけた祐子を失敗作だと祐子を止めようとする。

その状況に祐子は怒り、「全員有罪だ!」といってアナザーキバに変身。

アームズモンスターとアナザーキバたちとの戦いに苦戦するゲイツ。

 

その時、なにかを見たスウォルツが「何か・・来る」と異変に気づく。

アームズモンスターのガルルだけが、空に突如現れた歪みに反応していた。

その歪みから現れた謎の物体が落ちてくる。

墜落現場に向かったソウゴたち。

なんとそこには仮面ライダーギンガという謎のライダーが現れた。

ギンガはアナザーキバを攻撃すると、ソウゴたちを襲おうとします。

それに反応したソウゴは独断でジオウトリニティに変身し、戦おうとします。

 

仮面ライダーギンガに攻撃をしようとするジオウトリニティですが、攻撃がギンガに届かず、聞かないうえに、3人の息があわず攻撃もチグハグ。

そんなジオウトリニティを追い詰めるギンガ。

その様子を遠くから見ていいた祐子はその場から去ります。

みんなの感想

 

 

釈由美子さんのアナザーキバ。とても際立っていましたね!

スポンサーリンク

まとめ

仮面ライダージオウ35話「2008:ハツコイ、ウェイクアップ!」のネタバレ考察について紹介してきました。

他の放送回のネタバレや動画が気になる方は下記の記事でネタバレまとめや無料で動画を見る方法を紹介しています。

関連:仮面ライダージオウのネタバレやキャストまとめ!無料で動画を視聴する方法も

今後の展開も気になりますね。

次回以降もネタバレや感想を紹介していきますのでお楽しみに!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください