アラジン実写版の日本語吹き替えがひどいし下手? 英語の音声で字幕で観るべきなのか考察も

海外映画を字幕で観るべきか、日本語吹き替えで観るべきかいつも迷わされます。

特にアラジンのようなディズニー映画の実写化作品は歌唱シーンも多いため、歌の上手さも重要です。

この記事では、実写版アラジンを字幕で観るべきか、日本語吹き替えで観るべきか 世間の評価と、実際に観た感想を踏まえて解説していきます。

スポンサーリンク

アラジン実写版の日本語吹き替えがひどいし下手?

SNS上で「アラジン実写版の日本語吹き替えがひどいし下手」という意見があります。

実際にはどうなのか、主要キャラクターであるアラジン、ジャスミン、ジーニー、ジャファについて一人一人解説していきます。

アラジン

まずは主人公アラジン、演じているのは人気俳優の中村倫也さんです。

主役であるアラジンを本職でない俳優さんが行うことは少し心配要素だと思います。

SNSでも公開前から心配の声があがっていました

このように映画公開前には中村倫也さんの吹き替えに不安を頂いている人がいらっしゃいました。

しかし、映画公開後のSNSでは「中村倫也さんの声質がアニメ版アラジンと近く、とても合っている!」といった高評価や、「歌が少し下手」という低評価な意見がありました。

このように中村倫也さんのアラジンの吹き替えがよいや楽しみなどの評価が多々ありますね。

確かに一部の方からは歌が下手という評価がありますが、歌手が本業で何のである程度は仕方ないでしょう。

 

ただ、実際に筆者が観た感想としては中村倫也さんの吹き替えはアラジンにぴったりで、歌も上手いです。

イケメンで爽やかな声質で、アラジンの自由奔放さと若い真っ直ぐな青年という雰囲気が出ていました。

歌も上手く、アラジンのベストシーンであるホールニューワールドの歌唱シーンでは、英語版の俳優さんよりも上手だと感じました。

ジャスミン

ヒロインのジャスミン役はミュージカル女優木下晴香さんです。

SNS上でも高評価が多く、特に歌は絶賛の嵐でした

このように木下晴香さんのジャスミンの吹き替えはセリフも歌声もすばらしいとの評価がほとんどでした!

実際に観た感想としては、ミュージカル女優さんということで歌がとにかく上手!綺麗な歌声で感情を揺さぶられました。

また、歌唱シーン以外も素晴らしく、少し気難しさをもった、知的で高貴な雰囲気がジャスミンにぴったりでした。

ジーニー

ジーニー役は声優山寺宏一さんです。

公開前から期待されていた通り、最高のジーニーでした

山寺宏一さんは声優なので当たり前のように感じますが、それでもジーニー役にピッタリ声優さんです。

ジーニーの吹き替えと言ったら山寺宏一さん以外いないでしょう。

セリフの吹き替えだけでなく、歌唱シーンでもさうがという上手さですし、アラビアンナイトでは煌びやかで壮大な世界観を感じさせてくれました。

ジーニ―の面白くて、とぼけた雰囲気がよく出ていて、一瞬で心をつかまれました

ジャファー

最後にジャファー役は俳優北村一輝さんです。

とにかく色気が溢れていて素晴らしかったです

ジャファにしては色気がありすぎて、かっこよすぎるのではないかと思いましたが、実写版で演じられている俳優さんが若くてイケメンなので違和感はありませんでした。

悪役のジャファですが、自然と惹かれてしまいます。SNS上でもジャファの色気にやられた人が続出していました。

ここであげた四人のキャラクター以外も含めて、全キャラクターの日本語吹き替えが上手で違和感が無いと感じました。

adsense

スポンサーリンク

アラジン実写版の日本語吹き替えがひどいし下手という評価

「アラジン実写版の日本語吹き替えがひどいし下手」という評価は、実際に観た感想としては間違いだと思います

SNS上で見られた低評価意見の多くは中村倫也さんに向けられたものでしたが、アラジンにぴったりでしたし、歌も素敵でした。

上記のように「ひどい」、「へた」という方もいれば、「下手じゃない。むしろ好き」という方もいらっしゃいます。

人の感性は個人差があるのでしょうがないでいですね。

 

ではなぜ中村倫也さんに低評価がついたのか考察しようと思います。

一つ目の理由として考えられるのは、主人公に声優さんを起用せず、人気俳優さんを起用したことで、多くの人に「実力よりも宣伝効果の強さを優先させた」という印象を植え付けてしまったことです。

二つ目はミュージックステーションなど音楽番組での歌唱評価だと思います。

中村倫也さんは木下晴香さんの二人で歌唱する機会が多く、中村倫也さんも上手だけど、さすがにミュージカル女優さんと一緒に歌うと見劣りしてしまうなと筆者も感じていました。

この公開前の宣伝として行われた歌唱に対し、マイナスのイメージを持った人が多かったのではないかと思います。

しかし、実際の映画での歌唱はとても上手で木下晴香さんに引けを取らないほどでした。

英語の音声で字幕で観るべきなのか考察も

字幕でしか観られない魅力としては、ウィル・スミスの声の演技だと思います。

山寺さんのジーニーも最高でしたが、やはりウィル・スミスの声を聴きたいと思う方は多いと思います。

ウィル・スミスのジーニーも面白い上、ウィルスミスのダンディなかっこよさも感じられ、とても良かったです。

アラジン実写版の日本語吹き替えも悪くない!

SNS上では日本語吹き替え版の低評価も聞かれましたが、実際に観た感想としては、全く悪いところが見当たらず、むしろ個人的には日本語吹き替え版の方が良いと感じました。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

以上、日本語吹き替え版の感想を述べてきました。

結論としては、すべてのキャラクターの日本語吹き替えが素晴らしく、個人的には日本語吹き替え版をおすすめします。

俳優さんが主役を演じているという点に偏見をもたず、日本語吹き替え版を選択しても後悔しないと思います。

アラジン実写版はポリコレ過ぎてひどいし面白くない?つまらないと言われる理由の考察も

アラジンのジーニーのセリフ・名言まとめ!日本語英語比較や意味についても

アラジンのジャファーの正体は何者?元ネタやモデルと最後やその後についても

アラジンのオウム・イアーゴの名前の由来は?意味や鳥の種類・モデルについても

\U-NEXTで配信中/

U-NEXTは31日間以内に解約をすれば無料です。

最新の配信状況はU-NEXTの公式サイトをご確認ください。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください