箱根駅伝2018で青山学院大学の4連覇なるか?区間配置と順位予想

どうも、こんにちは。
足長パパです。

お正月の風物詩箱根駅伝まであとわずかになりました。

4連覇を目指す青山学院大学が優勝するのか?それとも、黄金世代の選手が揃う東海大学
か、または、4年ぶりの優勝を目指す東洋大学か、それとも他の大学が優勝するのでしょうか。

今回は優勝候補で4連覇を目指す青山学院大学の走者予想と順位予想について書いて
いきたいと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝2018出場校

すでにほかの記事でも紹介していますが、念ため箱根駅伝2018の出場校を今一度
確認しておきましょう。

1:青山学院大学(10年連続23回目)

2:東洋大学(16年連続76回目)

3:早稲田大学(42年連続87回目)

4:順天堂大学(7年連続59回目)

5:神奈川大学(8年連続49回目)

6:中央学院大学(16年連続19回目)

7:日本体育大学(70年連続70回目)

8:法政大学(3年連続78回目)

9:駒澤大学(52年連続52回目)

10:東海大学(5年連続45回目)

11:帝京大学(11年連続19回目)

12:大東文化大学(6年連続49回目)

13:中央大学(2年ぶり91回目)

14:山梨学院大学(32年連続32回目)

15:拓殖大学(5年連続39回目)

16:國學院大學(2年連続11回目)

17:国士舘大学(2年連続46回目)

18:城西大学(2年ぶり14回目)

19:上武大学(10年連続10回目)

20:東京国際大学(2年ぶり2回目)

21:関東学生連合(オープン参加)

記載順についてですが、1位~10位までは前回大会の順位順で、11位~20位は2017年
10月に行われた箱根駅伝予選会の順位順となっています。

【関連記事】

箱根駅伝2018の優勝は東海大学?区間エントリー選手と順位は?

箱根駅伝2018にフリーザ集団は出現する?出現日時や場所、応援方法は?

青山学院大学エントリー選手

近藤修一郎 (コンドウシュウイチロウ)4年 

九州学院高校(熊本県)

10000M:29分42秒

ハーフマラソン:1時間4分6秒

2017年箱根駅伝:なし

下田裕太 (シモダユウタ)4年

加藤学園高校(静岡県)

10000M:28分33秒

ハーフマラソン:1時間2分22秒

2017年箱根駅伝:8区1位

田村和希 (タムラカズキ)4年 

西京高校(山口県)

10000M:28分18秒

ハーフマラソン:1時間1分56秒

2017年箱根駅伝:7区11位

吉永竜聖 (ヨシナガリュセイ)4年【主将】

鹿児島城西高校(鹿児島県)

10000M:29分10秒

ハーフマラソン:1時間3分36秒

2017年箱根駅伝:なし

小野田勇次 (オノダユウジ)3年 

豊川高校(愛知県)

10000M:29分59秒

ハーフマラソン:1時間3分42秒

2017年箱根駅伝:6区2位

梶谷瑠哉 (カジヤリュウヤ)3年 

白鷗大足利高校(栃木県)

10000M:28分52秒

ハーフマラソン:1時間3分48秒

2017年箱根駅伝:1区4位

橋詰大慧 (ハジズメタイセイ)3年

和歌山北高校(和歌山県)

10000M:28分56秒

ハーフマラソン:1時間2分46秒

2017年箱根駅伝:出場なし

橋間貴弥 (ハシマタカヤ)3年

山形南高校(山形県)

10000M:29分08秒

ハーフマラソン:1時間4分38秒

2017年箱根駅伝:出場なし

林奎介 (ハヤシケイスケ)3年

柏日体高校(千葉県)

10000M:29分05秒

ハーフマラソン:1時間3分28秒

2017年箱根駅伝:出場なし

森田歩希 (モリタホマレ)3年 

竜ヶ崎一高校(茨城県)

10000M:28分44秒

ハーフマラソン:1時間3分01秒

2017年箱根駅伝:4区2位

山田滉介 (ヤマダコウスケ)3年 

日体荏原高校(東京都)

10000M:29分21秒

ハーフマラソン:1時間3分46秒

2017年箱根駅伝:出場なし

鈴木塁人(スズキタカト)2年 

流経大柏高校(千葉県)

10000M:28分31秒

ハーフマラソン:1時間2分55秒

2017年箱根駅伝:出場なし

竹石尚人 (タケイシナオト)2年 

鶴崎工業高校(大分県)

5000M:14分05秒

ハーフマラソン:1時間4分59秒

2017年箱根駅伝:出場なし

中根滉稀 (ナカネコウキ)2年 

流経大柏高校(千葉県)

5000M:14分14秒

ハーフマラソン:1時間6分00秒

吉田祐也 (ヨシダユウヤ)2年

東農大三高校(埼玉県)

10000M:29分17秒

ハーフマラソン:1時間3分55秒

2017年箱根駅伝:出場なし

神林勇太 (カンバヤシユウタ)1年 

九州学院高校(熊本県)

5000M:13分59秒

ハーフマラソン:1時間4分35秒

2017年箱根駅伝:出場なし

青山学院大学の区間予想

正式な区間予想は12月29日発表されます。

過去の箱根駅伝などから2018年の青山学院大学の区間走者を予想してみたいと思います!

 

予想 区間エントリー 当日変更
1区 梶谷瑠哉選手 鈴木塁人選手
2区 田村和希選手  森田歩希選手
3区 森田歩希選手 田村和希選手 
4区 神林勇太選手 橋詰大慧選手 梶谷瑠哉選手
5区 吉永竜聖選手 竹石尚人選手
6区 小野田勇次選手 小野田勇次選手
7区 鈴木塁人選手 神林勇太選手 林奎介選手
8区 下田裕太選手 山田滉介選手 下田裕太選手
9区 橋詰大慧選手 近藤修一郎選手
10区 林奎介選手 吉永竜聖選手 橋間貴弥選手

 

青山学院大学は戦力的には前回の2017年の時より戦力はダウンしています!

優勝候補の東海大学が先行逃げ切りで行くと思われるので、青山学院大学は往路・復路
共に均等に選手を配置していくと思われます!

往路はエースの田村和希選手を2区に配置し、往路は優勝候補の東海大学、神奈川大学、
東洋大学、早稲田大学離されないで折り返し、復路で山下りの小野田勇次選手、下田
裕太選手で一気に一位に立ち、逃げ切るのではないでしょうか。

青山学院大学原監督の「ハーモニー大作戦」は成功し、大手町のゴールで校歌を大合唱
するこのとに期待したいですね!

スポンサーリンク

箱根駅伝2018の結果は?

勝手に箱根駅伝2018の予想をしてみました!

予想 当日順位
往路成績 3位 2位
復路成績 3位 1位
総合順位 3位 1位

 

青山学院大学は昨年より戦力ダウンしているとは思いますが、それでも

ダブルエースがいたこと、山のスペシャリストがいたことで

総合優勝4連覇を果たしました!

来年の5連覇に期待したいですね!

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です