田中希実(豊田自動織機TC)が美人でかわいいけど性格は?経歴や父親・母親とのエピソードも

2020年8月に国立競技場で行われた陸上のセイコー・ゴールデングランプリの女子1500mで、4年ぶりに日本記録を更新した走りをみせた田中希実さんが美人でかわいいとの噂です。

今回は美人でかわいい田中希実さんの性格経歴父親・母親とのエピソードなどについて調べてみました!

田中希実が美人でかわいい

田中希実さんの陸上競技のユニフォームを着ている姿です。

中長距離選手特有のスマートな体型で、横向きでまっすぐな瞳で何かを見ている視線がとても美人ですね。

練習中の様子ですが、すらりとした姿勢でこちらを見ています。

さらりときれいな髪と、表情はやさしく目鼻たちが整っているとても美人な方ですね。

田中希実の性格

田中希実さんの競技中の一場面ですが、長めの髪を後ろに束ね、笑顔が素敵でかわいいですね。

日頃の田中希実さんはきっとこの笑顔のようにやさしい心の持ち主ではないでしょうか。

また、田中希実さんのお父さんは元実業団のランナー、お母さんも北海道マラソン優勝2回の実績を持つ選手だったとうこともあり、小さなころから「走る」ことは当たり前のことだったようです。

そのため「走る」ことについては誰にも負けたくないことだったため、「走る」ことに関してはとても負けず嫌いな性格ではないでしょうか。

田中希実のプロフィールや選手経歴

名前:田中希実(たなかのぞみ)
生年月日:1999年9月4日(21歳)
身長:153cm
出身:兵庫県小野市
学歴:
小野市立市場小学校
小野市立小野南中学校
兵庫県立西脇工業高等学校
同志社大学
種目:長距離走

 

経歴

田中希実さんは中学生のころにはお父さんのコーチのもと陸上競技を行い、早くもジュニアオリンピック、全日本中学陸上、全国女子駅伝などに出場し活躍されます。

その後、高校は陸上長距離の名門の西脇工業高校へ進学し、全国女子駅伝に3年連続出場しました。

田中選手は駅伝だけでなく、1500m、3000m、5000mなどのトラック競技も得意ということで、日本陸上選手権やアジア陸上選手権の1500mや全国高校陸上の1500m、3000mなどに出場し2位になるなど素晴らしい成績を残されています。

そして、大学は同志社大学へ進学しましたが、同志社大学の陸上部には所属しておらず、ND28アスリートクラブというチームに所属し練習を行っています。

また豊田自動織機TCというチーにも所属し、そこからもサポートを受けてトレーニングに励んでいます。

そのなかで日本選手権や世界陸上選手権などに出場され国際的にも活躍し、2020年日本選手権女子5000mで優勝を勝ち取り、東京五輪代表に内定するなどめざましい活躍を見せています。

田中希実の選手成績

以下に中学、高校、大学での主な成績を掲載します。

2012年

ジュニアオリンピック 女子800m 6位

2013年

全日本中学陸上 1500m 4位

2014年

全国女子駅伝 8区 区間賞 兵庫県6位

全日本中学陸上 1500m 優勝

ジュニアオリンピック  A3000m 3位

2015年

全国女子駅伝 8区 区間賞 兵庫県3位

千葉国際クロスカントリ- 中学女子3㎞ 3位

和歌山インターハイ2015 1500m 5位

第70回国民体育大会 少年女子B1500m 優勝

全国高校駅伝女子 1区 区間2位(1位タイ) 西脇工業高校5位

2016年

全国女子駅伝 1区 区間15位 兵庫県2位

第100回日本選手権 1500m 2位

岡山インターハイ2016 1500m 2位

岡山インターハイ2016 3000m 4位

第71回国民体育大会 少年A3000m 2位

全国高校駅伝女子 1区 区間4位 西脇工業高校2位

2017年

全国女子駅伝 4区 区間8位 兵庫県8位

第101回日本選手権 1500m 6位

アジア陸上選手権 1500m 4位

山形インターハイ2017 1500m 2位

山形インターハイ2017 3000m 2位

第72回国民体育大会(愛媛) 少年A3000m 優勝

全国高校駅伝女子 1区 区間3位 西脇工業高校6位

2018年

全国女子駅伝 1区 区間5位 兵庫県優勝

アジアクロスカントリー選手権 ジュニア6km 4位

アジアジュニア選手権 3000m 金メダル 大会記録

第102回日本選手権 5000m 2位

U20世界選手権 3000m 金メダル

IAAFコンチネンタルカップ 3000m 6位

第73回国民体育大会 成年女子1500m 3位

第73回国民体育大会 成年女子5000m 優勝

2019年

全国女子駅伝 1区 区間11位 兵庫県4位

クロスカントリー日本選手権 シニア8km 優勝

世界クロスカントリー選手権 シニア8km 39位

第103回日本選手権 10000m 6位

第103回日本選手権 1500m 2位

第103回日本選手権 5000m 4位

世界陸上選手権(ドーハ)5000m14位

2020年

全国女子駅伝 1区 区間2位 兵庫県6位

第104回日本選手権 800m 4位

第104回日本選手権 1500m 優勝 新記録更新

第104回日本選手権 5000m 優勝

田中希実の父親や母親とのエピソード

田中希実さんのお父さんは元実業団の選手として福岡国際マラソンに出場するなど活躍されていました。

同じくお母さんも北海道マラソン2度優勝するなど、その二人の血を受け継いだ田中希実さんは陸上長距離界のサラブレッドですね。

現在も、田中希実さんのお父さんは豊田自動織機TCのコーチを務め田中希実選手のサポートを行っているそうです

まとめ

2020年8月に女子1500m14年ぶり日本記録を更新した走りを見せた田中希実さんが美人でかわいいですね。

田中希実さんは陸上長距離の様々な種目で活躍され、2020年日本選手権の女子5000mで優勝を飾り2021年東京五輪出場の内定を勝ち取るなど、今後の活躍がますます期待されます。

また、田中希実さんに関して新しい情報がありましたら記事を書いてみようと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください