中村匠吾(マラソン)がイケメンでかっこいいけど性格は?ネックレスのブランドについても

マラソン界のニューフェイスはイケメンでかっこいい!?

オリンピックでの活躍が期待されている中村匠吾(なかむら しょうご)さん。

富士通に所属していますが、学生時代からすごいランナーだったのでしょうか。

かっこいい外見と裏腹にどのような性格なのでしょうか。

またレース中に付けているネックレスはブランド物でしょうか。

中村匠吾さんの気になるところを探ってみました。

スポンサーリンク

中村匠吾(マラソン)のプロフィールと経歴

【名前】中村匠吾(なかむら しょうご)
【生年月日】1992年9月16日
【出身地】三重県四日市市
【身長・体重】172cm・55kg
【競技】長距離 マラソン
【所属】富士通

以上が簡単なプロフィールです。

次に詳しい経歴を見ていきましょう。

中村匠吾の小学校と中学校

中村匠吾さんは出身小学校について、残念ながら確かな情報はありません。

しかし中学校は公立中学校に進学しているので、おそらく小学校も公立校を卒業していると思われます。

進学した公立中学校の校区内には四日市市立内部小学校と四日市市立東内部小学校の2校があります。

この2校のどちらかを卒業している可能性が高いです。

中村匠吾さんが陸上を始めたのは小学校5年生からでした。

当時から長距離ランナーをしていたそうで、学校のマラソン大会では上位に入賞していたそうです。

また長距離だけでなく、100m走や走り幅跳びもしていたそうです。

中学校は四日市市立内部中学校を卒業しています。

中学時代から本格的に長距離を始め、2007年には三重県中学校駅伝競走大会で区間賞を受賞する走りをみせています。

中村匠吾の高校と大学

中学卒業後、中村匠吾さんは上野工業高校(現・伊賀白鳳高校)へ進学します。

高校でも陸上を続け、高校3年生であった2010年に素晴らしい成績を残します。

2010年に出場した沖縄インターハイ5000mで3位に入賞、日本人では2位の成績を残します。

また同年10月には5000mで当時の高校歴代7位となる記録を樹立しています。

高校卒業後、駒澤大学経済学部へ進学します。

駒澤大学へ進学した理由は自身が目標にしていた高林祐介(たかばやし ゆうすけ)さんや、井上翔太(いのうえ しょうた)さんが駒澤大学で活躍していたことでした。

また長らくパートナーシップを組むこととなる駒澤大学陸上部監督・大八木弘明さんの存在も大きかったそうです。

中村匠吾さんが高校2年生の時から面識はあったそうで、本気で僕のことを強くしてくれそうと大八木監督の思いを感じたことで一気に駒澤大学進学を決めたそうです。

入学直後は同級生の村山謙太(むらやま けんた)さんらに隠れて目立った活躍はありませんでした。

そんな中、2年生であった2012年に出場した第34回読売犬山ハーフマラソンでは優勝という成績を残しています。

ここから中村匠吾さんが躍動し始めます。

3年生になった2013年から大会で好成績を残していきます。

2013年
・第16回日本学生ハーフマラソン 優勝
・第97回日本陸上競技選手権大会・10000m 5位
・第27回夏季ユニバーシアード・ハーフマラソン 3位

また駅伝大会では出雲駅伝・全日本大学駅伝では区間賞を受賞、箱根駅伝では区間2位になりました。

2014年の4年生になってからは陸上部のキャプテンを務めることになります。

3年生時と同じく好調な成績を見せていくと思われていました。

しかし前年のプレッシャーもあってか、思ったような成績が出せませんでした。

2014年
・第57回熊日30kmロードレース・30km 3位
・第21回世界ハーフマラソン選手権大会 28位

という成績でしたが、全日本大学駅伝・箱根駅伝では区間賞を受賞するなど駅伝大会では見事な成績を残しました。

中村匠吾の社会人時代

駒澤大学卒業後、中村匠吾さんは富士通へ入社し、同時に実業団選手となります。

富士通への入社へは2020年に控えていた東京オリンピックへの思いがありました。

東京オリンピックの開催が決まった2015年は、ちょうど結果が出始めた大学3年生。

オリンピック出場を目標に見据え、大学卒業後のプランも考えている中、複数の実業団から誘いがありました。

そんな中、駒澤大学の大八木監督の指導を継続して受けさせてほしいという中村匠吾さんの思いがありました。

この思いを理解してくれたのが、富士通陸上部監督の福嶋正(ふくしま ただし)さんでした。

直接福嶋監督と話し合い、福嶋監督の人柄に好感を持ったことで富士通への入社を決めました。

2015年の富士通入社後には一時負傷に悩まされたこともありましたが、入社1ヶ月後に出場したゴールデンゲームズinのべおかでは5000mにて高校以来の自己ベストを更新する走りをみせました。

同年9月に出場した第63回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会では同じく5000mに出場し、日本人最高位となる6位に入賞しました。

2016年
・第44回全日本実業団ハーフマラソン 6位(日本人1位)
・第22回世界ハーフマラソン選手権大会 36位
・第64回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会・5000m 5位(日本人1位)
・第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会 区間5位

2017年
・第1回世田谷陸上競技会・5000m 13組3位
・第1回世田谷陸上競技会・5000m 16組26位
・第51回織田幹雄記念国際陸上競技大会・5000m 18位
・第101回日本陸上競技選手権大会・5000m 3位
・ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走 10000m 7位
・ボストンハーフマラソン 4位
・第58回東日本実業団対抗駅伝競走大会・2区 区間5位

2018年
・第1回世田谷陸上競技会・3000m 13組16位
・第66回兵庫リレーカーニバル・10000m 9位
・第29回ゴールデンゲームズinのべおか・5000m 14位
・第102回日本陸上競技選手権大会・10000m 15位
・第59回東日本実業団対抗駅伝競走大会・4区 区間2位

以上の成績を残しています。

また2018年からはフルマラソンにも挑戦し始めました。

初マラソンとなった3月に開催された第73回びわ湖毎日マラソンでは7位になりました。

しかし日本人1位という成績ということで、2020年東京オリンピック男子マラソン選考会であるマラソングランドチャンピオンシップへの出場権を手にします。

2018年9月に開催されたベルリンマラソンでは4位で、日本人1位になります。

2019年3月には東京マラソン2019に出場するも15位(日本人11位)となります。

東京オリンピックの代表へは崖っぷちの状態でした。

しかし同年9月に開催されたマラソングランドチャンピオンシップで優勝し、見事オリンピック代表内定を勝ち取りました。

ゴール直後には駒澤大学の大八木監督が駆け寄り、抱擁しながら優勝を喜びました。

まさに大学時代から大八木監督との二人三脚で勝ち取ったオリンピック代表でした。

中村匠吾がイケメンでかっこいい

 

この投稿をInstagramで見る

 

#MGC #中村匠吾 選手、 #鈴木健悟 選手(富士通) #大迫傑 選手(NIKE) #竹ノ内佳樹 選手(NTT西日本) #中本健太郎 選手(安川電機) #岡本直己 選手、 #藤川拓也 選手(中国電力) #神野大地 選手(セルソース) #今井正人 選手(トヨタ自動車九州) . こんなにも豪華なレースを観ることができるなんで思ってもなかったし、 箱根駅伝以上に選手一人ひとりが尊いと思えるレースがあるなんて夢にも思わなかった。 TKDprojectさんの応援動画を見ては、あの沿道での空気感に浸る日々。中継の録画よりも、お三方が応援している姿の方がその場にいる気になって泣けてくる。もう一回MGCを観たいなぁ。 . あれだけ絶叫しながら、よくもカメラを向けられた選手全員、ピントを合わせたと我ながら思う(笑) カメラの機能、様々🙌🏻

レモンユーカリ(@x_0yuka0_x)がシェアした投稿 –

中村匠吾さんの走っている姿です。

苦しいはずなのに、その苦しさを感じさせない表情がかっこいいです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

【#MGC 記者会見】 #中村匠吾(富士通) 「MGC出場を決めたびわ湖マラソンから1年、良かったこと、うまくいかなかったことがあったが、いろんな人に支えられてスタートに立つことができた。自分のベストパフォーマンスを出すことができ、40㎞付近で自信をもってスパートをかけることができた。(設楽悠太選手がスタート直後に抜け出した)記者会見でも飛び出すような発言をしていたので、飛び出すだろうとは思っていた。誰かがついていくか様子を見ていたが、みんな42㎞勝負を想定していたようで、ついていかなかったので、自分も集団の中で走ることを決めた。」 #この日日本代表が決まる #東京オリンピック マラソン🇯🇵日本代表選手選考レース #マラソングランドチャンピオンシップ #JAAF #陸上

日本陸上競技連盟(JAAF)(@jaaf_official)がシェアした投稿 –

爽やかな雰囲気が漂うイケメンです。

走っている姿ももちろんですが、普段からかっこいいですね。

 

大会で優勝した時の中村匠吾さんです。

クールな表情の中に、満足感が漂う姿がかっこいいですね。

中村匠吾の性格

中村匠吾さんの性格はのんびりしていて、マイペースな性格だそうです。

プライベートでは友人と出かけたり、大好きな焼肉を食べに行ったりしているそうです。

しかしその一方で、1人でいる時間も大切にしている模様。

1人で出掛けて、美味しいお店を探して1人で食事に行ったり、温泉にも行ったりするそうです。

反対に自宅で読書をして時間を過ごすこともあるそうです。

友人と、または1人でと自分の時間の使い方がマイペースなようです。

 

中村匠吾のネックレスのブランド

中村匠吾さんはレース中やプライベートでもネックレスを付けていることが多いです。

一体どこのブランドの物か気になります。

どうやらファイテン社製のネックレスの可能性が高いです。

スポーツ強豪校は一般企業からサポートを受けていることが多く、駒澤大学はファイテン社からもサポートを受けているそうです。

そのような関係から中村匠吾さんもファイテン社製のネックレスを駒澤大学時代から着用していたと思われます。

富士通へ環境が変わりましたが、着け心地やファッション性が気に入って継続して着用していると思われます。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

駒澤大学時代から主に活躍してきた中村匠吾さん。

その陰には大学時代から指導してくれた大八木監督の姿もありました。

今後のますます輝きを見せる中村匠吾さんの走りに期待しましょう。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください