服部勇馬(マラソン)がイケメンでカッコいい?性格や髪型・私服・ネックレスついても

マラソン界に新たなイケメンでカッコいい選手が登場しました。

話題になっているのは服部勇馬(はっとり ゆうま)さん。

数々のマラソンレースで結果を残してきたと実力も話題です。

しかしマラソンの実績と同じくその見た目のイケメンさとカッコよさも話題です。

果たして服部勇馬さんの性格は?髪型や私服・ネックレスはどうなっているのでしょうか。

服部勇馬さんの気になるところを探ってみました。

スポンサーリンク

服部勇馬(マラソン)のプロフィールや経歴

【名前】服部 勇馬(はっとり ゆうま)
【生年月日】1993年11月13日
【出身地】新潟県十日町市
【身長・体重】176cm・63kg
【競技】陸上 マラソン
【所属】トヨタ自動車

簡単なプロフィールは以上です。

詳しい経歴を見ていきましょう。

服部勇馬の小学校と中学校

服部勇馬さんは新潟県十日町市出身です。

小学校・中学校共に地元の公立校を卒業していて、十日町市立田沢小学校、十日町市立中里中学校を卒業しています。

服部勇馬さんは小学校の時にはサッカーに熱中していました。

中学進学後もサッカーを続けていくつもりでしたが、中学校にサッカー部がありませんでした。

そこで走るのが得意ということを活かして、陸上部に入部することにします。

中学校では長距離走を専門としていて、中学3年生時には全日本中学陸上の1500m決勝で7位に入賞しています。

服部勇馬の高校と大学

中学卒業後、服部勇馬さんは仙台育英高校に進学します。

高校でも陸上部に所属し、長距離を専門に陸上競技を続けます。

高校3年生の時に出場した青森インターハイ5000mでは5位に入賞します。

また全国高校駅伝には3年間出場しています。

・2009年 4区を走り区間11位
・2010年 1区を走り区間3位
・2011年 1区を走り区間21位

最終学年で出場した全国高校駅伝では不幸なことに脱水症状となり悔しい結果となりました。

高校卒業後、大学は東洋大学経済学部へ進学します。

東洋大学へ進学した理由には、監督を務める酒井俊幸さんとの因縁があったようです。

2011年に出場した大会で福島県の選手に服部勇馬さんは敗れてしまいます。

その時に東日本大震災の影響で練習を積めない選手に負けたんだぞと、その場に居合わせた酒井監督から声を掛けられたそうです。

厳しい酒井監督の言葉が服部勇馬さんの胸に響きます。

反省と同時にこの監督のもとで陸上をしたいという思いが沸き起こったそうです。

大学進学後も専門は変わらず長距離ランナーとして活躍します。

1年生からチームの主軸としてトラックや駅伝の大会に出場しています。

大学時代の成績をまとめてみると

2012年
・出雲駅伝 2区を走り区間2位
・全日本大学駅伝 8区を走り区間6位
・箱根駅伝 9区を走り区間3位
・関東私学五大学対校陸上競技選手権大会 3000m 3位
・日本ジュニア・ユース陸上競技選手大会 5000m 5位

2013年
・出雲駅伝 5区を走り区間賞
・全日本大学駅伝 2区を走り区間4位
・箱根駅伝 2区を走り区間3位

2014年
・全日本大学駅伝 2区を走り区間賞
・箱根駅伝 3区を走り区間賞
・熊本城マラソン(30km) 優勝
・関東インカレ 10000m 6位 5000m 7位
・日本インカレ 5000m 4位
・小江戸川川越ハーフマラソン 優勝

2015年
・出雲駅伝 2区を走り区間3位
・全日本大学駅伝 1区を走り区間賞
・箱根駅伝 2区を走り区間賞
・関東インカレ 5000m 4位
・日体大長距離記録会 1500m 7位
・ホクレン・ディスタンスチャレンジ北見 5000m 4位
・ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走 10000m 7位

このような輝かしい成績を残しました。

トヨタ自動車所属

大学卒業後はトヨタ自動車へ就職し、実業団選手として活動します。

服部勇馬さんには複数のチームから誘いがあったそうです。

しかしトヨタ自動車はニューイヤー駅伝のような大きな大会で結果を残してきたチームです。

ここに魅力を感じてトヨタ自動車への就職を決めたと考えられます。

トヨタ自動車に就職して1年目の2016年上半期は大会に出ることがありませんでした。

しかし同年下半期から大会に出場し、実績を残していきます。

2016年
・全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 5000m 7位(日本人2位)
・中部実業団対抗陸上競技選手権大会 10000m 7位(日本人1位)
・東京マラソン2016 12位(日本人4位)

2017年
・日体大長距離記録会 1500m 6位
・ゴールデンゲームズinのべおか 10000m 10位
・中部実業団対抗陸上競技大会 1500m 6位
・第101回日本陸上競技選手権大会 10000m 10位
・ホクレンディスタンスチャレンジ網走 10000m 11位
・東京マラソン2017 13位(日本人4位)

2018年
・金栗杯玉名ハーフマラソン大会 2位
・ウスディハーフマラソン 6位(日本人1位)
・プラハマラソン 5位(日本人1位)
・福岡国際マラソン 優勝

社会人となってからはマラソンでの大会出場が増え、徐々に順位を上げてきました。
2
019年9月に開催されたマラソングランドチャンピオンシップでは2位になり、東京オリンピックの代表にも内定しました。

服部勇馬がイケメンでカッコいい

見た目もイケメンでカッコいい服部勇馬さん。

そのイケメンな画像を探してみました。

短髪が似合っていてイケメンですね!

 

左が服部勇馬さんです。

髪を伸ばした服部勇馬さんもカッコいいです。

 

学生時代に箱根駅伝でチームの順位を上げるために1秒でも早く次の走者にたすきを渡そうと懸命に走っている姿がカッコいいです!

服部勇馬の性格

服部勇馬さんの性格はスポーツマンらしく真面目で努力家な性格のようです。

マラソンのような長距離走ですと、短期で結果が出るのではなくコツコツとした努力の積み重ねが求められます。

それを実現できる性格の持ち主と言えるでしょう。

また負けず嫌いでストイックという性格でもあるそうです。

東京オリンピック代表の内定を勝ち取ったグラチャンも、レーズ終盤で他の選手とのせめぎ合いを制して2位になりました。

最後の踏ん張りはこの性格に起因していたのではないでしょうか。

服部勇馬のカッコいい髪型

普段は前髪を掻き揚げて、おでこが見えるような髪型が多いようです。

服部勇馬のカッコいい私服やネックレス

写真左が服部勇馬さん。

普段はかなりラフな私服のようですが、変わらずイケメンです。

 

レースにはネックレスを付けて出場することが多いようです。

このネックレスはアスリート専用のもので、今では欠かせないアイテムの1つにもなっています。

ネックレスはDISMOI Nexus(ディスモイ ネクサス)というネックレスを愛用しているそうです。

定価は98000円と、それなりのお値段ですが、筋肉のこりや血行を促進することで、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮できるようにアシストしてくれる効果があるそうです。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

見た目がイケメンでとてもカッコいい服部勇馬さん。

走る姿がよりカッコいいですが、今後のレースにも期待したいです。

真面目な努力家の服部勇馬さんに惜しみなくエールを送りましょう。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください