紅の豚がつまらないし面白くない?興行収入や海外の反応についても

みなさんは「紅の豚」が好きでしょうか?

ファンタジー色が強く、子供がワクワクする世界観をもっているジブリ作品の中ではかなり大人向けの作品と思います。

ワクワクする世界観を求めた観客からは「つまらない」という意見も聞かれます。

この記事では紅の豚がつまらない、面白くない理由の考察と興行収入や海外の反応について紹介しています。

スポンサーリンク

紅の豚がつまらないし面白くない?

「紅の豚」がつまらないという理由にはどのようなものがあるでしょうか?

例えば、紅の豚」は飛行機を中心とした物語です。

飛行機は男にとっては魅力的でかっこいいものですが、女性受けは微妙だなと思います

また、「紅の豚」に出てくる男は少し汚らしい人たちが多いと思います。

主人公ポルコは豚ですし、マンマユ―ト団は汗だくの汚れたおじさん達です。

もう一つ、「紅の豚」がつまらないと思われる理由として、他のジブリ作品の中でかなり異質な作品となっているからだと思います。

ジブリ作品の多くは、「となりのトトロ」や「崖の上のポニョ」のようにファンタジー色が強めで、主人公が子供であることが多いです。

世界観がワクワクする上、主人公が子供なので、子供にとっては感情移入しやすく、また大人たちも、主人公を取り巻く大人に感情移入したり、我が子を見守るように主人公のことを見たりすると思います。

ですが「紅の豚」では、家族を持たない一匹オオカミのポルコが主人公ですし、舞台も1900年代のイタリアという日本人には縁遠いところであるためなかなか感情移入しにくい作品になっているのだと思います。

紅の豚の興行収入

つまらないという意見がある「紅の豚」ですが、興行収入は実はなかなか良いのです。

具体的には興行収入47.6億円です。

これは歴代22作品のジブリ作品の中で9位の位置につけています。

47.6億円という数値は、山崎賢人さん主演の「キングダム」が58憶円で、大ヒットした「翔んで埼玉」が38億円なので、社会現象クラスの興行収入だと言えると思います。

それでも9位というジブリの凄さに驚かされますね。

ちなみにジブリの中で1位は「千と千尋の神隠し」で316憶円です。

これは歴代日本映画の2位にあたります。

鬼滅の刃に抜かれるまで、19年間1位だったそうです。

紅の豚の海外の反応

「紅の豚」の海外の反応をアマゾンレビューから見ていきたいと思います。

星での評価では、5つ星評価を付けた人は全体の7割、4つ星評価を付けた人は全体の2割でした。

かなりの高評価なのではないかと思います。高評価を付けた人は宮崎駿監督をべた褒めしており、ジブリの最高傑作だという人もいます。

逆に低評価を付けた人はどんな意見をもっているのか見ていきたいと思います。

心躍るファンタジー作品ではなく、リアル志向の作品であるのに、全体的にシリアスな場面が少なく、誘拐シーンでは少女がはしゃいだり、むしろ馬鹿馬鹿しいシーンが多い。17歳のフィオと倍以上歳の離れたポルコの恋愛なんて見てられない。

こんな意見がありました。

やっぱり男目線の作品であるため、女性受けが悪いなという印象です。

確かに全体的な雰囲気はシックで大人びたものですし、飛行機のエンジンの細かい表現や、操縦のリアルさなど、リアル志向の作品といえる要素が沢山あるにも関わらず、シリアスなシーンがなく、緊張感が生まれないなとは思います。

しかしこれは子供が見る事を想定した宮崎駿監督の優しさなのではないかと思います。

低評価意見で多かったのが、最後のシーンが曖昧なまま終わったことです。

ラストシーンに明確なオチを付けなかった為、「結局この作品は何が言いたかったの?」と消化不良に陥った人が多かったようです。

私はこういった結末を観客に想像させる作品は好きですが、やっぱり物語の最後で主人公の成長や変化が感じられた方が良いなと思います。

これまで低評価の意見を紹介してきましたが、全体的には高評価が多く、海外でも名作として認識されていると思います。

紅の豚は面白い

「紅の豚」が面白くないと言われる理由について考察してきましたが、個人的には大好きな作品です。

他のジブリ作品と異質ということは、他のジブリ作品とは全く異なった魅力があるということで、大人向けでありながら、子供にも「大人って渋いな、飛行機かっこいいな」と思わせてくれる良い作品だと思います。

「紅の豚」は面白いですが、どうせならシリアスなシーンを増やして、子供には受けないかもしれないけど、大人にとって、より刺さる映画になっていても良かったのではないかと思います。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

「紅の豚」が面白くないと言われる原因について考察してきました。

確かに大人向けでありながら、シリアスさに欠ける部分はあるかと思いますが、海外からの評価も概ね高く、興行的にもかなり成功しているので、みんなに愛された名作だと思います。

個人的には好きなジブリ作品です!

TSUTAYA TV/DISCASは30日以内に解約をすれば無料です。

最新の配信状況はTSUTAYA TV/DISCASの公式サイトをご確認ください

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVの会員登録方法!スマホやパソコンの手順を分かりやすく解説!

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVの会員解約方法!スマホとパソコン退会手順を分かりやすく解説!

【関連記事】
紅の豚(映画)の原作との違いを簡単に説明!最後の結末やその後についても

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください