アナと雪の女王2(アナ雪2)のエルサの正体は第5の精霊?最後やその後の考察も

アナと雪の女王2(以下、アナ雪2)エルサの魔法の力はなぜ与えられたのかが解き明かされる物語です。

最後まで見ればエルサの正体が実は第5の精霊であったということがわかります。

この記事ではエルサの正体がなぜ第5の精霊なのか、エルサの最後やその後どうなるのかについて考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

アナと雪の女王2(アナ雪2)のエルサの正体は第5精霊?

アナ雪2では、エルサは謎の声に呼ばれてアレンデールを離れ旅に出ます。

訪れた魔法の森の入り口には大きな4つの岩があり、4つの精霊を表すマークが彫ってありました。

風、火、水、地を司る精霊のマークです。

実は同じマークがアナとエルサの母イドゥナ王妃の形見のスカーフにも描かれています。

マークは4つですが、中央にもう一つの精霊のマークがあるものが完成形なのです

その事実を魔法の森に住むノーサンドラのハニーマリンから聞いたエルサは、さらに北に向かいます。

全知全能の伝説の川、アースハランのドームにエルサが入った時、4つのマークの中央に突然第5のマークが出現し、雪の紋章の形が完成します。

これこそが、エルサ第5の精霊である証となります。

ノーサルドラはアレンデール王国の北に住んでいた人々ですが、アナとエルサの祖父のルナード国王の統治下で争いが起こり、怒った精霊によって霧の中に閉じ込められてしまいました。

争いの中で負傷したアグナル王子(アナとエルサの父)を助けたのはノーサルドラのイドゥナでした。

その様子を見ていた精霊は、生まれてくる子(エルサ)に魔法の力を与えます。

エルサの魔法は、仲違いしてしまった両国を取り持ち、かけ橋になるために与えられたものだったのです

争いのもとになったのは、両国の間に建設されたダムでした。

表向きの理由は平和の象徴と友好関係の証でしたが、実はこのダムは森の精霊の力を弱めようという裏の理由がありました。

エルサは第5の精霊として、最後はダムを破壊して両国にも、魔法の森にも平和をもたらしたのです。

アナと雪の女王2(アナ雪2)のエルサの最後

エルサは魔法の森にとどまることを決めます

一方でアナはアレンデールに女王として暮らすことになります。

仲が良かった姉妹の離れ離れの結末に胸を痛めたという方も多いのではないでしょうか。

前作、アナと雪の女王(以下、アナ雪)でも、エルサは人と違う特別な力に悩んでいました。

なぜ魔法の力を持っているのか、なぜ人と違うのかという不安や悩みを抱え、ずっと孤独に生きてきました。

アナ雪2で魔法が与えられた理由を知ることで、ずっと抱えてきた不安や悩みが解消されたはずです。

そして、やっと安心できる居場所を見つけたと言えるのではないでしょうか。

前作のアナ雪のラストではアナと仲直りして女王としてアレンデールに戻っていますが、抱えていた不安や悩みはずっと胸の奥底にあったのだと思います。

本当の本当に「ありのまま」でいられるのは生まれ育ったアレンデールではなく、魔法の森だったということです。

アナと雪の女王2(アナ雪2)のその後を考察

上記の結末に「悲しい」「寂しい」「エルサがかわいそう」という声が聞かれました。

一方で、肯定的な感想も見られました。

アナ雪では主題歌「ありのままで」を歌唱するシーンで、悩みを吹き飛ばしたような描写がありましたが、それでも人と違う自分を受け入れることは難しかったのだと思います。

アナ雪とそれに続く短編映画「アナと雪の女王/家族の思い出」では姉妹愛、家族愛が描かれています。

アナ雪2で描かれる「愛」はエルサが自身に対するものだと思われます。

エルサが自分自身を愛すること、受け入れることです。

魔法の力があるために心を閉し、真夏のアレンデールを凍りつく冬の国へ変え、アナに怪我を負わせてしまったことはやはりずっと心に引っかかっていたのでしょう。

第5の精霊として、自然と人間の調和を図り、架け橋になるという役割はエルサが自分の魔法の力を受け入れる理由になったのだと考えられます。

離れ離れに暮らしても、それぞれの場所で頑張るアナとエルサ。

風の精霊に手紙を運んでもらったりと親交が途切れることはなさそうです。

物語が終わった後も、エルサはノーサルドラの女王として、アナはアレンデールの女王として、時には行き来し、両国の関係を維持させながら、発展させ、姉妹仲良く笑顔を見せていることでしょう。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

アナ雪2で明かされたエルサの正体は第5の精霊でであることと、エルサの最後についてまとめました。

アナ雪で戴冠式から飛び出したエルサがきっちりとまとめられた髪をほどき「ありのままで」を歌唱するシーンはドラマチックで印象的でした。

アナ雪2の最後ではもっとラフに、自然体の姿を見せています。

エルサが本当の「ありのまま」を手に入れたことがよくわかります。

【関連記事】
アナと雪の女王2(アナ雪2)がひどいし意味不明?つまらない・面白くない理由を考察!

アナと雪の女王2(アナ雪2)の精霊の種類と名前・由来?モデルやマークの秘密も

【アナと雪の女王2】オラフの声に違和感?声優の武内駿輔のプロフィールや出演経歴についても

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください