大西ひかり(日本郵政グループ)の出身中学や高校は?選手経歴や同世代のライバルも

女子実業団陸上長距離界のトップアスリートの一人で、日本郵政グループに所属している大西ひかりさんはどのような経歴を持っているのでしょうか。

大西ひかりさんの出身中学や高校、選手経歴や同世代のライバルについて調べてみました!

スポンサーリンク

大西ひかりさん(日本郵政グループ)のプロフィール

名前:大西ひかり(おおにしひかり)
生年月日:2000年4月26日(20歳)
身長:不明
出身:兵庫県
学歴:兵庫県加古郡播磨町立播磨中学校
私立須磨学園高等学校
職歴:かんぽ生命保険(日本郵政グループ女子陸上部所属)
種目:中長距離走
ニックネーム:ひかり
座右の銘:妥協しない

 

雨が降って路面が濡れているなかで、駅伝競技で大西ひかりさんは前を向いて一生懸命走っています。

表情は冷静で余裕がありそうですね。

大西ひかりさんは座右の銘で「妥協しない」とあるように、きっと自分に厳しくまじめな性格ではないでしょうか。

大西ひかりさんの中学時代の経歴

大西ひかりさんの中学での主な経歴は以下のとおりです。

2015年

全日本中学陸上/1500m/4位

ジュニアオリンピック/A3000m/15位

2016年

全国女子駅伝3区/8位/兵庫県4位

大西ひかりさんは、中学校は兵庫県加古郡播磨町立播磨中学校に通い、その当時から陸上競技を行っており、全日本中学陸上やジュニアオリンピック、さらに全国女子駅伝に出場されるなど輝かしい成績を収められていたようです。

大西ひかりさんの高校時代の経歴

大西ひかりさんの高校での主な経歴は以下のとおりです。

2017年

全国女子駅伝7区/区間賞/兵庫県8位

全国高校陸上/1500m/15位

全国高校陸上/3000m/17位

2018年

全国女子駅伝2区/17位/兵庫県優勝

クロスカントリー日本選手権/ジュニア6km/18位

全国高校陸上/1500m/9位

全国高校陸上/3000m/14位

第73回国民体育大会/少年女子A3000m/9位

全国高校駅伝女子5区/区間5位/須磨学園5位

2019年

全国女子駅伝6区/区間賞/兵庫県4位

大西ひかりさんは、高校は私立須磨学園高等学校へ進学されました。

須磨学園高校は陸上競技の強豪で、特に女子陸上競技部は2003年、2006年に全国高校駅伝で優勝しており、大西ひかりさんも陸上競技部で一生懸命練習を重ねていたと思われます。

その練習の成果が実り1年生から大活躍されます。全国女子駅伝では7区で区間賞を獲得し、兵庫県の8位に貢献しました。同じく

3年生で出場した全国女子駅伝でも、6区で区間賞の走りを見せ兵庫県の4位の立役者となりました。

その他にもクロスカントリー日本選手権や全国高校陸上にも出場され好成績を収められています。

大西ひかりさんの日本郵政グループでの経歴

大西ひかりさんは高校卒業後、かんぽ生命保険に入社し日本郵政グループ女子陸上部に入部されました。

大西ひかりさんの日本郵政グループでの主な経歴は以下のとおりです。

2019年

クロスカントリー日本選手権/ジュニア6km/5位

世界クロスカントリー選手権/ジュニア6km/33位/日本団体銅メダル

全日本実業団陸上/1500m/12位

全日本実業団陸上/ジュニア3000m/23位

第103回日本選手権/1500m/12位

実業団女子駅伝5区/区間4位/日本郵政グループ1位

2020年

全国女子駅伝9区/区間10位/兵庫県6位

実業団女子駅伝6区/区間1位/日本郵政グループ1位

大西ひかりさんは日本郵政グループ入部1年目から、その実力を如何なく発揮し、チームの中心選手として活躍されます。

実業団女子駅伝では5区を区間4位の走りで、日本郵政グループの総合1位に貢献しました。

さらに翌2020年の実業団女子駅伝においても、最終6区で区間賞の快走を見せました。

この大会で日本郵政グループは大会新記録を樹立し、2年連続3度目の優勝を飾りました。

大西ひかりの同世代のライバル

ここでは大西ひかりさんと同世代のライバルについて紹介したいと思います。

廣中璃梨佳(日本郵政グループ)

大西ひかりさんの同世代のライバルとして、日本郵政グループに同期で入部された廣中璃梨佳さん(ひろなか りりか)がいます。

廣中璃梨佳さんは長崎商業高校の時から全国高校女子駅伝で区間賞を獲得するなど活躍されいます。

日本郵政グループに入部後も実業団女子駅伝や全国女子駅伝などで区間記録での区間賞を獲得し、さらに2020年東京オリンピック女子5000m参加標準記録を突破し、東京オリンピックでの活躍が非常に期待される選手です。

荒井優奈(名城大学)

同じく同世代のライバルとして、須磨学園高校の同級生で名城大学に在籍されている荒井優奈さん(あらいゆうな)さんがいます。

荒井優奈さんは高校生の時、全国女子駅伝で区間賞を獲得するなど活躍され大西ひかりさんのよきライバルでした。

名城大学でも1年生から中心選手として欠かせない存在となっています。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

2021年2月に全日本実業団ハーフマラソン大会に出場する大西ひかりさんは、ハーフマラソンデビューとなり、インタビューで「いつも応援ありがとうございます。今回初めてハーフマラソンに挑戦するので、自分の限界を超えられるように頑張ります。」とコメントされていました。

女子実業団の陸上長距離種目において、大西ひかりさんの今後の活躍がますます期待されますね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください