【ラブパトリーナ】ラブゼーロまとめ!ラブ解説とゲスト出演俳優についても

2020年7月26日放送が始まった第四弾のガールズヒロイン番組『ラブパトリーナ』

ラブパトリーナでは毎回ラブパトの前に立ちはだかるラブゼーロが現れます。

今回はそのラブゼーロ図鑑とその解説とゲスト出演俳優も紹介していきます。

adsense

スポンサーリンク

ラブゼーロまとめとラブ解説・ゲスト出演俳優について

ラブパトリーナでは放送回ごとに毎回違うラブゼーロが登場します。

そのラブゼーロを作るにはラブパックンというカエルのような姿をしたキャラクターです。

ワルピョコ団のパックやリンチョがラブパックンを放ち、街中でラブを持っている人のラブをラブパックンに食わせてて、ラブゼーロを誕生させます!

1話:コンダテオナージー

ラブパトリーナ第1話で初めてラブゼーロになったのは主役の愛羽ツバサのお母さん・愛羽優です。

愛羽優は料理好きで、ツバサやお父さんなど家族にたくさんのラブを持っています。

それを見たワルピョコ団はツバサのお母さんをコンダテオナージーというラブゼーロにしてしまいます。

コンダテオナージーのラブ解説
愛する家族のため、夕ご飯を毎日あれやこれや考えて、一生懸命お料理してくれる お母さんのラ~ブ♡

 

コンダテオナージー役は磯山さやか

コンダテオナージーを演じたのは磯山さやかさんです。

磯山さやかさんは愛羽ツバサの母親役なので、毎回出演しないもののこれから何度か出演される可能性があります。

磯山さやかさんファンはラブパトリーナを見逃さないで見ていたほうが良いですね!

 

2話:スイーツカエール

第2話でラブゼーロになったのは街のパティシエ甘海ほのかです。

パティシエ甘海ほのかは作ったスイーツを街の人々に配るというラブを持っています。

そのラブに目をつけたパックとリンチョはパティシエ甘海ほのかをスイーツカエールというラブゼーロに変えてしまいます。

このラブゼーロは様々なスイーツを雑貨に変えてしまいます。

スイーツカエールのラブ解説
一生懸命作ったケーキで みんなを幸せにしちゃう パティシエさんのラ~ブ♡

 

スイーツカエール役は平祐奈

スイーツカエールを演じたのは平祐奈さんです。

平祐奈さんはスイーツカエールになってさまざまは変顔を見せてくれています。

見た方はおわかりかと思いますが、見れなかった方はU-NEXTで確認してみてください!

3話:モジスイトール

3話でラブゼーロになったのは図書館のお兄さん・二又吉直哉です。

戸塚純貴さんが演じる二又吉直哉はワルピョコ団のパックとリンチョが放ったラブパックンによって本に対するラブを奪われ、世の中のあらゆる文字を吸い取ってしまうモジスイトールになってしまいます。

モジスイトールのラブ解説
本の素晴らしさ を広めて、みんなの想像力を豊かにしちゃう 図書館のお兄さんのラ~ブ♡

 

モジスイトール役は戸塚純貴

モジスイトール役を演じたのははんにゃの金田哲さんでなく戸塚純貴さんです。

戸塚純貴さんはイケメンですが、少しはんにゃ金田哲さんに似ているところもありますね(笑)

戸塚純貴さんは有名な俳優さんで、仮面ライダーウィザードの奈良瞬平役ドクターX第6期の多古幸平役などを演じています。

戸塚純貴さんはラブパトを踏み台に更に演技の幅を広げることでしょう。

戸塚純貴さんの活躍を期待しましょう!

4話:オハナハーナ

ラブパトリーナ4話でラブゼーロになったのはお花屋さんの菊池優花です。

田中日奈子さん演じる菊池優花は花に対するラブを持っており、それを見たパックとリンチョは菊池優花にラブパックンを放ち、菊池優花のラブをゼロにしてしまいます。

ラブをゼロにされた菊池優花はオハナハーナというラブゼーロにされ、人々の鼻を花に変えてしまいます。

「オハナハーナ」に関してはダジャレかとの意見が多かったですね!

モジスイトールのラブ解説
お花を育てて、見る人の気持ちをハナハナ~っと 華やかにしちゃうお花屋さんのラ~ブ♡

 

オハナハーナ役は田中日奈子

オハナハーナ役を演じたのは田中日奈子さんです。

田中日奈子さんは2010年に開催された第14回ニコラグランプリのグランプリを獲得し芸能界デビューします。

現在はニコラの専属モデルをしながら女優をしています。

田中日奈子さんが過去に出演したドラマ代表作は『昼顔』です。

また、舞台では『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』が有名ですね。

まだ23歳と若いのでこれからテレビなどで見る機会が増えて活躍してくことでしょう。

5話:ドウブツクッキッキー

5話でラブゼーロにされたのは動物園で飼育員をしている森野ムツコです。

森野ムツコは動物へのラブをもっており、そのラブをみたパックとリンチョが森野ムツコをドウブツクッキッキーというラブゼーロにしてしまいます。

ドウブツクッキッキーは動物をクッキーにして食べるという技を持っています。

ラブピョコドウブツクッキッキーにクッキーにされてしまいます。

ドウブツクッキッキーのラブ解説
動物たちをこよなく愛し、子供たちに動物とふれあう 楽しさを教えちゃう どうぶつ博士のら~ぶ♡

 

ドウブツクッキッキー役は伊藤修子

ドウブツクッキッキーを演じた伊藤修子さんは吉本興業のよしもとアクターズ所属の女優さんです。

伊藤修子さん自体は芸人ではないですが、よしもと所属ということもあり変顔やおもしろいアクションをすることもできる女優さんです。

6話:ラブパトヤーダ

6話でラブゼーロになったのは本屋さんの本田好助です。

本屋さんはラブパトに関する本を一生懸命売っているラブを持っているようです。

そのラブをラブパックンに食べられ、ラブパトヤーダというラブゼーロにされていしまいます。

ラブパトヤーダの攻撃されると変な顔にされ、イメージがダウンすると言うものでした!

ラブパトヤーダのラブ解説
ラブパト特大号を一生懸命売って、ラブパトの記事をみた みんなを幸せにしちゃう本屋さんのラ~ブ♡

ラブパトヤーダ役は山崎裕太

ラブパトヤーダを演じたのは俳優山崎裕太さんです。

山崎裕太さんは3歳の頃から子役として活躍しています。

ラブパトをみている親御さんであっぱれさんま大先生「ゆうた」の名前で出演していたのを覚えている方も多いのではないでしょうか。

7話:ゼンブウッソー

7話でラブゼーロになったのは愛羽ツバサの母親・愛羽優の小説「名探偵マグレ」の主人公マグレです。

名探偵マグレはラブピョコのとんでもない力によって、本の世界に入り込んでしまったパックとリンチョによってラブゼーロにされてしまいます。

マグレのラブゼーロ名はゼンブウッソーです。

ゼンブウッソーになったマグレは聞かれたことを全てウソで返答するというものです

ウソをつくとピノキオの鼻のように鼻が伸びます!

ゼンブウッソーのラブ解説
どんな難事件も ズバババっと解決 真実を求める 名探偵のラ~ブ♡

 

ゼンブウッソー役は松田悟志

ゼンブウッソーのラブゼーロ・名探偵マグレを演じたの松田悟志さんです。

松田悟志さんが芸能界に入ったきっかけはラブパトリーナの総監督・三池崇史監督によってスカウトされたことにより芸能界入りしています。

その後は仮面ライダー龍騎などに出演したり、数多くのドラマ・映画などに出演しています。

松田悟志さんはこれまでの経験から演技に箔がかかって良い演技をしてくと思われます!

8話:アセダックダーク

8話でラブゼーロになったのはお化け屋敷のお化け役でお客さんを怖がらせているお兄さん・稲荷川淳三です。

その稲荷川淳三のラブゼーロ名はアセダックダークです。

アセダックダークはお化け屋敷内の空調を全て暖房にし、更にストーブをともして皆を怖がらせて寒がらせるどころか、お化け屋敷の室内を温めすぎて汗だくにさせます!

ゼンブウッソーのラブ解説
スリルとホラーで 夏の暑さをふっとばす お化け屋敷の 仕掛け人のラ~ブ♡

 

アセダックダーク役は落合モトキ

ラブパトリーナ8話でアセダックダークのラブゼーロを演じたのは落合モトキさんです。

落合モトキさんも小さいときから子役として活躍をしており、あっぱれさんま大先生の出身です。

今回のラブパトリーナではあっぱれさんま大先生出身の俳優さんが出てますね。

もしかしたら内山信二さんとかも今後出演があるのでしょうか。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

ラブパトリーナの敵となるラブゼーロ図鑑と解説まとめとゲスト出演俳優についても紹介してきました。

ツバサたちの活躍もたのしいですが、毎回違うラブゼーロとゲストが出演するのでそれだけを見るだけでラブパトリーナを楽しむことができます。

ラブゼーロについても注目するようにしてみてください!

随時ラブゼーロについて更新していきますね!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください