ラブパトリーナ7話のあらすじネタバレ感想!剣崎ハヤトはラブパトポーズができない?

ラブパトリーナ6話ではツバサたちの学校の先輩である剣崎ハヤトがラブパトひみつ本部の一員に加わるというストーリーでしたね。

剣崎ハヤトがガールズヒロイン初のメンバーに加わることがあるのでしょうか。その点は今後に期待して待ちましょう。

なお、ラブパトリーナ6話のネタバレ感想などを知りたい方は下記の記事で紹介しています。

ラブパトリーナ6話のあらすじネタバレ感想!追加戦士は剣崎ハヤト?

ラブパトリーナ7話ではツバサがお母さんの小説作品「名探偵マグレ」の中に吸い込まれてしまいます。

そして、ツバサ一人でラブゼーロと対決するようです。

ツバサは「名探偵マグレ」の小説から抜け出すことはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

ラブパトリーナ7話のあらすじ

ここではラブパトリーナ7話のあらすじや概要について紹介していきます。

概要

ラブパトリーナの7話の概要は下記のようになっています。

タイトル 名探偵をラブタイホ!
ラブパトリーナ出演者 渡辺未優/山口莉愛/山下結衣/杉浦優來/冨士原生/黒木 啓司
ワルピョコ団関係者 ワリーヌ/パック/リンチョ
ゲスト出演者 松田悟志 (マグレ十郎役)/矢野優花(ミユキ役)
ラブゼーロ ゼンブウッソー

7話:名探偵をラブタイホ!のあらすじ

愛羽ツバサの母親・愛羽優は小説家です。

愛羽優はなかなかよいアイデアが浮かばず、連載中の「名探偵マグレ」の締切に間に合いそうにない。

そんな姿を見ていたツバサやラブピョコはいきなり不思議な光に包まれて、小説の中に吸い込まれてしまう。

小説の中では「名探偵マグレ」がラブゼーロにされてしまう。

ツバサとラブピョコは小説の中から抜け出すことはできるのでしょうか。

7話の放送前考察

ここからはラブパトリーナ7話の放送前考察をしていきたいと思います。

ツバサのソロ回2回目

ラブパトリーナ7話ではツバサのソロ回となります。

これまで7話放送されましたが、ツバサのソロ会はこれで2回目となります。

1回目は1話の初回放送

そして今回が2回目のツバサのソロ回となります。

1話はラブパトリーナ初回放送なのでツバサをラブパトリーナにさせる、ラブパトリーナを紹介する意味合いがありましたが、今回の7話は本格的にツバサが一人でラブパトリーナとして戦うことになります。

7話でもキャットモードを使うようですが、ラブパトカードはなにが出るのかも気になるところですね!

ラブピョコがラブパトドリンク120杯飲むとどうなる?

ラブジー長官がいつも飲んでいるものは何なのでしょうか。

牛乳なのでしょうか。

それともミルクルのようなヨーグルト味のような乳製品の飲み物なのでしょうあ。

ラブジー長官が飲んでいる飲み物をラブピョコが120杯飲むとラブピョコは不思議な力を発揮するようです。

ラブピョコは宇宙人なので、120杯飲むことができると思いますが、普通人間であれば120杯も飲みうことができないですよね。

通常120杯もの飲み物を飲んだら、お腹が膨れますよね。

もしかすると不思議な力とは戻してしまうとか・・・。

幼児向けの番組なのでそれはないですかね(笑)

剣崎ハヤトはラブパトポーズができない?

ラブパトひみつ本部となった剣崎ハヤト

剣崎ハヤトもラブパトひみつ本部で活動します。

ラブパトのツバサたちはラブパトリーナとしての活躍のあとは、ラブパトひみつ本部の服装に着替えてラブパトポーズを決めます。

今回もいつも同様ラブパトポーズを決めるのですが、剣崎ハヤトは一番うしろでラブパトポーズをしているツバサたちを痛い視線で見ています

ラブパトメンバーとなればラブパトポーズを決めると思いますが、現時点では剣崎ハヤトはラブパトポーズを完全にはできないようですね・・・(笑)

7話のラブゼーロは松田悟志

ラブパトリーナ7話でラブゼーロとなるのはマグレ十郎(松田悟志さん)です。

ラブゼーロとなったマグレ十郎は真実の探偵から嘘の探偵となってしまうようです。

ラブゼーロとなるマグレ十郎のラブゼーロ名はウソツーキーでしょうか。

【2020年9月6日追記】

松田悟志さんが演じたラブゼーロはウソツーキーでなく、ゼンブウッソーでした。

嘘を言うときゼンブウッソーの鼻がピノキオのように木の鼻がついていました

 

ラブゼーロを演じる松田悟志さんは俳優で、仮面ライダー龍騎にも出演しており、特撮番組出演経験もありです。

俳優歴も長く、出演番組は多数です。

今回もこれまでの俳優の経験からツバサを演じる渡辺未優さんがしっかり演じる事ができるようにベテランとして演じることでしょう。

7話の放送前の感想

ここからラブパトリーナ7話の感想について紹介していきます。

松田悟志さんのファンもラブパトリーナを7話の放送を楽しみにしているようですね!

 

出演者なので宣伝することは当たり前ですが、7話についても宣伝していますね

7話の放送後のネタバレ

ラブパトリーナ7話では剣崎ハヤトが新人署長として加入し、ラブパトひみつ本部が賑やかになりました。

そのラブパトひみつ本部でラブジー長官がラブパトドリンクを飲もうと冷蔵庫を開けようとするとラブパトドリンクが一つもなく、ラブピョコがラブパトを飲んでいることが判明する。

120杯のラブパトドリンクを飲んだラブピョコのとんでもない力を発揮し、ラブピョコの周りにいた人をツバサのお母さんの小説「名探偵マグレ」の本の世界の中に取り込んでしまいます

本の中に入ったツバサとラブピョコは名探偵マグレと出会います。

また、ツバサたちと一緒に本の世界の中に入ってしまったパックとリンチョは名探偵マグレをゼンブウッソーというラブゼーロにしてしまいます。

ラブゼーロになった名探偵マグレに話を聞くと言うことは全部ウソでで返されます。

本の中にラブゼーロがいることを知ったツバサはラブパトピンクになり、ラブゼーロと対決します。

ツバサはキャットモードで、キャッツアイで暗闇にいるラブゼーロを見つけ出します。

そして、ラブゼーロを捕まえることに成功します。

今回はツバサのソロ回だったので、ラブパト変身時のダンスもいつもより長いロングバージョンでした。

また、コノハのラブパトポーズも初披露ラブ・満開だっね!されましたね

adsense

スポンサーリンク

まとめ

ラブパトリーナ7話について紹介してきました。

ラブパトリーナが放送開始されて以降、1話以外でツバサのソロ回初めて隣ります。

ツバサのソロ回はキャットモードで、どんなラブパトカードがでてくるのか楽しみですね。

7話の放送を楽しみに待ちましょう。

関連記事

 

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください