仮面ライダージオウ27話のネタバレ考察感想!オーマジオウの誕生の理由判明その2

仮面ライダージオウ26話ではバス事故現場で、ツクヨミが「ソウゴ!」と叫びながら銃を発砲、バス事故が発生するのを目撃するゲイツ。

ゲイツはツクヨミの決意を思うと、自分の不甲斐なさに憤りと責任を感じ、ゲイツリバイブへと変身する。

ゲイツリバイブはジオウIIの未来を見る力をも上回るスピードとパワーでジオウIIを圧倒する。

26話のネタバレは下記の時記事で紹介しています。

仮面ライダージオウ26話のネタバレ考察!オーマジオウが誕生する理由が判明?

 

27話ではバス事故が起きた真相、ソウゴと加古川飛流の関係、オーマジオウが誕生する出来事が起こるようです。

27話のネタバレ考察感想とともにオーマジオウが誕生する真相について紹介しています。

スポンサーリンク

27話「すべてのはじまり2009」のあらすじ

 

 

ゲイツリバイブへと変身したゲイツはソウゴにも上回るスピードとパワーを持っていて、ジオウIIを圧倒。

ゲイツとソウゴの戦いは決着がつかず、改めてソウゴに戦いを挑むゲイツ。

一方、ソウゴは大叔父の順一郎から「同世代のゲイツとツクヨミがいなくなり寂しいのなら素直に言いなさい!」と叱られる!

その思いを胸に秘め、ソウゴは順一郎の思いを胸に、決着をつけるためにゲイツのところへ・・・。

一方、黒ウォズとウールの企みにより、白ウォズはアナザーゴースト(飛流)に襲わせると、黒ウォズは白ウォズ仮面ライダーウォズのビヨンドドライバーとウォズミライドウッチなどを奪い、自ら仮面ライダーウォズへと変身する・・・。

 

27話「すべてのはじまり2009」の概要

放送日 2019年3月17日(日)
タイトル すべてのはじまり2009
仮面ライダージオウ 常磐ソウゴ(奥野壮さん)
ゲイツリバイブ 明光院ゲイツ(押田岳さん)
仮面ライダーウォズ 黒ウォズ/白ウォズ(渡邊圭祐さん)
アナザージオウ 加古川飛流(佐久間悠さん)
レジスタンス ツクヨミ(大幡しえりさん)
タイムジャッカー ウール(板垣李光人さん)
オーラ(紺野彩夏さん)
スウォルツ(兼崎健太郎さん)
クジゴジ堂店主 常磐順一郎(生瀬勝久さん)

 

27話「すべてのはじまり2009」のネタバレ考察

26話ではバス事故の原因がソウゴで、その背景にはツクヨミが絡んでいたことが判明

そして、ゲイツはゲイツリバイブへ覚醒し、アナザージオウ、ジオウIIの力をも上回る。

ソウゴと飛流との本当の関係、バス事故の真相、そして、オーマジオウが誕生する真相が明らかになっていきそうです。

バス事故の真相

ツクヨミはバス事故の真相を追求するため、2009年移動。

そして、バス事故が起こったときにツクヨミがバスの中におり、バスの中で「ソウゴ!」と叫びながら、ツクヨミはファイズフォンを発射!

そのシーンをゲイツは目撃していました。

26話ではゲイツの視点でバス事故が描かれいました

27話はツクヨミの視点で描かれることになります!

 

ツクヨミの視点となると事故を起こしたバス車内の状況が描かれることになります。

ということは、ツクヨミが「ソウゴ!」と叫びながら、ファイズフォンを発射した理由、そして、ソウゴと飛流にはどのようして事故に巻き込まれたのかなどが判明することでしょう。

予告でスウォルツと門矢士が事故を起こしたバス車内にいたことから、バス事故を起こした張本人はスウォルツ門矢士です。。

以前の放送でタイムジャッカーによって門矢士は召喚されているので、タイムジャッカー・スウォルツのために門矢士が動くのも合点がいきます。(二人は協力関係にあると思われます。)

バス事故の原因は、飛流をアナザージオウにすべく、このバスにスウォルツが現れ、ソウゴ(スウォルツはソウゴを飛流だと勘違い?)を襲おうとしたのならば、ツクヨミが襲われかかっているソウゴを守ろうとして、名前を呼びながら発砲した可能性があります。

そして、それを事件でなく、事故として内密処理するため、門矢士がトンネル内で事故を起こしたと思われます。

ソウゴは自分の思いを告げる

ソウゴは大叔父である順一郎から「ゲイツとツクヨミがいなくなり寂しいのなら素直に言いなさい!」と初めて叱りを受ける。

ソウゴが両親をなくしてからずっと順一郎が男手1人で育て来て、友達のいないソウゴをずっと見てきたなかで、一度も友達と呼べるような友達を作ってこなかった順一郎のソウゴへの愛の咤なのでしょう

 

順一郎の言葉を受けて、ソウゴは決意する。

ゲイツやツクヨミは自分を倒そうとしているが、それでも友達であると!

そして、やはり「最悪の魔王でなく」、「最善、最良の魔王になる!」と。

その思いを胸に秘め、ゲイツリバイブとの決着をつけるために戦う。

 

一方、ゲイツリバイブはジオウIIの予知能力を上回るパワーとスピードを持っているが、それは同時にゲイツの体力を奪うものであった。

ジオウIIとの戦いが長時間になると、だんだんパワーもスピードも衰え、次第にジオウIIと互角のなってくる。

互角になったジオウII(ソウゴ)はゲイツに思いを告げる・・・。

ウールは離反する

ソウゴがゲイツと戦っている裏で、黒ウォズが二人を激突を止めるために動きます。

なんと、敵?であるウールを使って、アナザージオウに白ウォズを襲わせます。

そして、白ウォズから奪ったビヨンドドライバーを手にした黒ウォズは、自ら仮面ライダーウォズに変身する。

 

ウールは自分が知らない過去、未来を操作しているスウォルツを警戒しています。

そして、どんな過去、未来を作ろうとしているのか真相を知ろうと単独行動に出ています。(これは26話でも描かれいました)

そのウールが黒ウォズに協力します。

黒ウォズはツクヨミやスウォルツがいつの時代、どこに行ったのかを教える代わりにウールに協力させたのでしょうね。

このウールの行動、タイムジャッカーを離反する可能性が大いに高まりましたね

加古川飛流は仲間になるのか

みなさんご存知ですか。

仮面ライダージオウのサイトをみると、加古川飛流(佐久間悠さん)がキャスト一覧に名前を連ねていることを。

このことから飛流は今後、ずっと出演し続けると思われます。

 

26話で飛流は「やっぱりお前とは何度も交差する運命にある・・」と語っていますので、今後もなにかしらソウゴやゲイツ、ツクヨミと絡んでくると思います。

また、飛流はバス事故までソウゴのただ1人の親友だった可能性があります。

 

ソウゴはバス事故で一部の記憶(飛流と友達だったことなど)をなくしていますが、飛流はバス事故でソウゴが原因で両親をなくしているのでバス事故を境にソウゴと絶縁したのではないでしょうか。(ソウゴに記憶がないですが)

27話ではないと思いますが、飛流がソウゴとの関係を復縁し、今後、ソウゴの仲間になる可能性は十分にありますね!

 

オーマジオウ誕生の真相その2

26話に続き、27話はオーマジオウ誕生の真相に迫ります。

ソウゴと飛流との関係は2009年のバス事故であったことがわかりました。

このバス事故のときに、スウォルツが飛流をアナザージオウさせようと襲うとしたこということは、ソウゴがオーマジオウになることも決まったとも読み取れます。

どのようにしてソウゴがオーマジオウになることが決まったかは放送を待ってみないとわかりませんが・・・。

27話のネタバレ確定版

ゲイツリバイブへと変身したゲイツは、疾風剛烈のパワーで仮面ライダージオウIIをも圧倒。

ジオウIIも抵抗するがゲイツリバイブの剛烈のパワーある攻撃で、ジオウIIは倒れてしまう。

二人を危惧した黒ウォズは、二人の戦いに割って入り、ジオウIIが倒れている間にゲイツリバイブを連れ去ります。

黒ウォズは「ソウゴくんに対して友情を感じているのになぜ倒そうとするのか」と尋ねる。

ゲイツは「ジオウを倒すのは使命だ!友情など感じていない・・・」と。

ゲイツは2009年のバス事故でツクヨミがソウゴをあの場で倒してしまおうと思ってファイズフォンを発泡したのだと思いこんでいるため、ツクヨミにそこまでの覚悟をさせて、手を汚させてしまったことから、ジオウ打倒の決意したと語る。

一方、ゲイツリバイブの剛烈と疾風は、ゲイツは力を圧縮して繰り出す技で、ゲイツは命を削り取りながら戦っているようなものだと黒ウォズは指摘。

それでもゲイツは黒ウォズに敵意むき出しで、黒ウォズをも倒そうとする。

以前は黒ウォズにすら勝つことができなかったゲイツですが、ゲイツリバイブへと変身したスピード、パワーは当然のことながら黒ウォズの力を超えています。

勝ち目がないと思った黒ウォズはゲイツを別の場所へ移動させる。

 

ゲイツは自分の居所に戻るところで白ウォズに話しかけられる。

ゲイツは俺はお前の救世主でないと返答。

しかし、白ウォズは君は 私たち にとっての救世主とだとつぶやく・・・

 

一方、黒ウォズはこのままでは勝てないと思っており、タイムジャッカーのオーラとウールに協力を求める。

しかし、オーラは敵対心むき出しで協力を拒否。

ウールはオーラの前では沈黙をしていたものの、自分の知らない過去、現在、未来があることに猜疑心を感じており、少しでも情報がわかるのであればと黒ウォズに協力し、アナザージオウである加古川飛流にまだもうひとり未来のライダー(仮面ライダーウォズ)がいることを告げ、アナザーライダーに白ウォズを襲わせたのでした。

襲われた白ウォズは仮面ライダーウォズに変身しようとするが、罠にハマり、黒ウォズに仮面ライダーウォズのミライドウッチを奪われてしまう。

 

仮面ライダーウォズのミライドウッチを手に入れた黒ウォズはソウゴとゲイツが再び戦う場所で、ゲイツと対峙。

黒ウォズはゲイツの前で仮面ライダーウォズに変身し、戦うことに・・・。

27話の感想

27話でもっとオーマジオウの誕生の理由が判明するのかと思いましたがそこまで判明しませんでしたね。

ただ、バス車内でなにが起こったのか、そして、ソウゴを守るためツクヨミがファイズフォンを発砲する場面などが描かれていました。

バスツアーに参加した子どもたちはスウォルツが選抜した将来王となる可能性のある子どもたちだったのですね。

ただのツアーに参加した子供・家族かと思っていました。

 

事故直前に子供が移動させられた場所は2009年?なのか、それとも未来なのか疑問に思った方も多いと思います。

ダイマジーンが出現していたので未来に移動したと思いますが。

個人的にはもう少しオーマジオウ誕生の理由が場面を描いて欲しかったというのが感想です。

 

一方、ソウゴと飛流が親友だということはなかったですね。

バス車内で近くの席に座っていたのにもかかわらず、何一つ会話もしなかったですしね。

ただ、これだけでソウゴを恨む理由になるのでしょうか。

ソウゴが原因で事故が起こったとは思えません。

28話で更にオーマジオウ誕生の理由、ソウゴと飛流の関係について描かれてほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

27話「すべてのはじまり2009」のネタバレ考察、そして、26話に続きオーマジオウ誕生の理由について紹介してきました。

他の放送回のネタバレや動画が気になる方は下記の記事でネタバレまとめや無料で動画を見る方法を紹介しています。

仮面ライダージオウのネタバレやキャストまとめ!無料で動画を視聴する方法も

今後の展開も気になりますね。

次回以降もネタバレや感想を紹介していきますのでお楽しみに!

スポンサーリンク

関連記事



1 個のコメント

  • コメント失礼します。
    今回の話で一気に怪しくなってきたスウォルツ。よく考えると彼はタイムジャッカーの中でも異質です。時を止められるだけでなく、ゲイツが勝利した場合の未来に行けたり、今回は素手で謎の力を発揮してツクヨミを倒していました。本当に人間なのだろうか。
    もしかしたら、タイムジャッカーのウールとオーラに時を止める力を与えたのは彼なのかもしれません。
    また、あの時点ではまだソウゴがジオウになることは確定していないのにも関わらず、ダイマジーンによる総攻撃が始まっていました。ソウゴのジクウドライバーが一度破壊された時もダイマジーンが機能停止しただけで、消えなかったことを踏まえるとダイマジーンを開発したのはジオウとは別の存在だと思われます。
    ここからは私の憶測ですが、スウォルツはダイマジーンを開発した組織に所属しており、オーマジオウを誕生させ彼を表も支配者として君臨させ裏で世界を牛耳る計画を立てていたのではないか。ところが、オーマジオウに反旗を翻され未来では組織は壊滅し、残った人類は表の支配者であったオーマジオウと敵対しているという構図ではないでしょうか。
    それではマズイと判断したスウォルツが一度、自分で作った歴史は変えられないのでタイムジャッカーを結成し別の未来を改めて作ろうとした。その手駒として選んだのが候補者の一人である過去川。
    白ウォズの未来ではスウォルツが所属している組織はオーマジオウが倒されたことで存在し続けていた。その組織に捕まり、改造を施されたのがウォズで、洗脳前にオーマジオウに助け出された方が黒ウォズ(本来の歴史)、助けられなかったのが白ウォズ(改変された歴史)。
    白ウォズが口にしていた「私“たち”」というのは黒幕の組織を指してのことではないだろうか。

    長文失礼しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください