【美女と野獣】ガストンの最後のドクロの意味は?結末のその後どうなったかについても

ディズニー作品の『美女と野獣』。

1991年には長編アニメ映画として、2017年には実写映画として制作されました。

その他にもミュージカルになったりととても人気のある作品です。

『美女と野獣』で悪者役として登場するガストン。

ガストンは劇中の最後で野獣との戦いの末、野獣の城の塔から崖の底へ落下していってしまいます。

ガストンは落下する直前、目にドクロが写ります。

このドクロの意味は何なのでしょうか。

また、城の塔から崖の底へ落下したあとはどうなったのでしょうか。

今回はガストンの最後のドクロの意味やその後どうなったのかについて考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

美女と野獣のガストンの最後のドクロの意味

ガストンは、町の英雄で一見陽気で気さくな性格(ベル以外はそう思っている)、更にハンサムで筋肉質であるため女性からも人気があります。

そのガストンは物語の終盤に野獣を倒すため野獣と対決します。

2度野獣に重傷を負わせますが、2度目の攻撃の際に野獣とガストンはバランスを崩し、城の塔から落下してしまいます。

野獣はベルに腕を捕まれ助かりますが、ガストンは最後目にドクロが写り崖の底へ真っ逆さまに落下していってしまいます。

このドクロの意味は何なのでしょうか。

 

このドクロの意味は死んだことを示すたに描かれていると思われます。

ディズニーの制作陣もそのような意味を込めて、目にドクロを描いたのでしょう。

では、ディズニーはなぜはっきりとガストンが死んだことをわかるようにえがかなかったのでしょうか。

それにはディズニーの2つの意図があると私は思っています。

・ガストンの最後の初期の構想はもっとひどい結末だった!

・暴力的表現を少しでも減らしたかった!

 

ガストンの最後の初期の構想はもっとひどい結末だった!

『美女と野獣』のガストンは野獣との戦いの末、バランスを崩して野獣の城の塔から崖の底へ真っ逆さまに落ちるという内容で描かれていますが、もともとの構想ではガストンの結末はもっとひどいものだったそうです。

初期の構想では、ガストンと野獣は城の塔の上のでなく森の中での対決が行われ、野獣との戦いで敗れたガストンは、ベルと野獣を襲った森の中のオオカミたちに襲われ食われて亡くなるということだったそうです。

この背景には狩人として多くの動物の命を奪ってきたガストンが最後はその動物たちに襲われてなくなるという悲惨な結末を描こうとしていたようです。

ディズニーとしても酷い行いをするものには酷い仕打ちが待っているのだという意味を込めてガストンの最後のシーンを構想したと思いますが、流石にこのシーンを子供たちには見せるには残酷すぎるということで採用されなかったようです。

暴力的表現を少しでも減らしたかった!

ガストンと野獣が対決していること自体すでに暴力的表現ですが、美女と野獣ではそれ以外にも暴力的表現を多々使っています。

ガストンは野獣の城へ夜襲を掛ける前に、町の人々を煽動するのですが、その時に「みんなで野獣をコロすんだ!」と発言しています。

また、ガストンに煽動されていた町の人々は野獣の城に向かう途中に歌いながら「殺せ!殺せ!・殺せ!殺せ!殺せ!」と言っています。

このように『美女と野獣』は暴力的表現が多々使われています。

また、差別的表現もあることから、批判を受けるのを避けるためにガストンの最後は目にドクロを描いて野獣の城の塔から崖の底へ真っ逆さまに落ちていくということでガストンの死を表すことにしたのでしょう!

ガストンの結末のその後生きているという説もある

ガストンは野獣の城から塔から落下して、崖の底へ落下してなくなるという設定ですが、ガストンは崖の底へ落ちたあとも生きていたという説もあるそうです。

そのストーリーはガストンは野獣の城の塔から崖の底へ真っ逆さまに落下したあとに、命からがら生きており、崖の底から助けだされたガストンは病院で治療をうけ、芝あら区の間入院していたそうです。

その入院中にガストンはこれでの行いや自分の内面を見つめ直し、反省をしたそうで、病院から退院後は、ベルに心から謝罪しました。

その誠意ある態度にベルは考えを改め、野獣(アダム王子)との結婚生活を解消し、ガストンと結婚し直すというのが美女と野獣のガストンのその後のアナザースカイストーリーだそうです。

 

考察:ガストンは生きていたとしても結局ベルと結婚できない

ガストンのその後アナザーストーリーとしては面白いですが、それは厳しいと思いますね。

それにはいくつか理由があります。

・ベルが考え直すことはない

・時代背景とカトリックの宗教観念上離婚は無理

それぞれ考察していきますね!

ベルが考え直すことはない

真実の愛を見出しているベルが愛している野獣(アダム王子)を捨てて、ガストンの愛を受け止めるのは無理でしょう!

ガストンは劇中のはじめからベルを一途にプロポーズしています。

ベルが好きであることはわかりますが、ガストンがこれまでの考えを改め直したとしても、ベルは野獣(アダム王子)との真実の愛を見つけているので、意志の堅いベルが考えを改めることはないです!

時代背景とカトリックの宗教観念上離婚は無理

美女と野獣の原作ができたのは18世紀です。

ディズニーもこの18世紀の時代背景をもとにストーリーが作成されています。

18世紀というと、まだ女性は結婚するということが一番の幸せという考えがあった時代です。

また、舞台はフランスです。

フランスカトリック教は一度結婚したら、離婚することは教義上不可とされています。

とのことから、一度結婚したベルが野獣(アダム王子)と離婚して、ガストンと結婚するのは厳しいです。

これらの理由からベルがガストンのアナザーストーリーのように結婚することはないです!

adsense

スポンサーリンク

まとめ

『美女と野獣』のガストンの最後のドクロの意味やガストンのその後について考察してきました。

・ガストンのドクロの意味は死んだことを意味している

・ガストンのその後は生きていて最後はベルト結婚するというアナザーストーリー

・ガストンが生きていたとしても、ベルがガストンと結婚することはない!

アナザーストーリーのようにガストンが生きていたら面白いですが、それでは物語の趣旨が変わってしまうのでアナザーストーリーはないですね!

ガストンのアナザーストーリーは美女と野獣を楽しむための一つの話題と思っていたほうが良いです!

 

【関連記事】
美女と野獣のベルがわがままで性格悪い?生い立ちや特徴についても

美女と野獣のガストンがクズで性格悪い?最低でムカつく行動や特徴についても

美女と野獣の結末と内容に納得いかない?ストーリー展開や感想についも

美女と野獣で配慮すべき表現はどこのどのようなシーンや場面?表示された理由についても

美女と野獣を無料で見る方法

『美女と野獣』はU-NEXTを利用すると一定条件下で無料で視聴することができます。

U-NEXTでも『美女と野獣』は有料動画なのですが、U-NEXTNの31日間の無料トライアルを利用して、さらに無料トライアル期間にもらえるポイントを利用することで麒麟がくるを実質無料で見ることがきます。

『美女と野獣』のアニメや実写映画を見てみたいた方は利用してみる価値がありますね!

 

 

 

U-NEXT登録解約方法

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください