クルエラ(実写映画)のロケ地・撮影地は?デパート・リバティのモデルや思い出の噴水についても

「クルエラ」は1970年代のロンドンを舞台に「101匹わんちゃん」のヴィラン「クルエラ・ド・ヴィル」の若き日の姿を描く実写映画です。

きらびやかなファッションの世界やパンクロックのBGMがとってもかっこいいと評判。

ロンドンの街の雰囲気や建物も素敵です。

そんなクルエラのロケ地や撮影地、気になりますよね。

映画に登場する様々なスポットをご紹介します。

スポンサーリンク

クルエラのロケ地・撮影地まとめ

まずは簡単にクルエラのあらすじをまとめます。

映画の舞台となるのは1970年代のロンドン

反骨精神を掲げたパンクムーブメントの時代です。

主人公のエステラ(後のクルエラ)はファッションデザイナーを夢見る少女でした。

ロンドンへ向かう途中で母キャサリンを亡くし、失意のままたどり着いたロンドンで仲間のホーレスやジャスパーと出会います。

泥棒稼業に手を染めながら、人を騙すために衣装を作り、その過程でデザイナーとしての腕を磨いていきます。

そして夢だったデパート「リバティ」で働くことに。

現実は厳しく、清掃員として働かされ、なかなか望んでいるようなファッションの仕事はさせてもらえません。

ある日酔っ払って勝手にショーウインドウを作り変えてしまい解雇されます。

大ピンチのエステラですが、奇抜なショーウインドウの飾りがロンドン一のデザイナー・バロネスの目に止まり、バロネスの事務所で雇ってもられることになりました。

バロネスのもとでデザイナー修行に励むエステラは、ある日バロネスのつけているネックレスが母の形見であることに気づき、取り戻すために「謎のデザイナー・クルエラ」に変装します。

バロネス主催のパーティに乱入し、そこから、エステラ/クルエラの二重生活が始まりました。

クルエラに対抗心を燃やし、つぶしにかかるバロネスとの過激なファッションバトルが始まります。

そして、バロネスの秘密を知ったエステラは、復讐を果たし、「クスエラ」として生きていく道を選びます。

舞台はロンドンですが、撮影は他の地域でも行われました。

ハルントンハウス

クルエラが初登場するのはバロネス主催の「黒と白」限定のパーティ。

クルエラが着ていた白いマントを燃やすと、その下からは真っ赤なドレスが現れます。

予告編でも見られるこの姿はクルエラのかっこよさが炸裂。

大きなシャンデリアが飾られているこのパーティはハルトンハウスで撮影されています。

映画やドラマのセットとしても頻繁に使用されている場所です。

ロンドンより北に位置するバッキンガムにある国家遺産のカントリーハウスです。

 

イングスフィールドハウス

「101匹わんちゃん」でも登場したクルエラの城「ヘルホール」(今作ではヘルマン・ホール)はロンドンより西に位置するバークシャーのイングスフィールドハウスで撮影されています。

丁寧に整備された庭園が一般公開もされている美しいカントリーハウスで、実際の場所は「ヘルホール」とは違う印象が。

CGによって暗く怪しい雰囲気に加工されているそうです。

デパート・リバティのモデル

クルエラが働きたいと憧れていたロンドンのデパート「リバティ」。

「リバティ柄」「リバティ・プリント」という名前を聞いたことがある方もいるのでなはいでしょうか。

リバティ社が出している花柄の生地や雑貨は日本でも人気です。

実はリバティ社こそが、デパートリバティのモデルだったんです!

1875年に東洋の装飾品や美術品などを扱うお店としてアーサー・リバティ氏がはじめたお店です。

美しい外観から観光スポットとしても人気のデパートです。

クルエラが飾ったショーウインドウも、実際にリバティのものを使用しています。

思い出の噴水

https://twitter.com/ess_is_/status/1400370400597463040

クルエラがホーレスやジャスパーに出会うほか、何度も登場するのが噴水です。

ロケ地はグリニッジ大学のキングウィリアムコートです。

グリニッジといえば本初子午線のあるグリニッチ天文台が有名ですが、天文台の近くにある旧王立海軍大学の敷地は世界遺産に登録されており、その中に建っている建物もそれぞれ歴史的価値の高いものです。

クイーンメアリーコート、キングチャールズコートなど、イギリス王室の王族の名前が冠された宮廷が並んでいて、現在はグリニッジ大学が使っています。

キングウィリアムコートはペインテッドホールが有名で、ホールの天井一面にだまし絵の技法で描かれた絵画は非常に美しいの一言。

そのキングウィリアコートの庭園内にある噴水が、クルエラの思い出の噴水のロケ地です。

噴水の前で、エステラはクルエラとして生きていくことを誓います。

ヴィラン・クルエラ誕生の瞬間の、覚悟の顔にグッと来た方も多いようですね。


adsense

スポンサーリンク

まとめ

クルエラのロケ地や撮影地をご紹介しました。

実際の建物を利用し、映画の雰囲気を際立たせている事がわかりました。

老舗のデパートや歴史あるカントリーハウスなど、建物を観察するのも楽しそうですね。映画をご覧の際は、ぜひ建物にも注目してみてくださいね。

【関連記事】
クルエラの性格が怖い?サイコパスで多重人格なのかについての考察も

クルエラが微妙でつまらない?面白くないし感動しない理由を考察!

クルエラの本名や名前の意味は?由来と生い立ちについても

クルエラの衣装・ファッションがかわいいしかっこいい!ブランドやデザイナーについても

クルエラ(実写映画)に登場した犬の名前や種類・モデルは?最後にでてくる犬についても

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください