箱根駅伝2018で東洋大学は4年ぶりの優勝なるか?区間配置と順位予想

どうも、こんにちは。
箱根駅伝ファンの足長パパです。

私に限らず箱根駅伝ファンは多いことでしょう。

箱根駅伝2018に出場する大学のエントリー選手が12月10日に発表されました!

各大学も今のベストメンバーをエントリー選手として登録しています。

そんな各大学のエントリー選手から箱根駅伝2018の各大学の区間配置予想と順位予想
をしてみたいと思います!

今回は4年ぶりの優勝をめざず東洋大学について紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝2018出場校

すでにほかの記事でも紹介していますが、念ため箱根駅伝2018の出場校を今一度
確認しておきましょう。

1:青山学院大学(10年連続23回目)

2:東洋大学(16年連続76回目)

3:早稲田大学(42年連続87回目)

4:順天堂大学(7年連続59回目)

5:神奈川大学(8年連続49回目)

6:中央学院大学(16年連続19回目)

7:日本体育大学(70年連続70回目)

8:法政大学(3年連続78回目)

9:駒澤大学(52年連続52回目)

10:東海大学(5年連続45回目)

11:帝京大学(11年連続19回目)

12:大東文化大学(6年連続49回目)

13:中央大学(2年ぶり91回目)

14:山梨学院大学(32年連続32回目)

15:拓殖大学(5年連続39回目)

16:國學院大學(2年連続11回目)

17:国士舘大学(2年連続46回目)

18:城西大学(2年ぶり14回目)

19:上武大学(10年連続10回目)

20:東京国際大学(2年ぶり2回目)

21:関東学生連合(オープン参加)

記載順についてですが、1位~10位までは前回大会の順位順で、11位~20位は2017年
10月に行われた箱根駅伝予選会の順位順となっています。

【関連記事】

箱根駅伝2018で青山学院大学の4連覇はなるか?区間配置と順位予想

箱根駅伝2018の優勝は東海大学?区間配置と順位予想

東洋大学エントリー選手

小早川健 (コバヤカワタケル)4年

武蔵越生高校(埼玉県)

10000m:29分08秒

ハーフマラソン:1時間3分4秒

2017年箱根駅伝:10区10位

小笹椋(コザサリョウ)3年【主将】

埼玉栄高校(埼玉県)

10000m:29分12秒

ハーフマラソン:1時間4分14秒

2017年箱根駅伝:7区7位

中村拳梧(ナカムラケンゴ)3年

八戸学院光星高校(青森県)

10000m:30分27秒

ハーフマラソン:1時間3分43秒

2017年箱根駅伝:出場なし

山本修二(ヤマモトシュウジ)3年

遊学館高校(石川県)

10000m:28分50秒

ハーフマラソン:1時間2分56秒

2017年箱根駅伝:2区11位

相澤晃(アイザワアキラ)2年

学法石川高校(福島県)

10000m:28分44秒

ハーフマラソン:1時間2分5秒

2017年箱根駅伝:出場なし

今西駿介(イマニシシュンスケ)2年

小林高校(宮城県)

5000m:14分08秒

ハーフマラソン:1時間3分42秒

2017年箱根駅伝:出場なし

定方駿(サダガタシュン)2年

川棚高校(長崎県)

10000m:30分08秒

ハーフマラソン:1時間5分16秒

2017年箱根駅伝:出場なし

土壁和希(ツチカベカズキ)2年

つるぎ高校(徳島県)

10000m:29分46秒

ハーフマラソン:1時間6分30秒

2017年箱根駅伝:出場なし

中村駆(ナカムラカケル)2年

西京高校(山口県)

10000m:29分20秒

ハーフマラソン:1時間5分10秒

2017年箱根駅伝:出場なし

渡邉奏太(ワタナベソウタ)2年

吉原工業高校(静岡県)

10000m:28分59秒

ハーフマラソン:記録なし

2017年箱根駅伝:出場なし

浅井崚雅(アサイリョウガ)1年

一関高校(岩手県)

10000m:30分06秒

ハーフマラソン:1時間3分37秒

2017年箱根駅伝:出場なし

大澤駿 (オオサワシュン)1年

山形中央高校(山形県)

10000m:29分42秒

ハーフマラソン:記録なし

2017年箱根駅伝:出場なし

田中龍誠(タナカリュウセイ)1年

遊学館高校(石川県)

10000m:30分14秒

ハーフマラソン:記録なし

2017年箱根駅伝:出場なし

西山和弥(ニシヤマカズヤ)1年

東農大二高校(群馬県)

10000m:28分44秒

ハーフマラソン:記録なし

2017年箱根駅伝:出場なし

野口英希(ノグチヒデキ)1年

松山高校(埼玉県)

5000m:15分07秒

ハーフマラソン:1時間5分48秒

2017年箱根駅伝:出場なし

吉川洋次 (ヨシカワヒロツグ)1年

那須拓陽高校(栃木県)

10000m:28分53秒

ハーフマラソン:記録なし

2017年箱根駅伝:出場なし

東洋大学の区間配置予想

正式な区間予想は12月29日発表されます。

過去の箱根駅伝などから2018年の東洋大学の区間走者を予想してみたいと思います!

 

予想 区間エントリー 当日変更
1区 西山和弥選手 西山和弥選手
2区 山本修二選手 相澤晃選手
3区 渡邉奏太選手 中村駆選手 山本修二選手
4区 吉川洋次選手 吉川洋次選手
5区 中村駆選手 田中龍誠選手 
6区 大澤駿選手 今西駿介選手 
7区 小笹椋選手 渡邉奏太選手
8区 相澤晃選手 浅井崚雅選手 
9区 浅井崚雅選手 小早川健選手
10区 小早川健選手 中村拳梧選手  小笹椋選手

 

4年ぶりの優勝を目指す東洋大学は4年生の故障が相次ぎ、箱根駅伝経験者やエース級の
選手が昨年多数卒業してしまったため戦力不足が否めないことは確実です!

ただ、今回のエントリー選手の中でも実力のある山本修二選手や相澤晃選手がエース級の
走りをみせ、そして、ほかの選手も区間上位に食い込める走りをすることができれば
4年ぶりの東洋大学の優勝もあるかもしれません。

スポンサーリンク

箱根駅伝2018の結果予想?

 

勝手に箱根駅伝2018の予想をしてみました!

予想 当日順位
往路成績 4位 1位
復路成績 5位 2位
総合順位 4位 2位

 

東洋大学はエース格の山本修二選手と相澤晃選手が往路で活躍したため、往路優勝しましたが、
復路では青山学院大学の走力が勝っていたため、総合優勝を逃してしまいました。

ただ、東洋大学は「1秒でもけずりだせ」というチームスローガンが浸透しているため、
今年もチーム全員が1秒でも削り出したため2位になりました!

下級生の主体のチームだったので来年の東洋大学の走りに期待したいですね!

スポンサーリンク




関連記事



2 件のコメント

  • 小早川健選手の名前の読み方はケンではくタケルです!
    東洋の総合優勝に期待しています!

    • 駅伝ファンさん、ご指摘ありがとうございます。
      早速訂正いたしました!
      東洋大学に頑張っていもらいたいですね!

  • 駅伝ファン にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です