鬼滅の刃の上弦の陸・堕姫の強さや血鬼術(異能)は?性格や花魁としての能力についても

2020年10月に『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が公開され大ヒットすることで、日本中が鬼滅ブームとなりました。

また、無限列車編のキーパーソンである煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)のファンも増えました。

『鬼滅の刃』には他にも多くの個性的なキャラクターがいますが、2021年にアニメ化が決定している遊郭編には上弦の鬼の「堕姫(だき)」というキャラクターが登場します。

今回はその堕姫の強さ血鬼術・性格について紹介します。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の上弦の陸・堕姫の強さと血鬼術

出典:「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社

堕姫は鬼舞辻無惨の部下で、精鋭集団である「十二鬼月」一人です。

十二鬼月は、数百人単位の人を喰らうことができ、通常の鬼殺隊士では刃が立ちません。

彼らは、内部でさらに上弦の六鬼と下弦の六鬼に分かれていて、最強は「上弦の壱」、最弱は「下弦の陸」となります。

堕姫は、兄の妓夫太郎(ぎゅうたろう)とともに「上弦の陸」の数字を与えられているため、十二鬼月の中では6番目の強さということになります。

また、十二鬼月はそれぞれ血鬼術という異能の力を持っています。

無限列車編に登場した鬼である魘夢(えんむ)は夢を操る血鬼術を持っていましたね。

堕姫の持つ血鬼術で、帯を自由に操作することができます。

帯の中に人間などを取り込み、保存しておくこともできますが、保存されている人間は日輪刀で帯を斬ることで解放されます。

日輪刀とは、ご存知の方も多いと思いますが、陽光以外で人食いの鬼を唯一倒す事ができる武器です。

帯を自分の分身として切り離して操ることもでき、その際には帯には目と口が浮かび上がります。

中でも堕姫の「八重帯斬り(やえおびぎり)」には高い攻撃力があります。

出典:「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社

無数の帯を交差させることで、相手の逃げ場を奪った上での斬撃です

彼女は元々、花街を支配するために自分の体の一部でもある帯を分裂させていました。

八重帯斬りでは、それらの帯を一つに集結させているため、硬度と反射速度が格段に上がっています。

鬼の正体を隠し、花魁として身を置く遊郭に食料である人間を閉じ込めておく貯蔵庫を作ったり、遊郭を密かにつなぐ通路を作ったりするだけでなく、自分に少しでも不信感を抱いた遊女を監視して容赦なく始末するなど、計算高い部分を持っています。

100年以上前から遊郭にいたようですが、身の隠し方が上手く、鬼殺隊の頂点に立つ剣士『柱』の一人で元・忍者の宇髄天元(うずいてんげん)さえ、その正体を見抜くことができませんでした。

堕姫の性格

「美しくて強い鬼は 何をしてもいい」が堕姫の名台詞で、自身の美しさと強さに絶対の自身を持つ、とても傲慢な性格です。

また、サディスティックな性格で癇癪を起すことも多く、暴力や虐めで周囲に当たり散らします。

そのため彼女が滞在している「京極屋」では、怪我人や自殺者が後を絶たないのですが、遊女としては一番の人気者であることから、誰も逆らえないという状態です。

彼女は自身の美しさに自信を持っていることから、異常なほど美しさへの執着があります。

食らう人間は必ず「美しい人間」と決め、美しくないとされる不細工な者や年老いた者は食らわず、敵対する鬼殺隊の隊士であっても、美しくなければ食べないと公言しています

前述したとおり、堕姫の戦闘力は他の鬼たちとは桁違いですが、宇髄には「上弦の鬼じゃない」「弱すぎ」と言われてしまいます。

その際にはいつもの強気な態度から一変して、「あたし上弦の陸だもん」と泣いてしまうなど子供っぽい部分も持ち合わせています

妓夫太郎とは文字通り一心同体で、お互いに大切な存在であるようです。

人間だった頃、堕姫は梅という名の遊女でしたが、ある日お客の目を簪で突いて、怪我をさせてしまいます。

その報復として梅は、縛られて生きたまま全身を焼かれてしまいました。

怒りを抑えられなかった妓夫太郎は、店の女将と客の侍を殺します。

梅は妓夫太郎に抱きかかえられ、兄妹で死にかけていた時、当時の「上弦の陸」であった童磨(どうま)に、鬼にならないかと誘われました。

その後、鬼舞辻無惨のもとで二人そろって鬼になったのです。

鬼殺隊に敗れた際に堕姫は、自分を一人明るい方向に進ませて地獄に落ちようとした妓夫太郎にしがみつき、「離れない!絶対離れないから」「ずっと一緒にいるんだから!」「何回生まれ変わってもアタシはお兄ちゃんの妹になる絶対に!」と言っています。

堕姫は辛い過去をともにしてきたことから、誰よりも兄を大事に思っていることが分かります。

花魁としての能力も高い

堕姫は十二鬼月としての戦闘力だけでなく、花魁としての能力も高く、京極屋では蕨姫(わらびひめ)として絶大の人気を誇っています。

人間の時から綺麗な容姿を持っており、まさに花魁にピッタリな人物で、その美しさは男性が失神したり、耳に息を吹きかけられた際は失禁したりするほどのものです。

稼ぎのいい花魁であることから、京極屋の女将に「うちから怪我人や足抜け、自殺する子を出すのをやめてほしい」と言われた際には、「誰の稼ぎでこの店がこれだけ大きくなったと思ってんだ婆」と返しました。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

出典:「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社

『鬼滅の刃』の遊郭編に登場する鬼・堕姫について紹介しました。

傲慢な性格で非常に恐ろしい存在ですが、十二鬼月の一人として格段に強く、たぐいまれなる美しさを持っています。

さらには悲しい過去を持っていることから、敵である鬼とはいえ魅力的なキャラクターといえます。

遊郭編が放送開始した際には、無限列車編の煉獄のように人気キャラとなりそうですね。

鬼滅の刃をお得に観る!

dTVは初回登録後31日間以内に解約をすれば無料です。

最新の配信状況はdTVの公式サイトをご確認ください。

dTVの会員登録方法!スマホやパソコンの手順を分かりやすく解説!

dTVの会員解約方法!スマホとパソコン退会手順を分かりやすく解説!

【関連記事】
鬼滅の刃の上弦の陸・妓夫太郎の強さと血鬼術は?過去や童磨との関係についても

魘夢(下弦の壱)は累(下弦の伍)より弱い?血鬼術の能力や強さ・名前についても

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください