煉獄杏寿郎の父・槇寿郎が炎柱をやめた理由は?過去になにがあったのかや強さについても

「鬼滅の刃」に登場する炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)ですが、実は父親である煉獄槇寿郎(しんじゅろう)も昔は炎柱でした。

槇寿郎が炎柱であったはずなのに、どうして杏寿郎が炎柱を務めるようになったのでしょうか。

今回は、煉獄杏寿郎の父・槇寿郎が炎柱をやめた理由や、過去になにがあったのか、その強さについて調べました。

スポンサーリンク

煉獄杏寿郎の父・槇寿郎が炎柱をやめた理由

槇寿郎が炎柱をやめたのは、自分の才能の限界と無力さに気づいてしまったからです。

炎柱ノ書を読んだ槇寿郎は、自らの「炎の呼吸」が「日の呼吸」から派生したものであることを知ってしまいました。

「日の呼吸」は炎の呼吸を含めたすべての原点、はじまりの呼吸とされています。

炎の呼吸に誇りを持っていた槇寿郎は、よほど悔しかったのか「日の呼吸」について書かれている部分をビリビリに引き裂いてしまいました。

槇寿郎はかつては熟練剣士であり、八丈島で鬼に苦しめられていた人間を助けにいくなど、精力的に活動していました。

しかし「炎の呼吸」の真相について知ってからは、家で酒浸りの生活を送るようになります。

鬼殺隊士としての仕事も怠慢気味になり、任務中でも酒を持ち歩くほどです。

さらには、のちに十二鬼月の「下弦の弐」となる佩狼(はいろう)を気分で嬲り、逃がしてしまうという問題行動を起こしました。

最終的には、息子である杏寿郎が炎柱に昇格にした際に引退したようです。

引退してからは、元炎柱の面影はないほど落ちぶれてしまい、酒を飲んでは息子に当たるというような酷い男になり下がってしまい、杏寿郎が炎柱になった時も喜ぶことはありませんでした。

どうしようもなくなってしまった槇寿郎ですが、「日の呼吸」について知らなければ、強くてかっこいい炎柱でいられたのではないかと思うと悲しいですね。

槇寿郎は過去になにがあった?

最愛の妻の死

槇寿郎は最愛の妻である、煉獄瑠火(れんごく るか)を早くに亡くしています。

病を患っていることから身体が弱く、他界したのは杏寿郎の弟・千寿郎(せんじゅろう)がまだ幼い頃でした。

「炎の呼吸」の真相を知り、自信の才能と力に限界を感じていた槇寿郎でしたが、それに追い打ちをかけるように妻を失ってしまったのです。

それによって心のよりどころを無くし、鬼殺隊を辞めて酒に溺れる日々を送るようになりました。

伊黒小芭内を助ける

槇寿郎は、現在の蛇柱・伊黒小芭内を救ったことがあります。

槇寿郎は八丈島で鬼に苦しめられていた人間を助けにいったと前述しましたが、その時の人間というのが伊黒小芭内です。

以下で詳しく紹介します。

何と伊黒の一族は、鬼と共存していたのです。

その鬼は、下半身が蛇になっている不気味な女の鬼でした。

共存といっても仲良く暮らしていたわけではなく、一族の女たちは自分たちが産んだ赤ん坊を蛇鬼に生け贄として捧げていました。

しかし、見返りはきっちりともらっていました。

女たちは蛇の鬼が殺した人間の金を奪い、贅沢な生活を送っていたのです。

この一族は代々女ばかりが生まれる一族ですが、370年ぶりの男子として伊黒小芭内が生まれました。

伊黒が左右の目の色が違う珍しい容姿をしていたことから、気に入った蛇鬼はすぐに喰わずに、育って大きくなるまで牢屋に閉じ込めました。

このまま牢に入って喰われるのを待つわけにはいかないと、伊黒は盗んだ簪で木の格子を削って、脱走しました。

伊黒の脱走に気づいた蛇鬼は、怒りから一族の女たちを殺し、伊黒を追いかけます。

とうとう鬼に追いつかれ、死を覚悟した伊黒でしたが、それを当時の炎柱であった槇寿郎が助けたのです。

鬼を取り逃し多くの犠牲者を出す

槇寿郎は鬼を取り逃したことあり、そのせいで多くの人間が無差別に虐殺されてしまったという過去があります。

その鬼というのが、前述した佩狼です。

追い込まれた佩狼は槇寿郎に命乞いしたのですが、槇寿郎はすぐに首を斬らずに手首を斬るなど嬲りました。

何とか逃げ出した佩狼に対して「卑怯者」と馬鹿にしました。

この一件で槇寿郎に激しい恨みを持った佩狼は、槇寿郎をおびき寄せるための陽動作戦として、帝都中に時限爆弾を仕掛けて大規模な無差別爆破テロを起こし、自身が生み出す影狼に人を襲わせたのです。

槇寿郎がきちんと倒していれば起きなかった事件なので、これは大きな失態でしょう。

ちなみに佩狼は、最終的に杏寿郎に討伐されました。

槇寿郎の強さ

槇寿郎は鬼殺隊の元炎柱であったことから戦闘力はかなり高いと言えます。

具体的な技については描かれてはいませんが、杏寿郎と同じような力を持っていたと考えていいでしょう。

無限列車編で杏寿郎が亡くなってからも、酒浸りでどうしようもない性格であるのは変わらず、杏寿郎を侮辱するような発言をしていましたが、杏寿郎からの遺言に「体を大切にしてほしい」と書いてあったことをきっかけに自身の行動を省みます。

最終決戦では、鬼殺隊本部の防衛に加わるなど、その力は柱を引退してからも健在です。

まとめ

今回は、煉獄杏寿郎の父・槇寿郎が炎柱をやめた理由や、過去になにがあったのか、その強さについて紹介しました!

はじめはどうしようもない父親かと思いましたが、強さを追い求めそれに執着する熱さは、まさに炎柱でしたね。

杏寿郎が亡くなる前に和解できなかったのが残念です。

鬼滅の刃をお得に観る!

dTVは初回登録後31日間以内に解約をすれば無料です。

最新の配信状況はdTVの公式サイトをご確認ください。

dTVの会員登録方法!スマホやパソコンの手順を分かりやすく解説!

dTVの会員解約方法!スマホとパソコン退会手順を分かりやすく解説!

【関連記事】
魘夢(下弦の壱)は累(下弦の伍)より弱い?血鬼術の能力や強さ・名前についても

鬼滅の刃の上弦の陸・堕姫の強さや血鬼術(異能)は?性格や花魁としての能力についても

鬼滅の刃の上弦の陸・妓夫太郎の強さと血鬼術は?過去や童磨との関係についても

嘴平伊之助は十二鬼月を一人では倒していない?倒した鬼や共闘したキャラクターについても

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください