西郷隆盛はどんな人で何をした人?業績の簡単まとめと西南戦争を起こした理由も

幕末に活躍した薩摩藩の武士であり、明治維新を成し遂げた「西郷隆盛」

鹿児島のヒーローとして、「西郷どん」との愛称で現代でも愛される彼は、一体どんな人物だったのでしょうか。

この記事では隆盛が何をして、どのような業績を残したのかについてご紹介するとともに、西南戦争を起こした理由についても簡単に解説します。

スポンサーリンク

西郷隆盛はどんな人で何をした人

出典:Wikipedia

西郷隆盛 (さいごうたかもり)

・1827年~1877年

・薩摩藩士であり軍人、政治家

・愛称:西郷どん

 

隆盛は、1827年に薩摩藩の下級武士の長男として生まれました。

下級武士の出身でしたが藩主である島津斉彬の目に留まり、1854年に共に江戸に渡りました。

才能を認められた隆盛は、側近として活躍。

順調に見えましたが、斉彬が亡くなったことによって失脚し、奄美に島流しに合ってしまいます。

悲劇は続き、薩摩に戻ってからも新藩主の父親で実質の最高権力者であった島津久光と折りが合わず再度流罪に合ってしまいました。

 

1864年に復帰してからは薩長同盟の締結王政復古に成功し、戊辰戦争を主導

江戸総攻撃を目前に、勝海舟との話し合いにて江戸城の無血開城をさせました。

無血開城
戦闘を行わず、幕府が新政府側に城を明け渡すこと

 

その後は一度薩摩に戻るものの、1871年に新政府で参議として復帰します。

しかし板垣退助らと「征韓論」を唱えたことで、岩倉具視や大久保利通らの反対を受けて参議を辞職しました。

征韓論
朝鮮を武力で従わせようという主張

 

再び薩摩に戻った隆盛は、縦隊学校と砲隊学校から成る私学校を設立し、教育に専念します。

当時は士族の反乱が続いており、私学校の生徒も暴動を起こすようになりました。

そこで隆盛は若者たちのリーダーとなって西南戦争を起こし、指導者となりましたが、結果は敗北。

隆盛は城山で自決し、49才でこの世を去りました。

【関連記事】
西郷隆盛の辞世の句や最後の言葉・名言の意味は?逸話やエピソードについても

業績や功績の簡単まとめ

倒幕に大きく尽力した指導者

出典:Wikipedia

1864年に薩摩に戻った隆盛は、倒幕派として大久保利通らとともに活躍を始めました。

まず初めに、長州藩と手を結ぼうと画策します。

もとは薩摩藩と敵対していましたが、長州藩は攘夷を目論んでいると幕府から危険視されていました。

隆盛たちの一番の目的は幕府を倒すこと。

そうなれば敵の敵は味方です。

長州藩と同盟を組むことで、幕府と戦う力と軍備の増強が見込めると考えました。

1866年に坂本竜馬や中岡慎太郎の斡旋もあり、薩摩の西郷隆盛と長州の木戸孝允の間で薩長同盟が結ばれたのでした。

これを皮切りに大きく討幕へ動きが進んだと言える出来事でしょう。

 

江戸城無血開城を成功

江戸城の無血開城は、幕府側の責任者・勝海舟と新政府側の西郷隆盛の間で行われた会談により、武力行使なく江戸城が新政府側に明け渡されたという出来事です。

これは徳川家による日本の支配が終わったことを意味します。

実はこのとき、新政府軍は京を出発し、江戸への総攻撃を始めようとどんどん進軍していました。

もし会談が失敗し、お互いが武力で解決しようとしたならば江戸の町は戦火に飲み込まれ、大勢の犠牲が出ていたことは間違いありません。

しかもこの時代は、諸外国が大きな脅威でした。

江戸で大きな戦争があれば、スキをついて外国からの侵攻が行われていたかもしれません。

江戸の市民を戦争に巻き込むことなく、話し合いでの解決に終わったこの出来事によって、勝海舟は隆盛のことを「江戸の大恩人」と称しています。

多くの江戸市民を救ったこの出来事は、隆盛の評価できる功績だと言えるでしょう。

 

西南戦争を起こした理由を簡単に解説

西南戦争とは、士族反乱のなかでも最も最大のもので日本国内で最後の内戦です。

なぜ起こったのか理由を簡単に3つにまとめるとこうなります。

①明治維新後、士族達は特権を次々と奪われたため不満が高まっていた

②明治政府が、鹿児島に保管していた兵器・弾薬の一部を大阪へ勝手に運んだことで士族の怒りを買った
(これらは薩摩藩士たちが購入したり製造したものだった)

③川路利良らが送り込んできたスパイが、隆盛の暗殺を命じられていたことを知り、隆盛を尊敬する者たちが大激怒した

 

以上の点が重なり、私学校に通う士族達は政府の火薬庫を襲撃し、武器などを奪うという暴動が起こりました。

薩摩の武士たちからすれば、薩摩のスターである隆盛を暗殺しようとするなど言語道断。

絶対に許せないことだったのでしょう。

本当は戦争などする気も無かった隆盛でしたが、もう高ぶった士族たちを抑えることはできません。

もはや後戻りできないと悟った隆盛は、挙兵を認め、指導者となったのでした。

隆盛はこのとき、自分の死を悟り、最期を捧げるつもりで戦ったのでしょう。

adsense

スポンサーリンク

まとめ

幕末から明治維新と大活躍し、鹿児島のスターとなった「西郷隆盛」。

当時から現代まで変わらず愛されるのは、実力があっただけでなく人望も兼ね備えた人物だったことがうかがえますね。

西南戦争は隆盛にとって死を覚悟での挙兵であったのに、なぜ・・・とも疑問が湧きますが、きっと自分のことを想って戦おうとする士族たちに、最期の舞台をあげようと思ったからなのではないでしょうか。

もし西南戦争が無ければ、明治以降の日本はどのように変わっていたのでしょうか。

 

青天を衝けの見逃し配信をお得に観る方法

\U-NEXTで配信中/

青天を衝けをお得に見る方法はコチラ

U-NEXTは31日間以内に解約をすれば無料です。

最新の配信状況はU-NEXTの公式サイトをご確認ください。

青天を衝けの再放送や視聴率は?動画をお得に観る方法も

青天を衝けの登場人物に関する関連記事

渋沢栄一の性格や人柄は?影響を受けた人物や与えた人物は?

渋沢栄一と徳川慶喜の関係は?簡単に凄さや功績を紹介!

渋沢栄一の妻の名前や妾の数は?子孫のイケメンモデルや有名人についても

渋沢栄一と新選組の関係は?近藤勇や土方歳三にも物怖じしなかった?

渋沢栄一の座右の銘や教訓となる名言は?その意味や解説についても

渋沢栄一と勝海舟の関係は?徳川慶喜を慕うがお互いは嫌いだった?

渋沢栄一と五代友厚の関係や共通点は?政商としての実績も!

渋沢栄一と福沢諭吉の共通点や関係を比較!将棋の対局結果についても

渋沢栄一がお札のデザインに選ばれた理由は?津田梅子や北里柴三郎についても

徳川慶喜と篤姫や和宮との関係は?性格や考えが合わなかった?

徳川慶喜の辞世の句や最後の言葉の意味は?終焉の地の住まいについても

徳川慶喜の正室は一条美賀子!二人の関係や将軍に送った辞世の句についても

徳川慶喜と徳川家康の関係や共通点は?将軍としての器や評価についても

平岡円四郎と渋沢栄一の関係は?一橋家家老としての能力や才能についても

井伊直弼の辞世の句や最後の言葉は?名言や逸話についても

井伊直弼は何をした人? 業績や功績の簡単まとめと評価についても

橋本左内の辞世の句や最後の言葉は?名言の意味や逸話・エピソードについても

吉田松陰の辞世の句や最後の言葉は?名言の意味や逸話についても

徳川斉昭の辞世の句や最後の言葉・名言の意味は?逸話やエピソードについても

渋沢栄一と西郷隆盛の関係は?豚鍋や相談ごとのエピソードについても

徳川昭武と渋沢栄一との関係は?パリ万博や訪欧使節団での役割も

徳川昭武は何をした人?簡単に功績や逸話・エピソードを紹介

徳信院と徳川慶喜の関係は?別名や女当主としての才能についても

渋沢平九郎(尾高平九郎)はイケメンで高身長だった?愛刀や自刃の地と墓地の場所も

西郷隆盛の辞世の句や最後の言葉・名言の意味は?逸話やエピソードについても

伊藤博文の辞世の句や最後の言葉・名言の意味は?逸話やエピソードについても

原市之進はどんな人で何をした人?山岡鉄舟に暗殺されたのかの考察も

武田耕雲斎はどんな人で何をした人?辞世の句や最後の言葉の意味についても

川村恵十郎はどんな人?平岡円四郎の暗殺時や天然理心流剣術のエピソードも

藤田小四郎の辞世の句や最後の言葉の意味は?渋沢栄一からの評価についても

土方歳三の辞世の句や最後の言葉・名言の意味は?逸話やエピソードについても

大久保利通が何をした人か簡単に解説!名言の意味や逸話についても

井上馨はどんな人か簡単に紹介!鹿鳴館や趣味の料理の逸話についても

渋沢栄一と井上馨との関係は?二人の業績や逸話・エピソードについても

五代友厚のファーストペンギンの意味は?名言や逸話・エピソードについても

岩倉具視はどんな人で何をした人?名言や逸話・エピソードについても

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください